サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恐怖症(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.5
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/580p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-73324-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

恐怖症 (光文社文庫 異形コレクション)

著者 井上 雅彦 (監修)

恐怖症 (光文社文庫 異形コレクション)

905(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

ドア 中井紀夫 著 17-40
あのバスに 深川拓 著 41-72
シルエット・ロマンス 飛鳥部勝則 著 73-96

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/02/02 21:46

投稿元:ブクログ

やっぱり江坂遊はいいなあ。上手い。そろそろ新刊出ないかしら。
倉坂鬼一郎「布」が、すごく面白い発想。「布」のイメージはそういえば怖い。そっとわけの分からない布のようなものにくるみこまれる感じの恐怖はたしかにあるし、日本的な怪談などの恐怖はたぶんそれ。……「怖」という字が背後に立っていたら、そりゃ怖い(笑)。
実感としては柴田よしき「つぶつぶ」が怖い。というより気持ち悪い。タイトル見ただけで、なんだかぞっとする。この話の主人公ほどじゃないけれど、細かいつぶつぶって見れば見るほど気持ち悪くなる。

2011/01/12 03:46

投稿元:ブクログ

先ずは中井紀夫「ドア」。自宅のドアが怖くなった男の話。夫婦水入らずな暮らしの風景も細かく描けているぶん、真相に至り恐怖するという展開が見事。
続く深川拓は窃視恐怖症を描く「あのバスに」。異形にしては珍しいミステリスタイル。章毎に人称が変わり全体像が掴めない感じもいい。しかし肝心の所で「監視」という文言を出されたばっかりに、全部の仕掛けが解けてしまった…それさえなければ。
飛鳥部勝則「シルエット・ロマンス」。影を怖がる浪人生のお話。流石、期待通りのクオリティと不穏さ!ラストの情景はあまり詳細に思い浮かべたくない気味悪さ…ぐぇ。

そして横田順彌「恐怖病」。傑作だった「木偶人」(異形コレクション「ロボットの夜」収)にも登場した、実在のSF作家、押川春浪が主人公の一篇。期待を裏切らぬ滑り出しに、一頁目から思わず笑みがこぼれる。
今回は押川の他にも、幸田露伴、村上濁浪という実在の人物を配して展開していくが、この押川シリーズ(と云っていいのか?)、物語的な展開(山場)よりも、その合間の、例えば押川家での会話などに深いコクがある。そうした旨味成分に幸田や村上が絡んでくるとノンフィクションなのかフィクションなのかさえ判然としなくなる…それくらい登場人物が活き活きと描かれる。まあ、恐怖という程の恐怖は感じられなかったが、このシリーズ(?)はこれでイイでしょう!構成も落としドコロもそして文体も流石にベテランの風格。

本作が異形初登場という瀬名秀明「眼球の蚊」。これも傑作! タイトルからも判るとおり、飛蚊症を題材にした恐怖譚。専門知識を弄する作者らしさをしっかりキープしつつ、飛蚊症をこう料理するか!とその発想に舌を巻いた。これは神経質な人が読むとトラウマになるかも知れない…それくらい繊細な恐怖を突いてくる。身近な人が手をパチンと叩きだしたら要注意!

朝松健「荒墟」。自分としては、横田、瀬名を差し置いて、これが本書の最高傑作。いつもの伝奇スタイルにブレはないが、今回のダークさは格別。室町六代将軍足利義教の「深淵」を追求していく禍禍しい回想に引きずり込まれる。「深淵」の追求とは、己の境界線を見極め、恐怖や痛みを知ること。そのために行われる虐殺拷問の数々…。幼少より出家し、天台座主を経て将軍となり謀殺されるまでの鬼畜非道の歴史が怒濤の筆致で展開される。内容は酸鼻を極めるが、ここまで大風呂敷広げられると寧ろ清々しい。これはいろいろな人に勧めたくなる一篇。

町井登志夫「ヘリカル」も期待通り。以前読んだ長編「血液魚雷」もそうだし、大傑作「3D」(異形コレクション「キネマ・キネマ」収)もそうだけど、病院を舞台にさせると本当に巧い。恐怖感でいうと、本作は若干弱めだが、人の意識とX線の考察も面白く、テンポよいラストも心地好かった。恋愛ものとして括ってもイイかも?な一篇。

今回は、朝松健「荒墟」、瀬名秀明「眼球の蚊」、横田順彌「恐怖病」がベスト3。次点で町井登志夫「ヘリカル」。

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む