サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ヒカルの碁 17 (ジャンプ・コミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヒカルの碁 17 (ジャンプ・コミックス)(ジャンプコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2002/06/04
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: ジャンプコミックス
  • サイズ:18cm/202p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-873268-8
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ヒカルの碁 17 なつかしい笑顔 (ジャンプ・コミックス)

著者 ほった ゆみ (原作),小畑 健 (漫画),梅沢 由香里 (監修)

ヒカルの碁 17 なつかしい笑顔 (ジャンプ・コミックス)

421(税込)

ヒカルの碁 17

400 (税込)

ヒカルの碁 17

ポイント :3pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ヒカルの碁(ジャンプ・コミックス) 23巻セット

  • 税込価格:9,68889pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (20件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ヒカルVSアキラ

2002/06/05 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽろん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻で中国から帰国した伊角と対局したヒカル。
自分の中に消えた佐為の存在を感じ再び囲碁の世界へ戻るヒカル。この17巻は復活したヒカルとアキラのプロになって初めての対局が描かれています。
アキラを追ってプロ棋士になったヒカルと、アキラの宿命の対決の行方は!?
なお、この17巻で佐為編の完結です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

少年たちの、友情の物語

2002/06/05 20:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

連載第148局でとりあえず一区切りつくことになった『ヒカルの碁』。もう、これ以上ない・これ以外あり得ないと言っていいくらい、素晴らしい区切り方だったと思う。延命を要求する声もあっただろう。だけど、『ヒカルの碁』を『ヒカルの碁』のままであり続けさせるために、今回の第148局を見事に描き切った作者とジャンプ編集部には溢れる涙を拭いながら心からの拍手を送りたい。

『ヒカルの碁』は単なる「碁マンガ」ではなく、実は少年たちの「友情」こそが核心のテーマである物語だった。今回、ヒカルと佐為の友情、は勿論のことだが、何よりヒカルと塔矢の友情の描き方が素晴らしいと思った。物語中盤、一時期の塔矢はただひたすら碁の道を極めんと邁進し、がしかしヒカル(佐為)の幻影を振り払い切れずにその人相はとても中学生とは思えない深み・暗みと迫力に満ちていた。ヒカルも、塔矢の目を佐為ではなく自分に向けたいがため、塔矢と同じプロの土俵への執念を燃やした。

この間、ふたりはほとんど会話らしい会話・接触らしい接触をしていない。それがどうだ、ついに念願かねって対局が実現、碁を通してお互いがお互いを完全に理解し合い、一気に霧が晴れていったふたりの表情を見よ。これからふたりは何百・何千という対局を重ねていくのだろう。最高のライバルと認め合い、ふたりにしか分からない絆を深めていくのだろう。これは例えば『ドラゴンボール』における孫悟空とベジータ、『スラムダンク』における桜木花道と流川楓には決してあり得なかった関係性の描写である。そりゃそうだ、『ヒカルの碁』は中学生になったばかりの少年たちが主役なんだから。これほどまでに純度の高く・かつ深い友情はこの世代にしかあり得ないことを僕らはみんな知っている。だけど、きっと同じく中学生マンガ『テニスの王子様』にはこんな関係性の描写は今後もあり得ないだろう。

数回の読み切りシリーズを経て、この春に『ヒカルの碁』は連載を再開した。それはそれで、期待している。だけど今言いたいのは——佐為、ありがとう。そして、さようなら。

井戸掘りより転載

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

で、どーなるのさ

2002/06/06 21:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:茶羅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐為が消えて落ち込んでいたヒカルがついに始動を開始しました。気持ちの変化ってやつです。で、どうしてそうなったのかというと、依然佐為は戻ってこないんですが、碁を打つことが佐為と自分をつなぐことだと気づいたわけです。
ヒカルは連勝を続けます。そして、いよいよ塔矢アキラと大戦するのです。この闘いは囲碁界の新しいうねりとして世間を震撼させます。結局ヒカルは塔矢に負けるのですが、本人もさっぱりしていますし、私たち読者もさっぱりします。つまりこれからヒカルの成長は進んでいくのです。
で、いなくなった佐為ですが、やっぱり戻ってきません。ヒカルの夢の中に現れるのですが、やっぱりそれは夢の中なんです。そして、十七巻が終わります。ただ、今までの巻と終わり方が全然違うのです。これで一区切り付いたって終わり方なんです。私のように佐為ファンにとっては「で、どーなるのさ」って突っ込みたくなる終わり方です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ここまで成長した

2002/06/13 11:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MIYO - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐為編、感動の最終巻です。「ジャンプ」の方では番外編を経て連載再開されましたね。今度は短編チックな連載です。
伊角との対局で消えた佐為を見つけたヒカル。ああ、感動でした。ついち一巻から読み直したりしてしまいました。
「碁」のことなんて、読みつづけているっていうのにぜんぜん解らないのに、なぜこの話がこんなにすきなんだろう、と考えると、やはりそれは、ヒカルその他プロを目指す、トッピを目指す人々に勇気付けられるからですね。
佐為が好きだったので、佐為編が終わってしまうのは残念ですが、アキラとヒカルが今後どうなってゆくのか、楽しみったらありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

佐為編終り!?

