サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境
  4. 生命科学・生物学
  5. 岩波書店
  6. 恋人選びの心 性淘汰と人間性の進化 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恋人選びの心 性淘汰と人間性の進化 1
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.7
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-022823-4
  • 国内送料無料

紙の本

恋人選びの心 性淘汰と人間性の進化 1

著者 ジェフリー・F.ミラー (著),長谷川 真理子 (訳)

恋人選びの基準とは? 人を魅力的に見せる言語、美術、スポーツ、創造性などの特徴は、自然淘汰では説明がつかない。恋人選びという視点から、性淘汰という考えを駆使してその謎を解...

もっと見る

恋人選びの心 性淘汰と人間性の進化 1

3,024(税込)

ポイント :28pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

恋人選びの心 2巻セット

  • 税込価格:6,04856pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恋人選びの基準とは? 人を魅力的に見せる言語、美術、スポーツ、創造性などの特徴は、自然淘汰では説明がつかない。恋人選びという視点から、性淘汰という考えを駆使してその謎を解き明す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジェフリー・F.ミラー

略歴
〈ミラー〉1965年シンシナティ生まれ。スタンフォード大学で認知心理学の博士号を取得。現在、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ経済・社会進化研究センター上級研究員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「心」は異性が進化させたのか——性淘汰理論の最前線

2002/08/30 12:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三中信宏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 きわどいテーマの進化本だ。曲解や拡大解釈をしようと思えば、これほど容易な本はない。冒頭で著者は、本書全体の柱となる主張——「私たちの心は、生存のための装置としてではなく、求愛のための装置として進化した」(p.4)——を提示する。誤解してほしいと言わんばかりだ。

 しかし、本書を正しく読むポイントは「配偶者選択による性淘汰の理論」——配偶者として異性に選んでもらえるような特徴が進化してくること——の理解にある。チャールズ・ダーウィンが1世紀以上も前に提唱したこの進化メカニズムは、ごく最近にいたるまで、進化学者の間ですら正当な扱いを受けてこなかった。

 著者は、まずはじめに、性淘汰理論がなぜ進化学において継子扱いされ続けてきたのかを明らかにする。そして、この20年ほどの間に復活を遂げたこの理論を武器にして、現在の進化心理学が解明を目指している「ヒトの心の進化」をターゲットにして話を展開する。話題は実に広範である。男女の体形の差異に始まって、言語、芸術、スポーツ、思想、宗教などを取り上げ、それらの進化的起源を性淘汰理論で説明しようとする。

「そんなのただのお話しでは?」——これは予期される反応である。提出された仮説を待ちかまえる洗礼としてのテストは、その次の作業となるだろう。むしろ、本書は、これまで説明に窮してきたさまざまな現象に対する性淘汰理論からの解答を提唱したことに意義があると私は思う。だから、そのまま鵜呑みにしたり、冷笑しておしまいにするわけにはいかない。

 本は読み手だけでなく書き手も選ぶのかもしれない。「ダーウィン革命はもっと性的革命に」(p.9)とか「人類進化をもっと物語的に考えるならば、恋愛コメディ」(p.588)とさらっと書いてしまえる著者が私にはうらやましい。

【目次】
巻I
1.セントラルパーク
2.ダーウィンの非凡さ
3.脳のランナウェイ進化
4.恋人にふさわしい心
5.装飾の天才
6.更新世の求愛

巻II
7.からだに残された証拠
8.誘惑の技法
9.育ちのよさの美徳
10.シラノとシェヘラザード
11.恋人を口説くためのウィット
エピローグ
謝辞
訳者あとがき
原注
文献
索引

【2巻はこちら】『恋人選びの心 性淘汰と人間性の進化 2』

【参考書】
ヘレナ・クローニン著(1994)『性選択と利他行動』工作舎
チャールズ・ダーウィン著(1999-2000)『人間の進化と性淘汰 1』『人間の進化と性淘汰 2』文一総合出版
アモツ・ザハヴィ,アヴィシャグ・ザハヴィ著(2001)『生物進化とハンディキャップ原理』白揚社

★【科学・技術・医学・建築サイトへ】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/13 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/05 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/17 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/23 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る