サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. 男性向けコミックの通販
  5. そらトびタマシイ (KCデラックス)の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2002.8
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-334583-4
コミック

紙の本

そらトびタマシイ (KCデラックス)

著者 五十嵐 大介 (著)

そらトびタマシイ (KCデラックス)

税込 964 8pt

そらトびタマシイ(1)

税込 660 6pt

そらトびタマシイ(1)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 117.0MB
Android EPUB 117.0MB
Win EPUB 117.0MB
Mac EPUB 117.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

見者のヴィジョン

2003/06/02 07:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まれに、普通の人には容易に伺うことのできない異界を望む才に恵まれた者がいて、さらにその中のごくごく少数の者が、自分がかいま見たヴィジョンを他者に伝えるなんらかの術をもつことがある。五十嵐大介は間違いなく、そうした、二重の意味で希少な資質に恵まれている。これは、きわめて希有な例であると思うが、そうした資質に恵まれることが果たして幸運といえるかどうかは、かなり微妙な判断が必要となりそうだ。
 本書に収録されている「産土」、「熊殺し神殺し太郎の涙」、「未だ冬」、それに、表題作の「そらトびタマシイ」などの作品群は、表層的な部分に注目するのなら、古典的民俗学的世界観から題材をとっているように見える。例えば、「そらトびタマシイ」でいえば、三十五ページの、ルゥキィと合体した美代子の姿や、「熊殺し神殺し太郎の涙」太郎たちが森を彷徨するシーン(八十五ページ)や不死人形の少女が「きれいにおけしょう」するシーン(九十八ページ)などの騙し絵のようなコマなどは、イメージとしてもかなりユニークで、また、作中のストーリーの中でもかなりの比重を持つ。
 こうした想像力は、ちょっと類例を思いつかない。ともかく、「想像力の質」が視覚的な要素のほうに多く偏向しており、それを「物語のチカラ」で説明づけたり適当な終始をつけようとした形跡があまり認められないあたり、一種の潔ささえ感じる。例えば、「熊殺し神殺し太郎の涙」の終わり方、などは、「物語」の観点から見たら予測される収束の方に向かわず途中で放り出したような印象が強く、多くの人に居心地の悪さ、座りの悪さを感じさせるものだと思うし、「そらトびタマシイ」、「すなかけ」、「le pain et le chat」などの作品群にしても、もっときちんと盛り上がって結末つけて、いわゆる「成長物」のパターンに嵌めた方がすっきりと読める人のが多数派でありましょう。
 しかし、子細に作品をみるうちに、「これはこれで正解かな」と納得させるだけのものを内包しているのにも、気づいていく。それは、場の空気であるとか人物の表情であるとか視覚的な要素が持つチカラや面白さがストーリー的な結構の放棄した上で、なおかつ、有効に機能している、ということなんだけど。

酩酊亭亭主

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

好みに刺さる

2021/08/31 23:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Cogwheel - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前読んだ同作家の『魔女』と同じくらいお気に入りの作品になった。収録されているどの話も良いが、個人的には『熊殺し神盗み太郎の涙』『すなかけ』が特に好みで刺さった。 今回は電子書籍で購入したが、紙媒体でも手元に置きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/07 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/10 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/07 03:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/20 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/23 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/22 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/29 02:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/28 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/07 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/11 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/08 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/26 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/30 03:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。