2002/06/13 17:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒカルは、姿を消していた佐為をようやく見つけます。
以前のような形では、やはりもう会えないようですが。
佐為のかわいらしさに、心和ませていた私にはさびしい限りですが、仕方がありませんね。
ただ、巻末の『「佐為編」終』の文字にはびっくり。
これって、佐為編だったんだ……。
次は何編よ〜ってな感じです。

本巻全体の展開としては良かったです。
16巻で、勢いが落ちたように感じていたものも、本巻では一掃された感じで、碁のシーンの迫力もスピード感も、ストーリー展開のリズムも良かったです。

佐為編が終わって、新シリーズということですが、どこまで続いていくのでしょう。
長くなりすぎて、話がだれなければいいのですが。
新シリーズも、期待したいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

『佐為編終』っていうより『第一部完』のような気がする

2002/06/28 00:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻ラストでようやく動き始めたヒカルの時間。
決心したヒカルの向かった先は、ライバル・アキラの所。
突然のヒカルの出現に驚くアキラ。しかしヒカルの決意を聞き彼の言った言葉は「追ってこい!」
ヒカルも手合いに復帰し、伊角もプロ試験に臨む。囲碁界が動き始める。
そして、遂にアキラとヒカルの直接対決が!
かってアキラがヒカルの力に失望してから、これでもかこれでもかとヒカルの力をベールに隠してアキラに見せなかった作者の真意はアキラに認めさせる為だったのか…と勘ぐってしまう(笑)
ヒカルの碁の中のSaiの存在に唯1人気づいたアキラ。
まるで最終巻を思わせる展開。
最後にヒカルの夢の中に全て悟ったような佐為が現れて…。
元々のスタートを思うと、佐為がいてこその『ヒカルの碁』だった気がするので、私自身は少し戸惑っている。
佐為からヒカルへ託された扇、ヒカルにはアキラと共に神の一手を目指して、頑張っていって欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バトンタッチ

2017/06/03 10:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐為が消え、自分の力だけを頼りに棋士の高みへと歩き出したヒカル。一方、その傑出した強さで、歴戦の棋士達を脅かす存在となったアキラ。この巻でヒカルは佐為とお別れ。囲碁への想いも佐為の碁もヒカルは受け継ぐ。ヒカルの夢の中で佐為は黙って扇を託す。何の台詞もない静かな静かな別れだけど、すごく印象的で良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「佐為編」これにて終了

2002/07/24 01:12

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

少年囲碁マンガ・第17弾。第一部としての「佐為編」がこれにて終了する。なんというか、感動的ではあるのだが、当初の流れからすると「どうしてこうなっちゃったの…?」という印象が拭えない。設定の面白さと勢いに乗って始めたシリーズが、巻を追うごとに手詰まりになり、「えい、こっちにしよう!」と流れを強引に変えてしまった… そういう感じなのだ。いわゆる週刊誌にありがちなパターンで、最初が面白かっただけに、とても残念に思う。ただ、当初からの流れとかを一切考慮せず、一話一話を区切って楽しむのなら、これは優れたマンガであることに違いはない。今後を見守りたいシリーズ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『佐為編終』っていうより『第一部完』のような気がする

2002/08/15 19:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻ラストでようやく動き始めたヒカルの時間。
決心したヒカルの向かった先は、ライバル・アキラの所。
突然のヒカルの出現に驚くアキラ。しかしヒカルの決意を聞き彼の言った言葉は「追ってこい!」
ヒカルも手合いに復帰し、伊角もプロ試験に臨む。囲碁界が動き始める。
そして、遂にアキラとヒカルの直接対決が!
かってアキラがヒカルの力に失望してから、これでもかこれでもかとヒカルの力をベールに隠してアキラに見せなかった作者の真意はアキラに認めさせる為だったのか…と勘ぐってしまう(笑)
ヒカルの碁の中のSaiの存在に唯1人気づいたアキラ。
まるで最終巻を思わせる展開。
最後にヒカルの夢の中に全て悟ったような佐為が現れて…。
元々のスタートを思うと、佐為がいてこその『ヒカルの碁』だった気がするので、私自身は少し戸惑っている。
佐為からヒカルへ託された扇、ヒカルにはアキラと共に神の一手を目指して、頑張っていって欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヒカルとアキラ、それぞれの結論…

2004/10/04 10:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タララン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒカルは、伊角との対局中、自分の碁の中に佐為が存在していた
事に気付き、これからもずっと、
アキラと共に碁を続ける事を決意します。
そして、ついにヒカルとアキラの対局が実現します。
アキラは、ヒカルの碁の中に、確かに、佐為を感じたのです。
そして、ついに彼も、長い間追いつづけてきたヒカルと佐為の
謎に結論を出すのです。「ヒカルの中に二人いる…出会った頃のヒカル(佐為)と今のヒカルが。」また、アキラは「君の打つ碁が君のすべてだ」
とヒカルに告げ、ついにありのままのヒカルを受け入れてくれたのです。
そしてアキラは、ヒカルはやはり自分の終生のライバルだと感じるのです。
また新たなスタートを切った二人。そしてヒカルの夢の中には、
あのなつかしい、穏やかな笑顔の佐為が現れます。
佐為がヒカルに自分の扇を渡したのは、これからはヒカルが自分に代わって
神の一手を追求していってほしいという事を暗示しているのだと思いました。
アキラとヒカルの対局の結果は、あれでよかったんだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一段落

2015/10/27 20:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絶望詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻で、ヒカルの碁は一段落した感じ。
ヒカルの碁に対する想いが、この巻から一変する。
そして、ヒカルと塔矢を中心とする新しい世代が、囲碁界に旋風を起こそうとするさまに爽快感を感じることだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いなくなった佐為を見つけたヒカル

2017/03/11 18:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

再び神の一手を目指して歩き始めるのだ。囲碁部も続く。そしてヒカルと塔矢は高段者を次々に破っていく。塔矢行洋は中国の北京チームに所属。ライバルのプロでの初対決がはじまる。そして日中韓Jr杯。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/06 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/13 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/27 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む