サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. スタイルの通販
  4. アディダスマンガフィーバーの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.5
  • 出版社: スタイル
  • サイズ:25cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87031-500-9
コミック

紙の本

アディダスマンガフィーバー

2002年FIFAワールドカップ公式スポンサー・アディダスが贈る漫画界の歴史的競演! 大友克洋、荒木飛呂彦、岡野玲子、井上雄彦、松本大洋らが描く、「熱=FEVER」をテー...

もっと見る

アディダスマンガフィーバー

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2002年FIFAワールドカップ公式スポンサー・アディダスが贈る漫画界の歴史的競演! 大友克洋、荒木飛呂彦、岡野玲子、井上雄彦、松本大洋らが描く、「熱=FEVER」をテーマにした日・韓・欧の漫画集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

I love this game 井上雄彦 著 5-8
帰れない二人 上条淳士 著 9-18
三重県の少年 松本大洋 著 19-24

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

Wカップ記念サッカーマンガ…かな?

2002/06/14 09:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カズイ・ヤナギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがにこの豪華さは文句無しでしょう。
でも日本で言う「マンガ本」というよりはアメコミとかの形態である「コミックブック」のアンソロジー版に近いかな?(値段が違いすぎるけど・笑)
で、さすが第一線で活躍して居られる方ばかりで一口に「サッカー」といってもひとひねりもふたひねりも加えてあり、さすがに上手い!とうならされます。
それぞれの作風の違いも味わえて、お得ではないでしょうか。
ワールドカップが終わってもまたこういう形の豪華な本を出して欲しいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外とよかった

2002/07/04 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

好きなマンガ家(楠本まきや吉野朔実など)が載っていたので購入してみたものの、これまでサッカーが好きだなんて聞いたことも(というか読んだことも)ないのに大丈夫なのか? と読む前は心配になりましたが、サッカーと関係ありそうでいて関係のない話になっていたので逆に面白く読めました。ただイラストだけのページについては、題がマンガフィーバーなだけにちょっとガッカリ。けれども思わぬ収穫は、韓国のアニメ作家・ペンソンの近未来的で美しい作品と、これまた韓国の漫画家ヤン・ヨンスンの世界共通の笑えるギャグ漫画が読めたこと。これまで韓国の漫画に触れる機会がなかったので、日本以外の漫画も読めたという点ではとてもいい企画だと思いました(HP作りました)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よくも悪くも記念本

2002/07/29 12:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こずえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

うーん…。執筆陣だけみると豪華なんですよ。
井上雄彦、上条敦士、西村しのぶ、田島昭宇、吉野朔美…。
必ずしもサッカーをテーマにしてなくて、「FEVER-熱」がテーマなので、まったくサッカーと関係ないコミックも入ってます。
まあ、サッカーに興味のない人への配慮かとは思うけど…。
「サッカー」のみをテーマにしても自分の世界に引っ張ってこれる実力をもった作家陣なんだから、「サッカー」に絞ったほうが「いい本」になったのでは。
たとえば、井上雄彦なんかバスケとサッカーをからめてるし、西村しのぶはadidasのスパイクをフューチャーしたファッションイラストだしね。
ストレートに「サッカー」をとりあげた内容の作品のほうが面白かった。

ま、でも、とりあえずこれだけの作家陣が顔合わせした本はそうないので、記念本っちゃあ、記念本ですね。他のW杯関連本も多かれ少なかれそうだし。
けど、せっかく世界に名だたる「日本のコミック文化」なんだから、もっと自信をもって世にだせる本を創ればよかったのに、とは思いますけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漫画読みとサッカー好きってどこまで重なるんでしょ?

2002/05/22 14:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜来香 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なんと言っても、参加している作家の顔ぶれが豪華である。
各方面で熱い支持を集めている描き手がずらり。
「○○先生の作品が読めるのはジャンプだけ」なはずの方々まで顔を出している。
いくつか、聞いたことない名前も混じってますが、
各国の一線で活躍している漫画家さんとのこと。
そーか、ベルギーとかにも漫画家っているんだなーと、ずれた感慨を味わってしまった。

 ビジュアルに特徴がある描き手を集めただけあって、紙面はとてもきれい。
フルカラーで大判という贅沢な作りが大いに活きている。
でも、「漫画」を読むつもりで開くとちょっと辛いなー。
一人一人の書き手に与えられたページは本当にわずかで、
黒田硫黄、吉野朔実など、短編に定評がある人ならまだしも、
ほとんどの人は、ちょっとした雰囲気を書き出すだけに終わってしまっている。
外国の描き手の場合は、コマ割りのテンポや、ギャグの感覚なんかが、日本漫画のそれと全く違っていて、本来はその違いを味わうべきなのだろうけど、
正直言って、読んでいて退屈してしまう
(ヤン・ヨンスン氏のうんこギャグだけは、違和感なく読めたのだが)。
 居並ぶビックネームの中には、イラストや表紙を提供しただけの人もいて、それもなんだか詐欺じみているし、
「この人たちを集めたところで、あんまりサッカーと関係ないじゃん」てなつっこみも脳裏をよぎる。
 日本には、長年サッカー漫画を書き続けることで、読者の根強い支持を受けている漫画家たちが何人もいる。
玄人筋に評価が高い漫画家をかき集めるよりも、
そんな漫画家たちの功績にあらためて光を当てるような単行本を企画する方が、
よっぽど「ワールドカップ記念」になるんじゃないだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アディダスの広告だが、それゆえ国際的

