サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

現代美術を知るクリティカル・ワーズ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.8
  • 出版社: フィルムアート社
  • サイズ:19cm/276p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8459-0236-2

紙の本

現代美術を知るクリティカル・ワーズ

著者 暮沢 剛巳 (編)

難解なアートを易しく紹介するために、アートを広い視野でとらえ、映画、音楽、政治、美学、現代思想などの隣接ジャンルをフォローしながら、使いやすい相互参照性とコラムを充実させ...

もっと見る

現代美術を知るクリティカル・ワーズ

税込 2,160 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

難解なアートを易しく紹介するために、アートを広い視野でとらえ、映画、音楽、政治、美学、現代思想などの隣接ジャンルをフォローしながら、使いやすい相互参照性とコラムを充実させた、アートを読み抜くキーワード283。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

暮沢 剛巳

略歴
〈暮沢剛巳〉1966年生まれ。美術・建築・デザインなどを対象に執筆や翻訳活動を行う。著書に「美術館はどこへ?」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こんな本、待ってました!

2002/11/25 22:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヲナキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 美大や美術系専門学校で専門的な教育を受けたことのないボクのような門外漢にとっては拍手喝采ものの一冊。最新アートに読み解くためには欠かせない重要なキーワードを体系的に網羅した本というのは、これまでありそうでなかった。近代絵画以降のアートシーンを紹介した本ならたくさんあるのだが、それでもせいぜいウォーホールやリキテンスタインといったポップ・アートどまりで、それ以降の美術界の事情を知ろうと思えば、浅くて狭い内容の入門書を読むとか、雑誌の特集を拾い読みするとか、各々のアーティストの評伝を読むとか、こまめに展覧会に通うしかなかった。

 この本は2つの点で画期的だと思う。1つは、現代美術の動向や概念を個別にわかりやすく説明した「事情」、現代美術を語る上で欠かせないキーパーソンを紹介した「人名」、という2種類の項目を目次に設けることで「辞書」としての機能を果たすこと。図書館で借りてきて読むのもいいが手許に置いておくと非常に重宝するはずだ。もう1つは、それらのキーワードを年代別にまとめることでつぶさに現代美術の流れを俯瞰できるということ。1950年代から1990年代に至るまで10年単位に大きく5つのパートに分けて、各時代のエッセンスをなすキーワードを基にその史的展開をわかりやすく(しかし情報は凝縮して)叙述してくれている。一冊読みきれば斯界に関する基礎体力が十分に養われるはず。一応「入門書」という体裁をとっているそうだが自己韜晦にもほどがある。この本をアリアドネの糸に美術界という迷宮を探検すれば恐いものなどなにもない。

 美術分野のみならず、フランク・ザッパ、ローリー・アンダーソン、ジョン・ケージ、ジョナス・メカス、ゴダール、ドゥルーズ、デリダ、ソンタグ、などなど、時代を記述するためには外せないクロスオーバーな人々への言及も忘れてはいない。痒いところにまで手が行き届いたナイスな編集がとてもありがたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お勉強になりました。

2006/04/03 05:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:irimoa - この投稿者のレビュー一覧を見る

「srtscape」で、いかに自分が思想史に詳しいか、気を吐いていた暮沢にしては、ま、ありきたりの「教科書」。というか構成自体が面白くない。お勉強屋さん。理屈屋さんには好著でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/04/18 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

芸術・美術 ランキング

芸術・美術のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。