サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 福音館書店の通販
  5. おおきなおおきなおいも 鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践によるの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おおきなおおきなおいも 鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 70件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:22cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-8340-0360-4

紙の本

おおきなおおきなおいも 鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による (福音館創作童話シリーズ)

著者 赤羽 末吉 (さく・え)

楽しみにしていたいもほり遠足の日、雨が降って延期になってしまいました。残念がる子どもたちは大きな紙においもを描きはじめます。紙をつなげてつなげて、おいもの絵はどんどん大き...

もっと見る

おおきなおおきなおいも 鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による (福音館創作童話シリーズ)

1,296(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

福音館の特選ロングセラー童話 13巻セット

  • 税込価格:18,144168pt
  • 発送可能日:購入できません

福音館の特選ロングセラー童話 13巻セット

  • 税込価格:18,144168pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

楽しみにしていたいもほり遠足の日、雨が降って延期になってしまいました。残念がる子どもたちは大きな紙においもを描きはじめます。紙をつなげてつなげて、おいもの絵はどんどん大きくなります。大きなおいもは、ヘリコプターで幼稚園に運びます。プールに浮かべて船にしたり、かいじゅうにみたてて遊びます。たくさん遊んだあとは、天ぷら、焼きいも、大学いも、たくさん作っておいもパーティ! 大きなおいもをめぐる子どもたちの空想がつまった絵童話です。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店明石店

幼稚園の子どもたちが...

ジュンク堂書店明石店さん

幼稚園の子どもたちが描いた大きなおいもを船にして遊んで、てんぷらにして食べて・・・と子どもたちの空想が無限に広がっていく愉快なお話。食欲の秋にピッタリの絵本です。

みんなのレビュー70件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

いも掘りといえば、この絵本

2017/11/12 09:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日、人生初めてとなるいも掘りを体験してわかったことは、いもは簡単に掘り出せないということだ。
 よく幼稚園の園児とかいも掘りとかをしているようだが、あれはきっと農園の人が下準備をしっかりしていて、具体的にいえばスコップなどで土をある程度まで掘り起こしているのではないかと思われる。
 それでなくても、しっかり土に埋まったいもを、この場合のいもは大抵さつまいもで、掘り出すのは大変だが、出てきたいもを見ると興奮の極みになることはまちがいない。

 そんないも掘りの名作絵本といえば、この作品。
 1972年に刊行されているから、小さい頃読んだという人もいるだろうし、今読んでいるという小さい子どももいるだろう、それぐらい人気の絵本だ。
 いも掘り遠足の日、残念なことに雨が降って延期になってしまった。そこで園児たちが思いついたのが、自分たちででっかいいもを作って(描いて)しまおうということ。
 「えっさか ほっさか」描いて作って、できあがったのが「おおきなおおきなおいも」。
 このおいもを綱引きのようにしてひっこぬいたのはいいが、どうやって運ぶ?
 子どもたちの想像はとまらない。
 なんとヘリコプターを使って、幼稚園まで運んで、泥を洗って、絵を描いたりして遊んで、最後は食べちゃうことに。
 やっぱりいもだものね。
 てんぷら。やきいも。だいがくいも。
 食べた、食べた。
 とおなかがふくれて、おならがでた!

 まるでパラパラ漫画を見ているような赤羽末吉さんの絵がとてもいい。
 子どもたちの躍動感がそのまま伝わってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おいも色が目に鮮やか

2018/10/16 18:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

芋ほり遠足の日が雨で良かったーと思わせてくれる絵本。
赤羽末吉さんの絵はシンプルな線画だけど、子どもたちの生き生きとした活動の様子が伝わってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インパクト大の絵本

2016/12/31 19:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りりー・かさぶらんか - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後のおならでロケットのように飛ぶところで爆笑。

でも、おいもを食べるときはおならに気をつけなくては!と心の中で決意したきっかけの絵本でもあります。
女子には大きな教訓。

小さい頃に読んで、とてもインパクトの大きい絵本でしたが、教育実践のための絵本だったことを最近、読み直して知りました。

赤羽末吉さんの絵が楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきます

2016/09/28 01:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼稚園の実践から生まれた絵本だと聞きました。
だから、子どもたちも大好きな絵本です。
読んでいると、子どもたちの楽しそうな声が聞こえてくるような気がします。
私は赤羽さんの絵が大好きで、この表紙もとってもお気に入りです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おすすめです!

