サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

知られざる戦争報道の舞台裏
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.6
  • 出版社: アリアドネ企画
  • サイズ:19cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-384-02795-8
  • 国内送料無料

紙の本

知られざる戦争報道の舞台裏 (Ariadne military)

著者 軍事同盟研究会 (編)

同時多発テロやパレスチナ問題などで地道な取材を重ねメディアに発表したジャーナリストら、軍事情報プロフェッショナルのドキュメント。厳戒態勢下での盗撮テクニック、戦地の取材方...

もっと見る

知られざる戦争報道の舞台裏 (Ariadne military)

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

同時多発テロやパレスチナ問題などで地道な取材を重ねメディアに発表したジャーナリストら、軍事情報プロフェッショナルのドキュメント。厳戒態勢下での盗撮テクニック、戦地の取材方法等を実例で紹介し真実を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

インティファーダ・造られた戦場 成田慎 著 5-28
疑惑のテロネットワーク 常岡浩介 著 29-56
米国サイドから見たテロ情報 福好昌治 著 57-72

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

テレビには映し出されることのない、もうひとつの戦場の姿

2002/08/20 11:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森岡正博 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アフガニスタンやパレスチナでの戦争の模様が、CNNなどのテレビによって報道される。印象的なシーンは、何度も繰り返して放映され、われわれは戦場の真実を知ったような気になる。
 しかし、テレビで流される映像は、様々な検閲を受けたあとのものでしかない。アフガニスタンの映像について、米CBSのあるディレクターは、アメリカ国民が見たくない映像は流さないと言っていた。
 本書は、世界の紛争地帯に飛び出した独立ジャーナリストたちが、戦場のいわば裏側を描き出そうとするものである。テレビには映し出されることのない、もうひとつの戦場の姿が、生き生きと捉えられている。
 たとえば、パレスチナで、イスラエルの戦車に石を投げて抵抗する運動(インティファーダ)が、集結している先進国のメディアを強く意識して行なわれていることがよく分かる。
 戦場ではジャーナリストもまた襲われる。一カ月の収入が数ドルという国で、先進国のジャーナリストたちは一泊一〇〇ドルのホテルに泊まり、車と通訳を雇って一気に危険地帯を通過しようとするが、そういう彼らにかぎって襲われ、金品を奪われたりする。検問所でもカメラを奪われ、ときには従軍した兵士からも強奪にあう。
 本書の著者たちは、一匹狼として、もっと質素な取材をしているようだが、こんな危険を背負ってまでも戦場に向かってしまうのは、やはりそこに彼らの血を沸き立たせる何かが存在するからであろう。
 孤独に取材をつづけていると、一般メディアが潜入することのできなかった現場で、貴重な情報を得ることもある。著者の一人は、タリバンによる初期の仏像破壊の様子を写真に収めることに成功した。と同時に、タリバン支配下のアフガニスタンの人々が、いかに悲惨な状況だったのかをも取材した。
 しかし、著者の取材を知った日本の大手メディアは、仏像破壊には関心を示しても、そこに住む疲弊した人々には目もくれなかったのである。このことは、著者も言うように、われわれ全員が深刻に受け止めるべき問題だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/05 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/22 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む