サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生 一般
  • 発行年月:2002.7
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/231p
  • 利用対象:小学生 中学生 一般
  • ISBN:4-06-270117-0

紙の本

菊地秀行の吸血鬼ドラキュラ (シリーズ・冒険)

著者 B.ストーカー (原作),菊地 秀行 (著)

夜ごと美女の生き血を求めてさまよう、あやしい影。呪われた欲望の毒牙を剝き出しに、闇の化身、吸血鬼が今宵あらわる! 光と闇の闘争を描く怪奇ホラーの傑作。99年刊「痛快世界の...

もっと見る

菊地秀行の吸血鬼ドラキュラ (シリーズ・冒険)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夜ごと美女の生き血を求めてさまよう、あやしい影。呪われた欲望の毒牙を剝き出しに、闇の化身、吸血鬼が今宵あらわる! 光と闇の闘争を描く怪奇ホラーの傑作。99年刊「痛快世界の冒険文学16」をもとに再編集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

B.ストーカー

略歴
〈B.ストーカー〉1847〜1912年。アイルランドのダブリン生まれ。作家。1897年「ドラキュラ」がイギリスで発表されると大評判となった。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

菊地秀行さんの翻案の見事なこと!

2004/04/25 17:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブラム・ストーカーの名作『吸血鬼ドラキュラ』を、大の
吸血鬼贔屓として知られる菊地秀行さんが翻案した一冊です。
吸血鬼ドラキュラ。
吸血鬼作品の金字塔。
読者が吸血鬼もので真っ先に思い浮かべる作品は、やはりこれでしょう。

吸血鬼ドラキュラの完訳本は読んだことがありませんが、なんでもこの作品、
日記と手紙と新聞の切り抜きという複数の記録の組み合わせによって
できているのですね。それを菊地秀行さんは、物語の形式に翻案して、
非常に迫力のある作品に仕立ててくれました。

読み始める前は、「それほどの作品なの?」と高をくくっていたところも
正直言ってありました。でも、どうでしょう。
読んでいて、ぐんぐん、ぐんぐん話に引きずり込まれていきました。

圧倒的な力を持つドラキュラ伯爵。彼を前にして、敢然と立ち向かう
ヴァン・ヘルシング教授以下、五人の男たち。
そして、彼ら五人の中心には、ひとりの女性が。
その女性の勇気と健気さに、じーんときました。

この作品が刊行されたのは1897年。
イギリスのロンドンでは、かの名探偵シャーロック・ホームズが
活躍していた時代ですね。
話の中で、「ベーカー街に、優秀な私立探偵がいるそうだが」の台詞が
あって、あ、そうか、これはホームズとワトスンが活躍していた頃の
出来事なんだねと、にこにこしてしまいました。

この物語。さすが、後年の吸血鬼ものに大きな影響を与えた名作だけの
ことはありますね。筋はおおよそ知っているつもりでいましたが、にも
関わらず、ドラキュラ伯爵と人間とが命がけの戦いを繰り広げる様子に、
引き込まれるように読んでいきました。
これは、物語の縦糸と横糸を巧みに織り上げ、紡いでいった菊地秀行さんの
文章の力、見事な喚起力のおかげでもあったのでしょう。

面白かったです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/27 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。