サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. 男性向けコミックの通販
  5. 鷹月助教授の淫靡な日々 6 (アクションコミックス)の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2002.8
  • 出版社: 双葉社
  • ISBN:4-575-82728-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

コミック

紙の本

鷹月助教授の淫靡な日々 6 (アクションコミックス)

著者 艶々

鷹月助教授の淫靡な日々 6 (アクションコミックス)

税込 660 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

愛と肉欲の狭間で翻弄されてきた助教授の本懐とは

2009/11/23 21:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

【目白】 助教授を蔑み自らを蔑んで2晩のノンストップ情交におよぶ
【鮫島】 自ら赴くようになった助教授のカラダを味わいつつ理事長に“女”を斡旋する
【理事長】 鮫島との密約で助教授と関係を結び、助教授との約束を全うする

前巻から続く目白クンとの爛れた情交から始まる最終巻。全てに失望した目白クンが2晩に渡って助教授を責め続ける描写があまりにいやらしい。作者の素晴らしいところは、こうしたいやらし過ぎる状況づくりが絶妙に上手いことに加えて、たとえダイジェスト的であっても延々と続く情交に時の経過をきっちり感じさせてくれることである。読んでるこっちがクラクラしそうなほど興奮度の高い、本シリーズ以降の作品でも時折見られる秀逸な展開である。そして、ここに沙織が現れる。鮫島の策略によって一同に会する中で沙織の嫉妬という名の狂気が暴発、意外な展開を迎えることに。しかし、この沙織と目白クンの物語もビワの時と同様、失うものもありながら再出発の様相を見せる救いのある結末となっている。そして、自ら鮫島の元を訪れるほど肉欲に溺れ始めた助教授に最後の試練が訪れる。実は第3巻からの伏線とも言えそうな理事長の登場である。目白クンとの逢瀬がまたもやスキャンダル的に取り上げられるのだが、これは鮫島の姦計。これをネタに理事長が助教授を誘う。教授推薦のエサ付きで誘うのだが、これも鮫島の姦計である。誘うだけ誘って判断は助教授に任せることで、助教授の本性、淫らな本質を暴く最終段階となっている。ソファの肘掛けに両脚を乗せたM字開脚でTV出演の映像を背景に理事長から口淫責めを受ける助教授の姿は第1巻の鮫島へのお口奉仕を彷彿とさせ、これを経て助教授が自ら下した爛れた決断で幕を閉じるのである。第2巻で綺羅光作品からの影響について記したが、読み終えた時にあの名作『沙織』三部作を思い出した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。