サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ムジカ・マキーナ(ハヤカワ文庫 JA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.5
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/478p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030693-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ムジカ・マキーナ (ハヤカワ文庫 JA)

著者 高野 史緒 (著)

ムジカ・マキーナ (ハヤカワ文庫 JA)

950(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

音楽と歴史とSFとをまとめて小説にしたら

2002/05/22 17:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ざきこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最上の音楽とはいかなるものであろうか?
 生まれる前に聞いていたであろう調べ、天上の音楽とはいかなるものであろうか?
 それを、人の手によってこの世界に現すことはできないのであろうか……?

 時は1870年。ベルンシュタイン公爵は、一人の少女を預かっていた。マリアと名付けたその少女は、彼にとって、最上の音楽を奏でる者を見つけだすための判断基準だった。
 その公爵は訪問先のウィーンで、麻薬<魔笛>の流行を知った。それは聴覚から入ってくる音の刺激を快楽に変える麻薬。しかし、それはかつて自身が戦争時に命じて作らせ、副作用のあまりのひどさに完全破棄させた、とある薬と薬効が酷似していた。密かに彼は調査を開始する。

 一方で、最上の音楽のために有能な音楽家を捜し求めている公爵は、ウィーン・フィルを振る若き音楽家フランツをマリアに引き合わせた。フランツは彼女とともにいることで天啓とも言うべき直感を得るが、彼の指揮にオーケストラは従わず、理想と現実の狭間で悶々とする。
 公爵の庇護を得る約束も留保され、落ち込んだフランツの前に現れたのは、ウィーンで絶大な人気を誇る舞踏場の支配人。彼らが体感させた「理想の」音楽にのめり込み、フランツは彼らと共に英国へ姿を消す。そこで彼が体験したものは……


 復刊ドットコムで得票を得て、復刊された作品。高野史緒のデビュー作でもある。日本ファンタジーノベル大賞最終候補作。
 その筆致の勢いと内容の濃さで一気に読ませ、魅せる。
 19世紀後半のあの時期に、どれだけ大脳生理学やらなんやらが発達していたかという学問的時代考証はよくわからないからおいておくとして、この話の発想に驚かされる。
 その意味で、歴史SF小説と言えるかもしれない。
 音楽と歴史とSFを一緒に小説にしたらこうなった、という感じ(良い意味で)。

 とにかく、一読といわず何度でも再読する価値がある作品。
 とくに音楽好きなら。
 あの大音楽家ブルックナー教授も、重要な役回りを与えられて活躍しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

架空歴史舞台に展開する切ない音楽SF

2002/10/18 07:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Okawa@風の十二方位 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「19世紀のウィーン、音楽シーンが古典派・ロマン派の時代を経て、今のポップスともどこか相通じる、ダンスのためのミュージックが流行していく時代。そんなウィーンで、ある黒い噂が流れる。音楽を絶対的な快楽に変えるという魔笛という名の麻薬。そしてその震源地は不可思議な技術を売りにした舞踏場プレジャードームだという。その麻薬を追い、プロイセンから赴いたベルシュタイン公爵は調査を開始する」。

 あなたは何か一つでも楽器を演奏されたことがありますか?

 もしそうであれば、自分の内なるメロディーと楽器が奏でるメロディーがぴったり一致した時の快感を体験されているはず。我々の内なるメロディー、理想の音楽はそれだけで我々を至福へと導く存在なのです。作品にも次々と登場する音楽家達が求めてやまなかった理想の音楽。その天上の音楽への切ないほどの憧れが、常に物語の背景に響いています。そんな詩的物語世界に、SFのみならず架空歴史的な要素が上手くリミックスされて、ラストに到るまでに次々と驚くような舞台が展開されていきます。お読みになれば、私が、なぜクラシックをこんな風な書き方で紹介しているかお分かりなるでしょう。
 そしてラストシーン、理想の音楽への憧れは結実するのです、深い余韻を残して。
 プロットは探偵冒険ものの要素があって実にスピーディーな展開、渋い探偵役の美形貴族・ベルンシュタイン公爵もかっこいいですし(なぜか某少佐のイメージが浮かびましたが(笑))、エンターテイメント性も高いです。
 音楽好きの方であれば、特にお勧めの一冊!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/25 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/14 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/15 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/28 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/23 09:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/16 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/31 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/29 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/27 05:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る