サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-182245-4
新書

紙の本

法月綸太郎の功績 (講談社ノベルス)

著者 法月 綸太郎 (著)

殺人事件の被害者が残した「=Y」の文字は果たして何を意味する!? ロジカルかつアクロバットな推理が冴えわたる傑作ミステリ。第55回日本推理作家協会賞受賞作「都市伝説パズル...

もっと見る

法月綸太郎の功績 (講談社ノベルス)

税込 902 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

殺人事件の被害者が残した「=Y」の文字は果たして何を意味する!? ロジカルかつアクロバットな推理が冴えわたる傑作ミステリ。第55回日本推理作家協会賞受賞作「都市伝説パズル」他全5編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

法月 綸太郎

略歴
〈法月綸太郎〉1964年島根県生まれ。京都大学法学部卒業。88年「密閉教室」でデビュー。その他の著書に「パズル崩壊」「謎解きが終わったら」「法月綸太郎の新冒険」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本格ミステリをカジュアルに楽しみたい人に贈りたい

2005/11/03 00:05

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリらしいミステリが読みたいなぁ、というときに頭に浮かぶのは「名探偵」が「誰が犯人か(フーダニット Who done it?)」を「論理的に推理」する物語。この『法月綸太郎の功績』はまさしくそんなミステリらしいミステリが五編も楽しめます。
収録作のうち、「イコールYの悲劇」と「中国蝸牛の謎」は共にエラリイ・クイーンの『Yの悲劇』と『チャイナ橙』を、「ABCD包囲網」はクリスティの『ABC殺人事件』といった具合に過去の名作をふまえた作品があるのもミステリ好きには嬉しいことです。古典をふまえているという意味でも、本書は正統な本格ミステリだと言うことができるのではないでしょうか。
もちろん、歴史のつまらない焼き直しではなく、名作への愛をもって現代のミステリとして名作を越え、歴史にならんとするパワーのある作品となっています。
近年、ミステリに起きている変化に対し、大きな可能性を感じるとともに時折、違和感を覚えることがあります。その違和感のもとは、ある種の「過剰さ」ではないだろうか。名探偵ならぬ迷探偵の私はそう推理してみました。ここ最近のミステリにみられる「過剰さ」を排除したここちよさ。そういったものがこの短編集にはあるように感じます。
著者自身が「風通しのいいカジュアルな本格を書こうという気持ちはあったかもしれない」と語るように、読みやすく、本格ミステリの醍醐味をおいしくつまめる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

巧緻

2002/07/13 11:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫  - この投稿者のレビュー一覧を見る

第三短編集である。五編とも、名探偵がいわゆる「安楽椅子探偵」で、最後に登場して真相を明らかにするというフォーマット。巧緻にできた論理の展開は楽しめるが、反面あまりに人工的に過ぎているとも思う。犯人の動機はどれも生々しいはずなのに、いまいち心に迫ってこないのだ。とりあえず謎解きミステリーとしては上出来。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長編が読みたいぞ〜!

2002/07/31 02:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

法月綸太郎、約3年ぶりの久々の新刊!
…とは言うものの、講談社文庫のオリジナルアンソロジーとメフィ
ストに掲載された作品を集めたものなので、まるっきりの新作と言
う訳ではありません。いや、でも、1冊にまとまっただけでも嬉し
いものですね♪

題名の『〜の功績』は、ドイルの息子とカーによるの合作のホーム
ズ作品のパスティーシュからだそうです。収録されているのは5つ
の作品。第55回日本推理作家協会賞受賞作「都市伝説パズル」も
収められています。

「イコールYの悲劇」
題名からも推察できる通り、ずばりダイイングメッセージものです。
夫が出張中に、泊まりに来ていた妹が殺害された。浮気をしている
夫には愛人とともに完璧なアリバイがある。しかし殺された妹は、
ダイイングメッセージを残していた。=Yが示す犯人は? これも
法月作品の長編のテーマでもある「恐い女」が出てきます。どうし
て法月作品に出てくる女性は、すごく可愛いか、すごく恐いかの両
極端なのでしょうか(笑)?

「都市伝説パズル」
先輩の家に忘れ物をした後輩が寝ている先輩を起こさないようこっ
そり忘れ物をとりに戻る。翌日先輩は死体となって発見される。そ
して壁には「電気をつけなくて良かったな」の血文字が…。都市伝
説をとてもうまく使った作品ですよね。短編なので、犯人の動機が
あまりに唐突に提出されるような気もしますが、まあ、仕方ないか。
物事を逆から見るという、ミステリのお手本のような作品。

法月作品の短編は、長編と違って、コミカルだったりするのが持ち
味だと思っていたのですが、ここへ来て、短編もなんとなくシリア
スな雰囲気が漂いだしましたね〜。せっかく協会賞も受賞したこと
だし、そろそろ長編が読みたいものですね〜。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひとつぶで二度おいしい?

2002/08/29 01:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アンソロジー「Yの悲劇」に収録の「イコールYの悲劇」、アンソロジー「ABC殺人事件」収録の「ABCD包囲網」のほか、「メフィスト」掲載の数編を加えたシリーズ短編集。
 新作の密室殺人事件のとおりにあべこべの密室で死んだ作家の謎を解く「中国蝸牛の謎」や、「縊心伝心」など、タイトルもお楽しみのひおとつかも。


 作家の法月綸太郎と、父親の法月警視の登場するシリーズの1冊。
 よく考えたら、全部アンソロジー収録時や雑誌掲載時に読んでいたものばかりだったのですが、まとめて読むと、また違う楽しみ方もできて、どの作品も一粒で2度おいしかったなあと思います。
 法月綸太郎というキャラクターは、長編ではあれこれ悩み続けてしまうため、クセがあって好き嫌いが分かれるところでしょうが、短編では悩んでいるヒマがないため、その点、読みやすいのでは、という気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/11 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/14 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/21 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/20 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/14 10:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/21 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/08 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/06 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/17 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/22 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/01 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。