サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クリプトノミコン 1 チューリング(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.4
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/471p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-011398-X
文庫

紙の本

クリプトノミコン 1 チューリング (ハヤカワ文庫 SF)

著者 ニール・スティーヴンスン (著),中原 尚哉 (訳)

クリプトノミコン 1 チューリング (ハヤカワ文庫 SF)

税込 950 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「暗号」を軸にした現代叙事詩

2002/08/18 10:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第二次大戦前後から現代にかけて、虚実入り混ざった多数のキャラクターの動向を同時に追う、という、複数同時進行型のプロットを採用しているのにも関らず、読んでいてさほど繁雑な印象を抱かせないのは、手慣れた語り口のせいだろう。実際、各断章で提示されるエピソードはどれも面白く、先へ先へと読者を促すのに足りるだけの魅力を充分に内包している。
 だいたい半世紀くらいに及ぶ物語の時間的な広がりも相当なものだが、舞台となるのもアメリカ、ヨーロッパ、フィリピン、日本(主要キャラクターが秋葉原のミスタードーナツで待ち合わせするシーンがある!)とほとんど地球全体を覆っていて、まさにグローバルという感じ。
 でも、正直、長さの割りには読んでいてあまり「大作感」を感じないのは、いい意味でエンターテイメントのツボを押さえているからでしょう。たしかに、第二次大戦以降顕著になった「軍事」と「情報」の深い結び付きを、「暗号」というキーワードを中心にすえ、幾世代かにまたがる長大な叙事詩として描く、というのは、なるほど、今日的なテーマを内包してはいる。
 でも、そうしたテーマとは別に、人間が持つある種の野蛮さ、卑近さについても、この作品では冷徹にみ据えている。登場する人物は、能力的に卓越した物を持っていたとしても、それぞれ欠点や悩みを抱えた等身大の人物として描かれているし、まさにそこが魅力的なのだ。
 アメリカ海兵隊も日本兵もナチスも、戦時中の「略奪」や「蛮行」については、ひいき目なしに等分に見据えている。そうした視線のありようが、クールでなかなかいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

残りの分冊がすぐ読みたくなる

2002/05/26 19:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代サイドの主人公は、元TRPGオタクのUNIXハッカーで、ベンチャー企業の重役。第二次大戦サイドは、暗号解読に関ることになった彼の祖父と、日本兵との過酷な戦いを経て壊滅した部隊の生き残りである海兵隊の軍曹。それぞれが、駄目なとこもあり、限界もあり、それでありつつ「自分なりの生きかた」を周囲と保ちつつ生きてる感じですね。
日本語訳は4分冊なので、話がどの方向にどう転がるのかが見えないのに、それでも面白く読めてしまいます。逆にいえば、全体の流れが一巻ではまだ見えて来ないのが辛い人もいるかも。

暗号、第二次大戦、コンピュータネットワーク、計算機科学史、あたりに詳しくないと、細かいくすぐりを十全に楽しめないような気もします。しかし冒険小説的にも、経済小説的にも、個々のエピソードだけで楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これから期待の冒険小説

2002/05/07 13:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ストーリーは現代、東南アジアにデータヘブンを作ろうとする若い起業家が中心の軸と、第二次世界大戦中、暗号の開発と解読に携わる科学者たち、そしてそれにかかわっていくと思われる下士官の軸と三つの話が交互に語られる。
 それが今後どうかかわっていくのか、四分冊の内の第一巻ではまだはっきりと見えてこない。
 しかし、人物の描写がはっきりとしていて読みやすく、展開の遅さがあまり気になりません。特に暗号解読者の個性的な姿や、まだひそかな攻防は次巻に期待を持たせます。

 ただ、早川SF文庫よりの出版なのですが、あまりSFっぽい話ではないような気がします。これからSF的な展開があるのかどうかも気になっているのですが…。
 そうでなくても十分楽しめそうな第一巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/11 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/19 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/24 07:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/06 08:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。