2016/05/04 21:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:そらいろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

親戚の4歳の子にプレゼントとして贈りました。

この本は絵本の紹介サイトの情報やレビュー、長年にわたって良質な絵本を数多く手掛けてきたとして定評のある出版社の目録などを基に、書店や図書館などで実際に現物を見た中から選びました。

改めて読んでみると絵柄もシンプルでお話もやや長いのではないかと感じましたが、私が昔母に読んでもらっていた頃には特別長いとは思わなかった記憶があります。

長年読み継がれてきた絵本の力か、親戚の子も気に入ってくれたようでした。食べ物に関するお話なので子どもたちにとっても共感しやすいのではないかと思います。

私自身もそうでしたが、幼稚園などで芋掘りの行事があったりするとより身近に感じられるのではないでしょうか。
そうした行事の前に読んであげると子どもたちは喜んでくれるのではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お芋堀遠足の日にぴったり!

2005/10/21 21:00

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チャミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あおぞら幼稚園の芋ほり遠足の日は、あいにくの雨。当然、遠足は中止になってしまいます。すると、子供たちはこれから自分たちが掘り当てるお芋について、いろいろと想像を膨らませます。
どんなお芋かな?
どれくらい大きいかな?
じゃぁ、絵に描いてみよう!
そして、書きあがった絵は…先生も腰を抜かすほど大きなお芋!!
そして、子供の夢は次々に広がります。
ヘリコプターで運んで、お芋で遊んで、いろんなお芋料理を作って、お腹いっぱい食べて、最後は。。。
ラストはとってもユニークで夢溢れる締めくくりです。
この絵本の魅力はページをめくると絵がつながる面白さや、子供たちの発想の豊かさ、そしてお芋堀を楽しみにしている子供たちのワクワク感が読者に伝わってくる点です。
私も幼い頃にこの絵本を読んだことがあり、大きな紙を使って絵を描く楽しさや、サツマイモの料理にいろいろな種類があることを知った経験があります。何より、その頃苦手だったサツマイモがとっても好きになったことが一番でしょうか。
我が家の子供たちにとってもお気に入りの絵本のひとつ。
この絵本を読むと、きまって娘と息子は大学芋が食べたくなるそうです。
お芋堀遠足の前や後に読んであげてください。遠足の楽しさが倍になること間違いなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに、芋ならではの魅力

2006/06/07 21:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 楽しみにしていた芋ほり遠足が雨で延期になって、がっかりした幼稚園の子どもたちは、大きなお芋の絵を描くことにします。どんどん紙をつぎたして、お芋は大きくなっていきます。
 大きなお芋を、どうするの?
 そこから空想の世界が広がります。みんなで力をあわせてお芋を掘り押して、ヘリコプターで幼稚園まで運びます。ゴシゴシ泥を落とした後は、大きなお芋で遊びます。プールに浮かべたり、彫刻したりして、たっぷり遊んだら、ゴリゴリ切り出して、料理をします。いっぱい食べたら、おならが出て……
 なんとも言えず楽しい絵本です。単色カラーと言うのでしょうか、黒と紫芋の色だけの画面には素朴な力強さがあって、ぐいぐい画面に引き込まれます。紙からはみ出すほど大きなお芋を描いて、どんどん紙をつぎたして、また描いて……すごく面白そうです。
 そして、まさに芋ならではの活用方法が、良いのです。収穫して、遊んで、食べる。この一連の流れが可能なところが、変に上品ぶらない芋の良いところ。ちょっとばかり乱暴に扱っても大丈夫ですし、庶民的で、何より身近です。
 もしもこれが、果物だったら? 例えば、大きなイチゴ。絵を描くのも、お腹いっぱい食べるのも魅力だけど、収穫してつぶさずに運ぶのは難しそうだし、大きなイチゴで遊ぶのも、ちょっとね。果汁でベトベトになりそうです。そして、どうも食べ物で遊ぶのは、ばちがあたりそうで……
 その点、芋ならば遊んでも許されるような気がします。決して芋を蔑ろにしているわけではなく、芋には(特にサツマイモ)大らかさがあるような気がしませんか? 子どもたちによじ登られようと、くりぬかれようと、「後で美味しく食べてくれるならOK」と。芋の料理というのがまた、飾り気がなくて無骨そうで、お腹いっぱい食べられそうです。そして「おなら」ですから。
 素足で地面を走り回る子どもたちの笑い声が聞こえてくるような一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おいも堀り

2016/04/06 12:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

おいも堀り、きっとうちの子も園に入ったらやるんだろうなーと思いながら読みました。
やっぱりおいもシーズンに読んであげたいですね。
おおきーいおいもがいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お腹が…

2016/10/26 20:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでるだけでお腹がものすごく空いてくる本。天ぷらに大学芋スイートポテトに…………お芋掘り前に絶対読みたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/29 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/01 04:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/19 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/16 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/23 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/15 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典・童話 ランキング

古典・童話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。