サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 映画の通販
  5. 洋泉社の通販
  6. 〈映画の見方〉がわかる本 『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』までの通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 67件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.9
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:19cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89691-660-3

紙の本

〈映画の見方〉がわかる本 『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)

著者 町山 智浩 (著)

「時計じかけのオレンジ」も「タクシードライバー」も実話だった。わからない映画がわかり始める隠された事実の数々。『映画秘宝』連載中の「Yesterday Oncemore」...

もっと見る

〈映画の見方〉がわかる本 『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「時計じかけのオレンジ」も「タクシードライバー」も実話だった。わからない映画がわかり始める隠された事実の数々。『映画秘宝』連載中の「Yesterday Oncemore」に加筆し、単行本化したもの。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

町山 智浩

略歴
〈町山智浩〉1962年、東京生まれ。早稲田大学法学部卒。宝島社で『宝島』『別冊宝島』などを企画編集。95年、洋泉社にて『映画秘宝』創刊。著書に「アメリカ横断TVガイド」などある。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー67件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

60年代後半から70年代にかけてハリウッドの胡散臭さに矢を放った映画作品の文化的表象について語った書

2010/11/05 22:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 この著者・町山智浩の著作にはいつも大きく目を見開かされる思いをしてきました。その著作は一通り読んできたつもりでした。しかし今ごろになって本書を読んでいなかったことに気づいたのです。今から4年前に「〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション)」は読んでいたというのに、その正編にあたる本書を素通りしていたとは、不覚でした。

 本書は、1960年代後半から70年代にかけて、ハリウッドの映画が夢工房であることをやめた時期を象徴する作品をとりあげて、それぞれがどういう社会状況の中で生まれた映画なのかを読み解いていくという書です。絵画でいえば、例えばルネサンスがどういう宗教的・経済的な社会変革によって生み出されたのかを探っていくような試みを、映画でやってみようということです。

 取り上げられている作品は『2001年宇宙の旅』『猿の惑星』といったSF作品から、『俺たちに明日はない』『卒業』『イージー・ライダー』といったアメリカン・ニューシネマ、『タクシードライバー』『地獄の黙示録』といった作品です。映画の教科書に出てきそうな錚々たるラインアップです。

 もっとも勉強になったのはコッポラの『地獄の黙示録』について記した章です。
 そもそもこの作品の英語の原題『Apocalyps Now』というのが、最初に脚本を書いたジョン・ミリアスがベトナム反戦運動のスローガン『Nirvana Now』に対してあてつけでつけたものであること、そしてそれを読みとり損ねたコッポラの映像作品は「欧米の文明社会こそ空虚である」という認識を欠いたものに仕上がっているという点は、大変興味深く読みました。

 さらに本書の圧巻は、一連の60年代~70年代の反体制的な映画のありようが、シルベスター・スタローンの『ロッキー』の出現によって終止符を打たれたとする点です。『ロッキー』がそんな風に時代に区切りをつける役割を担っていたとは思ってもいませんでした。

 そして著者は続編「〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション)」で、レーガン政権発足とともに保守回帰したハリウッドにあって、それでも時代のうさんくささに矢を放ち続けた少数派の映画作家たちにスポットをあてていくというわけです。

 著者には90年代、そして2000年代のハリウッド映画と社会の関係性についても今後ぜひ健筆をふるってもらいたいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

見たことある映画も、タイトルだけ知っている映画も、その奥のそこにあるメッセージにこそ作り手の言いたいことが、そしてその時代そのものが映し出されている。

2021/08/07 07:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

1960年台後半から1970年台にかけて、アメリカで制作された映画の「謎」を読み解く力作。

「映画秘宝」に連載されたものを単行本化。

20年近く前に出版された本だが、新しい発見がたくさんあった。

それは、本書で取り上げられた映画たちが難解であり謎解きが今でも語られて続けているからだ。

著者は豊富な知識と映画に対する造詣で、その謎に迫っていく。

見たことある映画も、タイトルだけ知っている映画も、その奥のそこにあるメッセージにこそ作り手の言いたいことが、そしてその時代そのものが映し出されている。

「映画の見方がわかる」とサブタイトルで言い切っているのもうなずける。


・「2001年宇宙の旅」--映画史上最大の「マジック」のタネ明かし。

・「俺たちに明日はない」「卒業」「イージー・ライダー」--ニュー・シネマという反乱。

・「猿の惑星」--猿が猿を殺すまで。

・「フレンチ・コネクション」「ダーティー・ハリー」--アウトロー刑事の誕生。

・「時計じかけのオレンジ」--レイプとウルトラ暴力とベートーベンがオレの生きがい。

・「地獄の黙示録」--戦場は本当に「地獄」なのか?

