サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.5
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮選書
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-603511-1

紙の本

天才の栄光と挫折 数学者列伝 (新潮選書)

著者 藤原 正彦 (著)

ニュートン、関孝和、ガロワ…天才という呼称をほしいままにした9人の数学者たち。しかし、凡人の何倍もの深さの孤独や失意に彼らは苦悶していたのではなかったか。同業者が綴る列伝...

もっと見る

天才の栄光と挫折 数学者列伝 (新潮選書)

税込 1,210 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニュートン、関孝和、ガロワ…天才という呼称をほしいままにした9人の数学者たち。しかし、凡人の何倍もの深さの孤独や失意に彼らは苦悶していたのではなかったか。同業者が綴る列伝。NHK『人間講座』テキストに大幅加筆。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

藤原 正彦

略歴
〈藤原正彦〉1943年旧満州新京生まれ。数学者、エッセイスト。現在、お茶の水女子大学理学部教授。「若き数学者のアメリカ」で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。他の著書に「古風堂々数学者」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

凡才でよかったのかなあ

2003/06/12 17:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安之助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「きらびやかな衣の下に隠された、天才たちの生身の人間像」−ニュートン、関孝和、ガロワ、ハミルトン、コワレフスカヤ、ラマヌジャン、チューリング、ワイル、ワイルズの9人。サブタイトルに「数学者列伝」とある。著者自身もそうである数学者の足跡を描いたものだ。
 しかし足跡といっても彼らの業績を書くことが主眼ではない。偉大な業績はそれとして、彼らの人間くさい面に注目して、数学史には無関係な、例えば失恋などにも、筆を費やしているのだ。もしかしたら、その失恋が大発見の原動力になったのかも知れないし、あるいはブレーキになった可能性もある。
 偶然か、宿命なのか、家庭的に恵まれていない人物が多い。それは「数学者のピークは40歳前」といわれていることも、関係するのか。幸福な家庭生活と、研究は両立しないようだ。ちなみに、数学において最高峰の「フィールズ賞」を受賞する年齢も、ほとんどがその前後であり、ひどい言い方をすると60歳以上の数学者は余韻で食っているんだそうだ。もっとも、我々、凡人と比べれば、遙かに高みをいっているが。

 どの1人をとっても、それぞれに惹きつけるものがある。だから、比べようがないのだが、あえていえばラマヌジャンの天才ぶりの強烈さに驚愕した。彼はインド人ゆえに、西洋と比べて地理的、文化的においてハンディがあった。「カースト制」という足かせに縛られ、「海を渡ってはならないというバラモンの戒律」がある。戒律を破ると、不浄としてバラモンから追放される。にもかかわらず、あえてイギリスに渡った。敬虔なヒンドゥー教徒のラマヌジャンの苦悩はいかばかりだったろうか。その中で、次々と新公式を発見して、32歳で亡くなった。

 付言すると、ミック・ジャガーのプロデュースで話題を呼んだ映画「エニグマ」(原作『暗号機エニグマへの挑戦』新潮文庫刊)の主人公・若き天才数学者トム・ジェリコは、本書にあるアラン・チューリング(イギリス=1912〜1954=検視では自殺と判断された)がモデルである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ニュートン・関孝和からワイルズまで天才数学者たちの人間味に迫る好著

2002/06/12 18:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木力 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 数学者は余人が近づきにくい印象を与える存在らしい。数学の才能においては出来不出来がはっきりしており、数学の出来る人は人間離れしていると考えられるからであろう。が、いくら人間離れをしているように見えても、数学者も人間であることに変わりはない。本書は、数学者の人間的側面に光をあてている。数学者であり、優れたエッセイストでもある著者の好みや、念入りの取材の味がよく出た好著に仕上がった。本書の中身はすでにNHKの教育テレビで昨年放映されている。放映された8人の数学者の部分を増訂し、さらにヘルマン・ワイルについての章を増補してなったのが本書なのである。
 ニュートンや関、さらにガロワについての章には不満がないわけではないが、それは著者が数学者であり、私が数学史を専門とする歴史家であるという観点の違いによるものであろう。ハミルトン、コワレフスカヤ、ラマヌジャン、チューリング、ワイルズについての章からは多くを学ぶことができた。数学を専門とする者にしか見えない側面が書かれており、また著者の豊かな人間的感受性が表出しているからであろう。ワイルの子息のマイケルの近況を伝えたワイルに関する章も味わい深かった。本書の魅力は、実際に研究対象になっている数学者にゆかりの深い土地や人物や書物にあたっている点であるが、その魅力が最も浮かび出た章である。
「数学離れ」、「理科離れ」が叫ばれる昨今であるが、そういった離反現象を食い止めるには、まず、学問対象を掛け値なく面白いものに変えること、そして、数学者や自然科学者の人間的側面の魅力を学徒に伝えることが重要であろう。本書のような好著は何冊でも世に問われるべきである。数学的天才の持ち主にも悲劇的側面があり、所詮、数学も人間の創造であることがよく理解できるだろうからだ。 (bk1ブックナビゲーター:佐々木力/東京大学教授 2002.06.13)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目次

2002/06/11 16:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

【目次】
神の声を求めた人  アイザック・ニュートン
主君のため、己のため  関孝和
パリの混沌に燃ゆ  エヴァリスト・ガロワ
アイルランドの情熱  ウィリアム・ハミルトン
永遠の真理、一瞬の人生  ソーニャ・コワレフスカヤ
南インドの“魔術師”  シュリニヴァーサ・ラマヌジャン
国家を救った数学者  アラン・チューリング
真善美に肉迫した異才  ヘルマン・ワイル
超難問、三世紀半の激闘  アンドリュー・ワイルズ
あとがき

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/04 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/30 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/22 04:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/01 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/16 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/11 08:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/27 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/28 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/02 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/20 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/20 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/25 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。