サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. 男性向けコミックの通販
  5. 鷹月助教授の淫靡な日々 5 (Action comics)の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2002.6
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:19cm/204p
  • ISBN:4-575-82690-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

コミック

紙の本

鷹月助教授の淫靡な日々 5 (Action comics)

著者 艶々,山咲 まさと 原案

鷹月助教授の淫靡な日々 5 (Action comics)

税込 660 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

沙織の過去編とも言えるヘヴィな展開に牝と化した助教授の淫らな本性が暴かれる

2009/11/22 22:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

【目白】 ますます助教授にのめり込む想いを止められず求めてしまう
【鮫島】 目白クンと沙織の関係を修復しつつ助教授の本性を暴く荒技を繰り出す

目白クンと助教授のすれ違う想いに終止符を打ち、同時に助教授の淫らな本性が曝け出される中に沙織の過酷な過去が描かれるヘヴィな展開である。想いが止められない目白クンが助教授を呼び出して心境を吐露、それに困惑して拒絶の姿勢を見せる助教授を強引に組み伏せる神社での情交がソフトながらいやらしく、恋と肉欲をごっちゃにして想いをぶつけてくる目白クンに罪悪感を抱く助教授の悩ましい様が同時に切ない。しかし、本巻の主題は沙織に秘められた過酷で哀しき過去である。義父との関係、義姉との関係、その発端となった実母との複雑で歪んだ嫉妬の関係が赤裸々に描かれ、沙織の狂気と嗜虐性が形成された原因が抉り出されている。そして、その絡まりあった関係をさらに複雑にしてしまった助教授の存在を含めて全てを白日のもとに晒し、リセットをかけようと動くのが鮫島。目白クンが抱いた助教授への憧憬や恋心を一気に打ち砕く場面を設定する。これがまた(良い意味で)イヤになるほどいやらしい。目白クンと助教授を時間差で自宅に招き、ここで助教授の淫らな本性を目白クンに見せつけるのだが、延々と長時間に渡って鮫島が手淫だけで助教授を責め続け、最後は牝と化して自ら発狂的におねだり、つまり肉欲的に陥落するまでをじっくりねっとり描いているのである。まぁ、純朴な目白クンにとってそもそも助教授は手に負える相手ではないのだが、自分だけの特別だと思っていた助教授が誰にでもケツを振る女に見えてしまったのだから、そのショックは計り知れない訳で、この後の展開と沙織の登場がどのような結果を招くのか、不安と期待を大いに煽る引きとなっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。