サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 289件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2002/07/16
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/456p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273480-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

黒猫の三角 (講談社文庫 Vシリーズ)

著者 森 博嗣 (著)

1年に一度決まったルールの元で起こる殺人。今年のターゲットなのか、6月6日、44歳になる小田原静江に脅迫めいた手紙が届いた。探偵・保呂草は依頼を受け「阿漕荘」に住む面々と...

もっと見る

黒猫の三角 (講談社文庫 Vシリーズ)

税込 880 8pt

黒猫の三角 Delta in the Darkness

税込 880 8pt

黒猫の三角 Delta in the Darkness

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1年に一度決まったルールの元で起こる殺人。今年のターゲットなのか、6月6日、44歳になる小田原静江に脅迫めいた手紙が届いた。探偵・保呂草は依頼を受け「阿漕荘」に住む面々と桜鳴六画邸を監視するが、衆人環視の密室で静江は殺されてしまう。
森博嗣の新境地を拓くVシリーズ第1作、待望の文庫化。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー289件

みんなの評価3.8

評価内訳

電子書籍

すべての始まり

2019/09/16 22:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bena - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近Vシリーズが好きになった。様々なシリーズのすべての始まりはここということからか。最も人間臭い描き方がなされているためか、ただ単に自分自身がキャラクター達よりだいぶ年をとってしまったためか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気になる解説

2019/05/29 01:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

気になっていたVシリーズに手を出してしまいました。。。
これは、Vシリーズという名前ってことは、瀬在丸さんが主人公なんでしょうか?いえ、そういう感覚でシリーズ名が付いているわけではないのかもしれませんが。

今回は、S&Mにも増して、登場人物たちのキャラが立ってます。しかも、名前が難しい人が多い。
とにかく、練無が可愛いです。こんな子が隣に住んでたら、絶対に友達になりたいです。

今回も、謎を自力で解くことはできませんでした。そして、驚きの結末でした。。。
本編を読んだ後で解説を読むと、また気になる記述が。(ネタバレになるので、本編を未読の方は読まないほうが良いです。)もう、こっちが気になって仕方ありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

秋野秀和はどんな人?

2017/10/28 15:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ichi - この投稿者のレビュー一覧を見る

最終巻を読んで秋野秀和をもう一度思い出したくなって新たな気持ちでよんでみました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

Vシリーズの福音が、ここに扉をあけた。

2004/01/20 23:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:綾瀬良太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文庫本で初めて手にした「黒猫のデルタ」。ちょっと不思議な、いや、かなりクセのある登場人物が物語を進める。
犯人の動機が明確でないというだけで、不条理な事件と解釈される。しかし、紅子は事件後、「理屈を求めることが、あるときは、思考を狭めるのよ」とつぶやく。そう、人間は意味を求める動物だ。でも、意味は言葉や記号でしかない。本質ではない。いや、本質をわしづかみにしているわけではない。一方の保呂草は「その動機を、肯定したり、否定したりすることは、ナンセンスだ。動機は自由なのである」と独白する。この台詞は、犯人の動機をサポートするものでなく、人間の矛盾を指摘するものだと思う。
 本来、人間は多様性を好む動物だ。共通性ばかりを重視し、多様性を軽視すれば、「どこを切っても金太郎」の、つまらない社会になってしまう。
 だからこそ、森博嗣はこのVシリーズに奇妙だが知的で愛らしい登場人物を配したのであろう。Vシリーズの福音が、ここに扉をあけたのだ。
 視点を変えて物事を見る。そういう資質をもった人物がいるからこそ、事件は解決される。仮に黒猫が殺人事件のヒントを握っていたとしても、気づかない人には、その「しるし」が何を暗示しているのか、さっぱりわからないだろう。一方で、デルタが何らかの啓示であると受けとめる人間がいれば、それは大いなるヒントである。
 それはリアルタイムに読者にも問われている。登場人物が発見するのが先か、私が先か。それを発見した者は、同時に奇妙な仲間に入ることができる。こうしてVシリーズはスタートした。これから「四季」シリーズに至るまで、時間軸にそって彼らと一緒に歩いていきたい、と私は考えた。いいですか、森さん?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/03 02:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/06 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/15 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/06 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/07 04:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/29 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/11 05:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/11 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/24 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/28 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/17 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。