・「タクシードライバー」--孤独のメッセージ。

・「ロッキー」--70年台をノックアウトした男。

・「未知との遭遇」--星に願いを。


映画に込められたアメリカの社会について、大きく「わかる」ことができた。

「『ニューシネマ』というカウンター・カルチャーは、資本主義、キリスト教、戦争、人種差別、家族、親、大人に『NO』を唱えた。しかし、『では、代わりにどうするか』という答えを見つけられなかった。社会主義も、カルトも、ドラッグも、コミューンも、フリー・セックスもいろいろ試してはみたが、どれもうまくいかなかった」(P73)

そうなのだ。

あとは、この本を読んだ私自身がいかに「かわる」ことができるかだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに核爆弾級の読みごたえ!!

2002/09/09 11:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:神が書いた本のようだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かつてこれほどまでに映画を愛し、そのエッセンスを搾り出した批評家がいただろうか。著者は渾身の力を振り絞って観客が誤読または未解読のままにしていた長年の諸問題を明確な形にしている。

『時計仕掛けのオレンジ』とはスラングから引用されていることや、この作品に触発されていた人間から端を発する暗殺の連鎖。
また『2001年宇宙の旅』の様々な謎がどのように出現し、また後のキューブリック演出に決定打を放つことになったのか。
さらに『地獄の黙示録』『ダーティー・ハリー』等々にからむ驚愕の真実。

 徹底的に原著にあたり、また全てのソースを餓鬼のように漁り尽くした膨大な作業のなかから導き出されていく結論には、まさに創り手の真実に到達しようとする嬉しい狂気に裏打ちされたものだけに余談を挟ませない。

 著者の映画を理解し尽くそうとする執念は、まさに従来の“ぬるま湯的映画感想屋”の駄文を一蹴するものであり、その意味に於いて“町山イズム”を前にして生き残れる批評家はほんの一握りになるだろう。
 全ての批評家が彼に倣うべきであり、映画芸術の致死的な魅力に淫した男の誕生に喝采を送るべきだ!

 腐った批評家の本を数万冊積んでも、この本の一行にも値しない。
 感動と狂気を愛する者ならば誰しも一生に一度は読んでおくべき一冊。
 必読です。☆×10万

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

確実にかわります

2002/08/29 03:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

名作といわれる映画のビデオなり、リバイバル上映をみて「なんでこれが名作っていわれるの? ま、一応観たってことで」といつも済ませていたアナタ。この本を読むと確実にその考えは吹っ飛びます。なんでこれが名作っていわれるの、の向こうにあるものを実に丁寧に解りやすく記してあります。著者の1本の映画をトコトン突き詰める(あきれるほどに!)という姿勢がよく見えてきます。解説だらけの本は資料としては有用かもしれませんが、この本の良い所は「読み物」として成立しているということです。本書でとりあげている『ロッキー』は涙なくしては読めないし、『タクシードライバー』は深く考えさせられる内容になっています。また、ある映画作品が与えた影響と、及ぼされた映画(それに関わる人々)の関連性がわかりやすいような構成になっているので、「あ、さっきの項にでていた脚本家だ」と気付きやすいというのも良いですね。確かに自分の思った通りの感想もいいですし必要ですけど、せっかく観るのだからもう1歩ふみこんだ見方ができた方が楽しいですよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最近面白いと思う映画ってないよな……と思っている人にお薦め。

2003/03/11 06:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hybird - この投稿者のレビュー一覧を見る

 古今東西の映画を手当たりしだい観てきて、最近面白いと思う映画ってないよな……と思っている人にお薦め。映画の見方は量だけでなく質も大事と思い出させてくれる本。また映画を観てみてみようか!という気にさせてくれます。
 1967〜79年まで、「2001年宇宙の旅」から「未知との遭遇」までの、いわゆるアメリカン・ニューシネマの作品を中心として、時代や作品の背景を紐解き、なぜこれらの作品が面白いのかを解説してくれます。
 面白いというから観たけどよくわからないなあ、とか、なんでこれが面白いの?といった疑問の解決には、まさにウッテツケ。
 とにかく、わかりやすく纏め上げられていることが秀逸。取り上げられている作品がどれも馴染みのあるものであるため、今まで多くの人がいろいろな解説をしてきているが、ここまでわかりやすくこのジャンルを纏めたものはなかったのでは?
 作品の登場と当時のアメリカの時代的背景が切り離せないことを痛感するはず!!
 当たり前であるが、ここに書いていることだけが正解や最終であるわけでなく、これを土台として自分なりの見方で作品を楽しんでいくのがよいのでは?
 最近映画鑑賞に行き詰っている方は是非ドウゾ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。