サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2000/11/18
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:21cm/285p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-8340-1723-0

紙の本

やまんば山のモッコたち 改定版 (福音館創作童話シリーズ)

著者 富安 陽子 (作),降矢 奈々 (画)

“モッコ”とは、山に住むふしぎな生き物たちのこと。天狗に雷、河童に雪女に化け狐……。やまんば山には、個性豊かな仲間たちがいっぱいです。パワー満点の山姥、ぴちぴち元気なその...

もっと見る

やまんば山のモッコたち 改定版 (福音館創作童話シリーズ)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“モッコ”とは、山に住むふしぎな生き物たちのこと。天狗に雷、河童に雪女に化け狐……。やまんば山には、個性豊かな仲間たちがいっぱいです。パワー満点の山姥、ぴちぴち元気なその娘まゆ、それに里村の男の子啓太がくり広げる冒険の数々が、いろどりにみちた季節の移りゆきを背景としてダイナミックに展開します。歯切れの良さとパンチ力が持ち味の「富安陽子ワールド」全開の連作童話集、一読すれば気分爽快、心は晴れ晴れ!【本の内容】

著者紹介

富安 陽子

略歴
富安陽子 富安陽子さんは、今もっとも力のある童話の書き手のひとり。子どもたちのリアルな日常生活と、日本の伝承に根ざした不思議な世界を自在に行き来する「富安ワールド」には物語のしなやかな力とユーモアがあふれています。「小さな山神スズナ姫」シリーズで新美南吉児童文学賞受賞。最近では「ムジナ探偵局」シリーズ(童心社)が好調。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

何回読んでも色あせない、富安作品の中で一番好きな本。

2015/10/04 17:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

山姥と、山姥の娘のまゆ、啓太をメインとして、やまんば山の日常が豊かな想像力で描かれる。雪女、河童、寒立馬、精霊、動物たち…魅力的な登場人物(人ではないが)が本当にたくさん出てくるし、次々起こる出来事がなんと魅力たっぷりなことか。こんなに素晴らしい山の世界、いいなあと憧れずにはいられない。啓太は、まゆと友達になったことでこの山の世界を味わえて本当に幸運な男の子だと思う。
どの話がいいか、絞り切れないほどどれもおもしろいのだが、私が一番好きなのは「やまんば餅」。カヤの木をまゆと啓太で揺らせて実を落とすところから始まり、カヤの実を洗って、炒めて、生地に混ぜ合わせて…もちろん、その途中では味見をしたりして。その様が何とも生き生きと、楽しそうに描かれる。三人がつくる餅の形が個性的なのもおもしろい。読んでいて自然に笑顔になってくる。
他の話も、もちろんいい。この本を読み直すと、富安さん、こんなに素敵な物語を書いてくれてありがとう、という気持ちになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あこがれの山姥お母さん。

2001/09/04 00:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 背高のっぽの山姥のお母さんと、一人娘のまゆ。そして、河童、天狗、雪女、鬼、名も知れぬモッコたち。まゆが生まれて、1歳の誕生日を迎えるまでの一年を、描いた物語。
 この本は20年前、まだ大学生だった富安さんが、月刊誌に連載し、その後、初めての単行本として刊行された、同タイトルの本の改訂版です。
 初版時の原稿を加筆訂正した上、今回、あらたに書き下ろしを加えた、全8編。挿絵の降矢奈々さんも、絵を数点、書き直されたそうです。

 「自分自身がお母さんになってしまった今の私には、こういうカッコいい母親像は、ちょっと描けないだろうと思う」と、後書きに書かれている、この山姥のお母さんが、ホントにカッコ良くて、ほれぼれ〜とします。
 確かに現実は、こんなお母さんはいないかもしれないけど…だからこそ、お話の中で、ひときわ輝いて見えると思うのです。
 それに…このお母さんの作る料理がどれもおいしそうで…、特に、まゆの誕生会に作られる料理の数々には、思わずヨダレが…ううう。
 一緒に、誕生会に遊びに行きましょう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やまんば山で、遊ぼうよ!

2001/01/04 12:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

皆さん、モッコって知っていますか?
人間でもない、動物ともちがう、変わり者の生き物たちのことなんです。
啓太の住む霜里村の北にあるやまんば山には、モッコたちが誰にもじゃまされず、今日も気ままに暮らしています。

ある冬の日、一匹のやまかがしの案内で、人間が足を踏み入れることのできないやまんば山へと分け入った啓太は、山姥のひとり娘、まゆと出会います。
雲に乗って雪女と追いかけっこをしたり、カッパのすもう大会に出たり、啓太とまゆの遊びは尽きません。
さあ、もうすぐまゆの誕生日。モッコたちが集って、楽しいパーティーの始まりです。
あなたも参加しませんか?

1986年初版の人気創作童話の改訂版。降矢奈々さんの生き生きとしたイラストが数点新たに加わり、いっそう楽しくなって新登場!
北風の吹く寒い日も、この本を読めば、きっと元気になれるはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/24 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/17 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/22 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/23 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/23 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/01 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/03 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/24 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/18 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。