サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

 夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.8
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/258p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-53422-6

紙の本

やっとかめ探偵団と鬼の栖

著者 清水 義範 (著)

親子3人の失踪事件発生。一家の幼児は両親から虐待されていたらしい…。大人になりきれない人間と、人生経験豊かな名古屋の婆ちゃん探偵・波川まつ尾が対決する! 「やっとかめ探偵...

もっと見る

やっとかめ探偵団と鬼の栖

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

親子3人の失踪事件発生。一家の幼児は両親から虐待されていたらしい…。大人になりきれない人間と、人生経験豊かな名古屋の婆ちゃん探偵・波川まつ尾が対決する! 「やっとかめ探偵団と唐人お吉」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

清水 義範

略歴
〈清水義範〉1947年愛知県生まれ。「国語入試問題必勝法」で吉川英治文学新人賞受賞。著書に「蕎麦ときしめん」「金鯱の夢」「ゴミの定理」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

現代の悲劇をユーモアでやさしく包むミステリー

2002/10/03 01:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KON太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「いつまでたっても七十四歳ぐらいという、なかなか老けない女性」波川まつ尾が主人公で、近所の婆ちゃんたちが集まって事件を解決するという、名古屋弁満載の「やっとかめ探偵団」シリーズ第5弾(ぐらい)である。
 今回は、中編が2本立ての構成になっている。
 名古屋で興行した芝居のために書き下ろした作品ということが、わたしには最初から頭にあったので、文章を読んでいるうちに、舞台での演出や観客の笑い声が想像できてしまった。サービスカットならぬ「サービスせりふ」も入っていて、さぞや芝居を盛り上げたことだろうと思える。

 「やっとかめ探偵団と鬼の栖」は、全編、親と子の愛憎で縁取られている。
 夜、子どもが泣く声に不吉なものを感じていた波川まつ尾のもとに、少し離れたアパートの住人が失踪しているという情報が届く。しかも、夜な夜なその部屋からは子どもの泣き喚く声が聞こえていたらしい。さては、悲しい事件があったのでは、と浮き足立つ探偵団の面々だったが、そこへ関係者の死体が見つかったという新たなニュースが飛び込んできたのであった。
 第三章では、事件とは関連はないが、サイドストーリ的に、波川まつ尾が嫁いでいた頃の悲しい運命が語られている。親と子の悲しいいきさつがたんたんと語られていて、思わず涙ぐんでしまうほどである。

 「やっとかめ探偵団と唐人お吉」は、幕末の悲劇の芸者お吉になぞらえて、現代の悲劇を浮き彫りにする。
 同じ会社のパートタイムで働く女性4人組が観光旅行に訪れた先で、殺人事件が起こる。事情を聞きつけた探偵団も、さすがに近所で起こったことではないので何もできないでいたところ、第二の殺人事件が名古屋駅にある展望台で起こった。二つの事件の関連性は、そして犯人は誰なのか、波川まつ尾が推理を働かせ、ついに動き出す。
 この話の波川まつ尾は、かなり積極的に行動に出ている。みずから関係者へ事情を聞きにいったり、最後には犯人と二人っきりになったりもして……。あー、もう、これ以上は言えません!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/02/01 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/11 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/02 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。