サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/27

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.7
  • 出版社: 学研
  • レーベル: 学研M文庫
  • サイズ:15cm/782p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-05-900171-3
文庫

紙の本

芥川竜之介妖怪文学館 (学研M文庫 伝奇ノ匣)

著者 芥川 竜之介 (著),東 雅夫 (編)

芥川竜之介妖怪文学館 (学研M文庫 伝奇ノ匣)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

妖婆 17-73
アグニの神 74-90
黒衣聖母 91-99

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「芥川龍之介妖怪文学館」書評

2002/07/21 09:55

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小野塚 力 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 網羅的な芥川選集が多い中、初めて芥川の幻想的な部分に特化した画期的なアンソロジーが誕生した。それが本書「芥川龍之介妖怪文学館」である。
 「怪奇小説家」としての芥川という視点で編まれた本書は以下のように構成されている。「口絵 妖怪書帖」「小説の部/怪異編」「小説の部/伝奇編」「評論・随筆の部」「怪談実話の部」。出色は、美しいカラー印刷で甦った芥川直筆の妖怪達の肖像だろう。編者が主張する「明らかに生得のものである」芥川の怪奇趣味が存分に窺われる。全体としてこれまで光が当たりにくかった小説・評論類への積極的な採取が目立つ本書だが、こうして俯瞰すると、怪奇的なものへの芥川の多岐的な興味が窺われる。「解説」においても編者は、近代文学館所蔵「芥川龍之介文庫」(芥川の旧蔵書)の洋書から数々の怪談本にある芥川の書き入れを紹介し、芥川の判断基準に〈怪異の迫真性の有無〉があると指摘する。
 芥川の〈怪異の迫真性の有無〉追求の根底にあるもの。それは、人間の普遍的な〈超越性の希求〉への興味である。私見によれば、古代人の絶え間ない〈超越性への希求〉は、作家芥川にとっての怪談と宗教とを等価に結ぶ。怪談・宗教を問わず、非日常的な事物を信じ得る人間の心のメカニズムの解析が、作家芥川の中で絶えず問題意識としてある。この人間の〈超越性の希求〉への興味は、芥川の一生を貫く作家的興味といえる。こうした芥川の作家としての基本原理も本書所収の作品群からみることができる。
 従来、キリスト教やA・フランスらとの関わりから解読されることの多かった芥川であるが、非日常的要素への憧憬という観点から編まれた本書が起点となり、作家として新しい評価軸が付与されることを節に願う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介&編者コメント

2002/07/15 10:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大川の畔に河童を想い、銀座の雑踏に妖精を幻視し、ビアスやブラックウッド、M・R・ジェイムズを愛読した怪奇の文豪・芥川龍之介。東西の幻術僧が激突する王朝伝奇ロマンの知られざる逸品「邪宗門」、オカルト・ホラーの先駆として映画化もされた「妖婆」をはじめとする伝奇と怪異の名品多数のほか、若き日の怪談蒐集ノート「椒図志異」や、大正の文藝百物語ともいうべき「怪談会」など、初復刻、初文庫化の貴重な資料を満載!


【伝奇ノ匣】とは?
 遠く神話伝説の昔に端を発し、王朝物語、中世御伽草子、近世の読本・草双紙から現代の伝奇バイオレンスやモダンホラーにいたるまで……「伝奇と怪異」の文学は、いつの時代にも人々の好奇心や冒険心を掻きたててやまないエンターテインメントの王道であった。
 本朝伝奇文学を代表する作家たちの名作、珠玉作、埋もれた逸品の数々をコンパクトな文庫サイズに凝縮・封入した本叢書は、伝奇の法燈を新世紀へと伝える魔法の小箱なのである。(編者識)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。