サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.6
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 知恵の森文庫
  • サイズ:16cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-78166-7
文庫

紙の本

SFアニメの科学 (知恵の森文庫)

著者 福江 純 (著)

SFアニメの科学 (知恵の森文庫)

税込 607 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「空想科学読本」とは違ったタイプのアプローチ

2002/07/13 10:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kagaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

「空想科学読本」の大ファンのわたしは、この本もそんな感じだろうと思って買いました。
が、こちらはたとえば、SFアニメに出てくるスペースコロニーを紹介し、そこから現実のスペースコロニーに関する解説をすすめる、というタイプの、楽しい科学読み物です。
しかし、著者のアニオタぶりが遺憾なく発揮されていて、笑えます(いまだにアニメージュを買っているそうな)。
科学とアニメに対する愛がいっぱいのこの本は、夏休みの読書にぴったりかも!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

旧題・SFアニメを天文する

2002/07/03 00:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十二番目の男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は東大理学部卒業の理学博士である。専門は天文学で、本書はいわばその天文学に関する知識を持ってSFアニメを検証する、といった様相を呈している。あるいは、SFアニメを題材として天文や自然の話を理数的に展開している、とも言える。

 本書で題材として取り上げているSFアニメは多岐にわたる。鉄腕アトム、機動戦士ガンダム、風の谷のナウシカ、不思議の海のナディア、宇宙戦艦ヤマト、マジンガーZ、キューティーハニー、超人ロック、新世紀エヴァンゲリオン、0083スターダストメモリー等々……
 珍しいところでは「うる星やつら」がある(これはどうも筆者の個人的趣味で選択したような気がしないでもないのだが)。今までのこの手の本にはないチョイスである。ちなみにうる星やつらを題材にして語られているのは「宇宙人の人数」について。
 具体的な内容は、なんとも理系である。私は典型的な文系人間で、分数のわり算も怪しいほどの数学音痴であるから、はっきり言って何が書いてあるのかはよくわからなかった(数式が出てくるところは、なんだかもうそれだけでわからない気分になってしまった)。
 しかしそれは細部の話であり、全体としては比較的読みやすい文章でつづられていて、まあ大体こんなことが書いてあるのだなというくらいのことは読みとれた。宇宙のすごさというか、自然の数学的な美しさをかいま見ることは出来たかもしれない。

 アニメーションの美しさとか尊さとかは、もしかしたら私たちには決して手が届かないからこそ生まれるものなのかもしれない。宇宙に関してもそれと同じようなもので、私たちは例えば太陽に触れることは出来ないし、ブラックホールに触れることも出来ない。ただコンピュータのモニター越しにとか、写真でとか、ブラウン管でとか、そういう媒介を介して触れるのみである。
 そういう点で、アニメーションの美しさと天文の美しさとは、どこか通ずるところがあるのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/02 13:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/24 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。