サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「人生と幸せとお金」ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

文系にもわかる量子論(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-149619-0
新書

紙の本

文系にもわかる量子論 (講談社現代新書)

著者 森田 正人 (著)

文系にもわかる量子論 (講談社現代新書)

税込 734 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

文系?

2002/11/12 00:02

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紙魚太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「文系にも」とは、どういう意味だろう。僕は、科学や数学に関する本を読んだり勉強することは好きだが、文学も好きだし音楽を聴いたり、絵画鑑賞も好きだ。源氏物語の研究者が一般教養として遺伝子や量子論が、おおよそどのようなものであるか知っていても損はないし、逆もまたしかりである。文系、理系という区別は、日本のゆがんだ受験教育が生み出した区別で、単に、数学が苦手でさけて通りたい人と、そうでない人を区別しているにすぎない。この区別は芸術と科学という対立とは異なる。まあ、そんな議論は「二つの文化」のC・Pスノーや立花隆あたりにまかせて本題に入ろう。
 この本の良いところは、二つある。一つ目は基本的な数式がちゃんと記述されていることだろう。そういう意味では俗に言う「文系」(数式をさけて通りたい人)には不向きだ。しかし、しかし、少しでも興味があって努力しようとしている人にとっては、曖昧で抽象的な説明よりも、しっかりした説明の付いた数式の方が遙かに理解しやすいはずだ。例えば、光子や電子の粒子としての運動を表す式の中に振動数を示す変数が入っていれば、電子や光子が粒子と波動の二重性を備えていることはわかる。「そんなものか」程度に思っておけばよいのだ。難しいシュレーディンガーの波動方程式なんかも出てくるけど眺めておけばいい。二つ目は、光電効果や電子銃、放射線といった高校の物理2の教科書にも載っている理解しやすい現象から量子論に入っている点だ。逆に言えば、高校の物理の教科書内容に書いてあることを、もう少し優しく解説していると言うことになろうか。あくまで、量子とはどのような概念かと言うことに的を絞っている。あまり気にせずに先に進もう。索引がないので、最初の方は、記号や式のメモをとりながらの方が良いだろう。式が導き出される所なんかは高校の物理の教科書の方がわかりやすいかもしれない。パリティの保存とか、複雑なところは、無視しても良いだろう。高校の教科書から逸脱する部分にはもう少しわかりやすい説明がほしかった。「文系にもわかる量子論」というよりも、「興味のある人のための量子論」といった方が良い。量子論とはどんなものか少しかじってみたいという人にとっては良い入門書であるに違いないが、扉に「パソコンも携帯電話もMRIもこの理論無くしては実現しなかった」とあるので、そのような身近な具体例をいくつか入れて欲しかった。また、印刷ミスだと思うが、パリティの保存の所に出てくる式のsin(-x)=sinxはsin(-x)=-sinxの間違いである。入門書なので、次版には改訂と索引を望みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。