サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 伝記
  5. 作品社
  6. エリック・ホッファー自伝 構想された真実

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エリック・ホッファー自伝 構想された真実
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.6
  • 出版社: 作品社
  • サイズ:20cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87893-473-5
  • 国内送料無料

紙の本

エリック・ホッファー自伝 構想された真実

著者 E.ホッファー (著),中本 義彦 (訳)

失明、孤独、自殺未遂、10年の放浪、そして波止場へ…。常に社会の最底辺に身を置き、働きながら読書と思索を続け、独学によって思想を築きあげた「沖仲士の哲学者」ホッファーの自...

もっと見る

エリック・ホッファー自伝 構想された真実

2,376(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

失明、孤独、自殺未遂、10年の放浪、そして波止場へ…。常に社会の最底辺に身を置き、働きながら読書と思索を続け、独学によって思想を築きあげた「沖仲士の哲学者」ホッファーの自伝。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

E.ホッファー

略歴
〈E.ホッファー〉1902〜83年。ニューヨーク生まれ。さまざまな職を転々とし、67年より著作活動に専念。著書に「大衆運動」「情熱的な精神状態」「変化という試練」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

40歳が寿命だろうと考えていた「沖仲士の哲学者」ホッファーが、限りある命を覚悟して選択した「放浪者」時代の回想。勇気に貫かれた力強い生活の日々。

2003/11/02 23:58

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 港湾の人夫として働きながら読書と思索にふけったというその人の日常を『波止場日記』という形式の本で知り、深い感銘を受けた。それと並行して読み始めていたアフォリズム集『魂の錬金術』は、一見すると新興宗教の教典を彷彿させるうさん臭い題名に感じられなくもないが、字義通りの内容で、あまりの濃さに持て余し気味である。その書の訳者である中本義彦氏が実行したとあとがきで書いておられるように、日めくりの余白に貼って、ひとつずつ味読するという読み方が適切なのだと思う。
 たとえば、「情熱的な精神状態」の章(元々は単行本として刊行)をしめくくる第280項目「幸福を探し求めることは、不幸の主要な原因のひとつである」(『魂の錬金術』114P)——このように重い言葉を差し出されてしまっては、それを心で支えるのに数日かかってしまう。何とか支えながら妥協して折り合いをつける。しかし、折り合いをつけたあとにも、幾度となく忍び込んでくる問いを日々のなかで一体どう処理すればいいというのだろう。

 わずか1行の箴言であればまだしも、1ページにおよぶ長めの言葉も、全行にわたって恐ろしいほどの緊張感に満ちている。全475篇にのぼるアフォリズムは、ホッファーが生涯かけて取り組んだ思索のエッセンスすべてが盛られているということであるから、たかが1週間かそこいらの読書、つまり「読み/過ぎる」だけで、何を理解でき、何を得られるものか…という気がする。
 だが、ホッファーの言葉は真剣であっても、決して深刻ではない。自分の道徳心の欠如や怠惰な性質を責め立てられて気鬱にさせられるものでないところが良い。今まで気にも留めていなかった物事の側面を切り拓き、新たな発想を与えてくれる。別の価値観の提示というプラス志向が、身に新鮮な息を吹き込んでくれる。

 そのような前向きな思索の姿勢がどこから来たのか。疑問を解き明かしてくれるのが、この自伝だと言えよう。
 映画やドラマにすれば、「ウソだろ?」と滑稽にもとれるぐらい有り得ない烈しい人生行路だ。7歳で失明するまでに家具職人であった父の書棚で英独語を習得していた。15歳で奇跡的にも視力を回復すると、また失明してはいけないと本を読みあさったという。その幼年期・少年期だけをとっても神の見えざる手、天の配剤かと思えてしまう。
 そして、父の死につづく放浪生活が彼に与えたものの大きさ。まさに、魂を錬金するための出会いや学び、経験の連続である。
 たとえば、アナハイムのレストランの給仕をしていたときの「希望」と「勇気」の違いをめぐる議論。市井の片隅で他人どうしが熱くなる時代の息吹もさることながら、知的議論が人にもたらすものの力、社会を動かし得る力をうらやましく感じる。紙の上に死した言葉を連ねたのではなく、人と人とをつなぐ生きた炉のなかで思索を練り上げたのがホッファーの生涯だったのである。
「自己欺瞞なくして希望はないが、勇気は理性的で、あるがままにものを見る。希望は損なわれやすいが、勇気の寿命は長い。希望に胸を膨らませて困難なことにとりかかるのはたやすいが、それをやり遂げるには勇気がいる」(52P)
烈しさのない日常であっても、語り考えながら生活することが哲学であり、それは万人が引き寄せるべき営みなのだと訴えかけてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生誕100年で日本でもリバイバルの予感。感動的な自伝がついに完訳

2002/06/10 12:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林浩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アメリカ西海岸の港湾労働者にして社会哲学者のエリック・ホッファー(1902-1983)の著書は、1960年代から1970年代初頭にかけて立て続けに6点ほど邦訳されてきたのだが、残念なことにすべてが絶版か品切になっている。いわば忘れられた思想家だったわけだが、今回邦訳された彼の自伝をきっかけに、その価値が見直されるのではないか。原書は1983年刊、彼の最後の著書となる本書では、ニューヨークのドイツ系移民の子として生まれた彼の生涯が、一幅の鮮やかな印象画として描かれている。幼い頃の失明、そして視力の突然の快復、教育を受けないまま育ちながら無類の読書好きで、日雇い(あるいは季節)労働者として過ごした日々が率直に綴られている。それらは職業的哲学者が綴るような思索日誌の堅苦しさとは似ても似つかない。彼は生き、働き、感じ、考える。その素朴さが実に好印象だ。本書は詳細に記述されている自伝ではない。原題にあるとおり、これは "Truth Imagined" つまり、思いに映るままの本当のこと、といったニュアンスだろうか。作家の中上健次は「ホッファーのように生きつづけたい」と漏らしたことがあるそうだ。彼の生涯は、世間で言うところの「幸福」なものとは少し違う。経済的に満ち足りていたわけではない。しかしその大きな体躯からにじみ出るようなおおらかなオーラと同居している繊細さを見るとき、彼のように生きてみることをつい想像してみたくなることも確かだ。彼は本書で自分のことばかりを語っているのではなかった。あたかも紡ぎ合わされた一枚のタペストリーのように、ホッファーの思い出の中で様々な人々が垣間見せる素顔は、彼自身の素顔と重なって、なんともいえない印象的な彩りを帯びる。たぶん多くの読者にとっても、本書は長く胸に残る一冊となるだろう。巻末にシーラ・ジョンソンによる、ホッファー72歳の折のインタビューが収録されている。

人文・社会・ノンフィクションレジ前コーナー6月10日分より

(小林浩/人文書コーディネーター・「本」のメルマガ編集同人)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/16 05:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/05 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/28 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/13 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/13 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/11 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/11 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/02 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/07 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/11 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/07 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/04 03:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/22 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国 ランキング

外国のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む