2002/07/31 22:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゃりン子@チエ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 CDショップ、映画館、書店等々にゆくと必ず何かしらのチラシや、ちょっと豪華なミニコミ形式の無料冊子、またはポストカードなどが置いてあるがこの本はそういったおまけ広告の集大成といって差し支えないだろう。作家全体に割り当てられたページ数は少なく、取り組み方もまちまちで、全体の印象は軽い。
 豪華なゲスト陣は多分「アディダスか、サッカーか、フィーバーで書いて下さい」とかなんとか注文を受けて執筆したのだろう。西村しのぶのイラストは相変わらずゴージャスなお姉さんがアディダスのシューズをはいているだけ、Dは直接サッカーとは関係ないミュージシャンの情熱を書き、井上雄彦もバスケをちょっともじったという感じの、片手仕事をしている。 
 中身を見ずに期待して買った読者にとってはかなり腹立たしい内容になるかも知れないが、見方を変えればなかなか面白い本ではある。
 日頃日本の読者の目に触れる機会の少ない海外の作家が、共通のテーマに対してどう取り組んだか。これが意外に刺激的なのだ。特に、マンガと言うよりはカトゥーンの進化系であるヨーロッパのコミックのあり方は、マンガを読み慣れた私の目には新鮮に映った。
 それは作品そのものに対しての感動と言うよりは「マンガというのは本当に日本独自の文化なのだなあ」という感慨だが。しかし、そのマンガ自体が成熟ゆえの行き詰まりを見せている現在、違った形でコミックにとり組み、成果を上げている作家の作品が広範にわたって読めるというのはなかなか価値あることだと思う。
 フレデリック・ポワレ、ニコラ・ド・クレシーら、ビジュアル面にこだわる作家たちの作品は、大量に消費されることによって発展を遂げてきた日本のマンガ(だから私たちはマンガに寄り添ってきたのだが)と違った面白みを教えてくれるし、これからの発展が大いに期待されている韓国の書き手の作品も読んでおいていいだろう。
 文字通りのタイアップ本で、作品の質にそのものに期待をしてはいけない。が、そうではなく2002年のマンガの断面を見せてくれた点については、アディダスに感謝してもいいかもしれない。
 880円、他の記念本と比べれば、お値段もお得。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サッカー

2002/07/31 21:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヲト - この投稿者のレビュー一覧を見る

楠本まき目当てで購入したのだが
何だか他の漫画も全体的にすごく
クオリティが高くて驚いた。

すべてサッカー漫画だと思っていたらそうではなくて
テーマは「熱」ということだった。
やはり題材がサッカーなのは多いけれど
同じテーマでこうも違うことを
表現できるところが凄いと思った。

その中で印象深かったのは
ファイアースターマンの話。
なんか玩具とか可愛い。
くちばしみたいなのつけてる人ナイス。

あと楠本まき。
読んだ後になんだかあったかくなった。
あれだけ少ないページで
こんなに密度の高いものも珍しい。

他にもいろいろ面白いのがあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2002/05/20 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

韓国語・フランス語・英語に翻訳され、海外含め29名の作家が参加、全世界で発売。

目次
<表紙>大友克洋
<MANGA>
井上雄彦『I LOVE THIS GAME』
上條敦士『帰れない二人』
松本大洋『三重県の少年』
水瓶3(=田島昭宇<ゴリラキック>・浅田弘幸<ウータンチョップ>・小畑健<モーニングコング。>)『Lust For Life』

<イラストギャラリー>
荒木飛呂彦・矢沢あい・山田芳裕・西村しのぶ・岡野玲子

<MANGA>
楠本まき『熱[netsu]』
吉野朔実『GOAL!!』
フランソワ・ブック『世界は回る』
安彦良和『BATERN 南蛮西遊記序章』
PENTHON『A fantastic dream』
ニコラ・ド・クレシー『モンソー・レ・ミンヌVSポンタ・ムーソン』
フレデリック・ボワレ『2002FIFA WORLD TEA CUP』
ニコラ・ド・クレシー『サッカーの殿堂』
横山宏『ロボットバトル6』
D『FIRE STAR MAN』
谷口ジロー『孵化』
エミール・ブラヴォ『審判は12人目の選手!』
マックス・カバンヌ『ペナルティエリア』
黒田硫黄『Schweitzer(シュヴァイツァー)』
寺田克也『BOX!』

フランソワ・シュテイン
ヨンスン・ヤン


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/11 04:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/25 02:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/25 03:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/10 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/20 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2002/06/29 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/15 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。