サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

旅々オートバイ(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.8
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/410p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-127422-3
文庫

紙の本

旅々オートバイ (新潮文庫)

著者 素樹 文生 (著)

旅々オートバイ (新潮文庫)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

剥き出しの世界

2003/05/21 00:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えくと - この投稿者のレビュー一覧を見る

雑誌以外のいわゆる「本」は、年に数冊買うか買わないかの僕が、たまたま入った本屋で、たまたま平積みされていた本の山の一角に見つけた、単車が表紙の文庫本。タイトルだけをちょっと見て、ページをめくる事もなく、レジへ直行。
「いい歳をした大人がいつまでも単車なんか…」と言う「年齢だけ」は大人の方が未だに居るが、そういう方々はこの「すばらしい世界」の片鱗も覗いたことが無いんだろう? 僕は「趣味は単車です」と言い切ってはばからない「子供じみた」大人の一人かも知れない。でも、風をモロに受け、雨には濡れ、夏の日差しにはジリジリ焼かれ、冬の木枯らしに骨の芯まで凍らされる「快適」とは程遠い剥き出しの世界が、物理的にではなく、精神的にどれほど素晴らしいかを、単車に乗らない、興味も無い人にこそ知って欲しいと思う。例え読んだ後で「単車に乗りたい」と思わなくても、その片鱗くらいは、知っておいて損はしないはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

若いって素晴らしい!

2002/08/10 01:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みつはる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 恋人がいて、仕事もまったくやりがいがないというわけではない。けれど、「さすらい」というものをしていない。それが心残りだった著者はある日の朝、辞表を提出する。そして一週間後、オートバイに荷物を積んで旅に出る。
 自分は何者なのかという問いにぶつかった時、人はそこから切実な模索を始める。そしてそれが青春と呼ばれているものだと思う。
 オートバイで旅に出た著者は、日本中の道を行き、多くの人や土地と出会う。その出会いを通して自分とは何なのかという問いの、答えのきっかけを見つけていく。この本にはオートバイの旅による、著者のありのままの青春が書かれている。
 著者は「はじめに」の項で、オートバイの旅の精神世界を知らない人を、あくまでも自分本位の観点で断定するなら可哀そうとしか言いようがないと書いているが、僕はこの本を読んでない人を可哀そうだと思う。本当に大げさではなく、ここには若さのパワーと美しさ、そして純粋でしなやかな感性があふれている。
 「たとえば夕日の海岸線。たとえば北の露天風呂」。この帯にひかれて僕はこの本を手に取った。そして読み終えた僕は、まだ読んでない著者のデビュー作「上海の西、デリーの東」を求めて、本屋に走った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/04 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/04 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/17 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/16 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/06 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/28 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/23 06:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/01 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/08 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。