サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2002.7
  • 出版社: 京都大学学術出版会
  • サイズ:20cm/578,32p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-87698-138-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ニコマコス倫理学 (西洋古典叢書)

著者 アリストテレス (著),朴 一功 (訳),岡 道男 (ほか編集委員)

幸福とは何であるか、哲学の根本問題を平明な言葉で綴る不朽の古典。読みやすさを重視し、詳細な註を付して、一般読者が十分内容を理解出来るように配慮した日本語訳。【「TRC M...

もっと見る

ニコマコス倫理学 (西洋古典叢書)

税込 5,170 47pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幸福とは何であるか、哲学の根本問題を平明な言葉で綴る不朽の古典。読みやすさを重視し、詳細な註を付して、一般読者が十分内容を理解出来るように配慮した日本語訳。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アリストテレス

略歴
〈アリストテレス〉紀元前384〜322年。ギリシアの哲学者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「若者は政治学・倫理学の聴講者としてはふさわしくないであろう」

2009/01/19 00:08

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中堅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アリストテレスの倫理学は、幸福を究極目標とします。
しかし、訳者が解説で引用したウィトゲンシュタインは
幸福自体を望まない人間(=ニヒリスト)には、
倫理学は何も強制力を持たないんだよ、という、
ちゃぶ台を引っくり返す指摘をしています。

幸福に生きるためには、徳をもたなければならない⇒
なぜ徳が必要か⇒
性格の徳、思考の徳とは何か⇒
快楽とはなにか⇒
幸福な人間に友は必要か⇒
幸福とは何か
以上のような項目を講義するアリストテレスには、
ウィトゲンシュタイによれば、
最初から論理の飛躍があるらしいです。

「倫理学」には、
こういう胡散臭さは必ず付きまとうものだと思います。
究極的には教えられるものじゃないのに、
「学」なんて付いているから、胡散臭さが増してしまう。
だから、アリストテレスも冒頭で読者を選んでいるのです。
「若者は政治学・倫理学の聴講者としてはふさわしくないであろう」と。

この本に、倫理についての「答え」を求めても宗教ではないので、納得できる答えは見つかりません。
ですが、いかに生きるべきか?を考える人にとっては考える材料になる面白い本だと思います。
私が面白いと感じたのは、
・快楽と行為の関係(いわゆる快楽論?)、
・実践知(思慮)のアリストテレスの位置づけ、
・友愛についての考え(実感がこもっていて面白い)
・幸福は状態(ヘクシス)ではなく、活動(エネルゲイア)とする考え方
以上の部分です。

本書は丁寧な解説と索引がついています。
文庫で買うより高いですが、せっかく読むなら再読のとき役に立つこちらを薦めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/09/28 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/16 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/04 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/16 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/18 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/01 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。