サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 法学・法律の通販
  4. 司法・裁判・訴訟法の通販
  5. 現代人文社の通販
  6. 裁判官Who’s Who 東京地裁・高裁編の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

裁判官Who’s Who 東京地裁・高裁編
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.5
  • 出版社: 現代人文社
  • サイズ:21cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87798-082-2
  • 国内送料無料

紙の本

裁判官Who’s Who 東京地裁・高裁編

著者 池添徳明+『裁判官Who’s Who』刊行委員会 (編著)

あの裁判官はこんな人! 日本で最大の東京地方裁判所・高等裁判所の全115名のエリート裁判官の評価・経歴・主な担当事件・執筆論文や著作データをまとめた類書のない裁判官データ...

もっと見る

裁判官Who’s Who 東京地裁・高裁編

3,024(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あの裁判官はこんな人! 日本で最大の東京地方裁判所・高等裁判所の全115名のエリート裁判官の評価・経歴・主な担当事件・執筆論文や著作データをまとめた類書のない裁判官データベース。「裁判官傍聴」に必携。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池添徳明+『裁判官Who’s Who』刊行委員会

略歴
〈池添〉1960年大阪生まれ。新聞記者を経て、99年からフリージャーナリスト。大岡みなみのペンネームでも執筆。著書に「日の丸がある風景」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

この本片手に裁判の傍聴に行こう

2002/08/18 14:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山光司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

金がない時、芝居、映画を見る代わりに、東京地裁の裁判の傍聴に行ったものである。第一回の冒頭陳述なら、その緊張感ある舞台に引き込まれること間違いない。マスコミを騒がす事件でない限り、傍聴人は関係者を除けば、あなただけかもしれない。しかし、どこにもマニアはいるもので日参している傍聴マニアがいる。彼等はどの裁判官の法廷が「オモロイ」か互いに情報交換している。この本はそんな彼等にとって強い味方である。顔イラスト入りで担当した事件、寸評等、良く調査している。法曹界で話題を呼んでいるらしい。かような本に珍しく、すぐに増刷されている。残念なことに私は関西に引越ししてしまった。大阪地裁編を続刊してもらいたい。ただ、裁判官は人事異動が激しい。少なくとも、3年単位で情報を更新して欲しい。かって30年位前、司法修習生の判事志望の任官拒否が青法協会員脱会の踏絵として、利用されたのではないかとマスコミに取りざたされたが、今や青法協なる言葉を知る人も少ないであろう。政治と法とは峻別されなくてはならぬが、「物と言葉」の関係に似て現場の法廷では生々しい実存に触れる事が出来、ある意味で究極の舞台劇が見れる。現在、司法制度改革が「取りまとめ」られているが、どんな法廷でも傍聴人達がつめかける状況があれば、制度をいじくらなくとも司法は変わる。小法廷で傍聴人一人で、判事と正面に対峙して、検事、弁護士、被告、証人の言葉を聴いていると、判事がこちらを意識しているのがひしひしと伝わる。
 こんな企画出版は大歓迎である。かって、同じようなコンセプトで四谷ラウンドが「国会議員の公約と行動」を1997年に出版したが、その後はどうなったか。このような情報は別に出版物でなくとも、インターネット上に発信するに適しているかもしれない。とにかくかような本(情報)は継続が命である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/15 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

司法・裁判・訴訟法 ランキング

司法・裁判・訴訟法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。