サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

壬生義士伝 上(文春文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 382件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.9
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/463p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-764602-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

壬生義士伝 上 (文春文庫)

著者 浅田 次郎 (著)

壬生義士伝 上 (文春文庫)

724(税込)

壬生義士伝(上)

720 (税込)

壬生義士伝(上)

ポイント :6pt / 紙の本より4おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店千日前店

 なにかと暗いニュー...

ジュンク堂書店千日前店さん

 なにかと暗いニュースが多い昨今、ドラマ「竜馬伝」などで幕末の英雄が再評価されています。壮大な夢を追いかけた彼らの姿に憧れを抱くこともありますが、自分の凡人振りを見返すとやはり遠い世界の人たちだったんだなぁ、と思ってしまうことも。
 しかしこの作品に描かれた吉村貫一郎は、竜馬等と同じ時代を生きながらも、ただただ「夫および父」であることを貫いた男です。主義・思想のためでなく家族に仕送りする金を稼ぐために脱藩して新撰組に入隊、金に卑しいと蔑まれながらも報酬に拘って仕送りを続け、己が死んでそれが途絶えることを恐れてひたすら人を斬る・・・。独身生活を続ける私などには想像もつかない、堅い覚悟と家族への純粋な想いに、時間を忘れてページをめくり続けてしまいます。
 一人の男として目指すべき一つの完成型をまざまざと見せ付けられ、読み終えた後に何とも言えない衝動を残してくれる快作です。ぜひご一読ください。
文庫・新書担当 篠原

みんなのレビュー382件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

時代の大きな流れの中で真っ当に生きた貫一郎

2007/10/23 06:31

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人というのは、時代に流される。
社会といのも、時代に流されていく。
そのなかで、一人一人の人間も流されていく。
全てが大きな流れに流されていく。
その流れに乗るも、逆らうも、
つまりはその潮流のなかでのもがきであるから
どちらも同じような気もする。

善悪などの人の価値観までもが、
そのときの立ち位置によって大きく変わってくる。
まさしく「勝てば官軍」で、
勝ったほうが善、負けたほうが悪。
正義や守るべきものや、行くべき道が
時代の大きな流れの中で混沌としている時代。

だからこそ、
違う角度から見ると、全く違った一面が見える。
別の角度では見えなかった違った光を放つ。
それは、いつの時代や社会でもいえることなのかもしれないが、
明治維新の大きな転換期であるこの時代においては
極めて顕著にあらわれることなのかもしれない。

維新の頃の日本について、
新撰組や薩長、そして幕府が語られるとき、
その語り手の立ち位置によって、英雄と悪者の語られ方が異なる。
薩長側からすれば、会津や新撰組は敵(悪)になるし、
会津、新撰組からすれば、薩長は敵(悪)になる。
薩摩と長州との間には、また別の関係があり、
幕府とのそれぞれの関係、
近藤勇や土方やそれぞれの人間、
そのひとつひとつの関係にひとつではない物語がある。

一方的ではなく色々な立場から語られているのが、
この物語に深みを増している。
色々な人に、吉村貫一郎を語らせて、
様々な立ち位置から多面的に見せてくれる。
一人の人物をその多面的に見せることによって、
吉村貫一郎という人物の
人としての大切なものを貫き通し、
いかに真っ当に生き抜いたかというところが、
じわじわと沁み入ってくる。
そして、
彼の周りに居た者、一人一人もまた、
真剣に時代を生きたひとたちであったことを
深く感じさせられる。

時代に流されて、誰もが諦めかけていた大切なもの。
家族や故郷。
吉村貫一郎という人物は、それを諦めずに大切に生き続けた。
その強さと優しさに涙が溢れる。

貫一郎が想い続けた、美しき街、南部の盛岡。
岩手山、北上川、夕顔瀬橋、下ノ橋・・・
今の盛岡と変わらぬ名前が多く出てきて、
見慣れた盛岡の街が、また違って見える。
あぁ、盛岡の風。美しき街。
この美しい故郷が、貫一郎を支え、この物語を支える。

読むなら冬、のような気がする。
物語をすぐ近くで見ているような感じがする。
静かな冬の夜におすすめしたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「おもさげながんす、吉村先生」

2003/01/06 23:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:逢坂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 泣きたければ浅田次郎を読む。天国までの百マイルを初めて読んでからの、私のポリシーなのですが、今回もやはり、泣きました。
 主人公は吉村貫一郎。諸士取調役兼監察、剣術師範などをを歴任した、もちろん実在する新撰組の幹部です。それなりに新撰組の資料には目を通しているものの、詳しい人となりを知ったのはこの本が初めてでした。
 物語はさまざまな人物へのインタビューという形でもって進みます。その挿話として、貫一郎の独白が入ります。とにかく切なくて切なくて、皆が皆人間臭く、だから一層物悲しい。各々の登場人物たちが、確かにあの幕末の世に生きていたのだと、翻弄されていたのだと、そして吉村貫一郎が大切に思えて仕方がなかったのだと、肌に感じることのできる、お話です。中でも斉藤一の語る鳥羽伏見の戦いのくだりは秀逸で、新撰組のすべてを凝縮した、そして吉村貫一郎という人物像を鮮烈に描き出した、非常に印象に残るシーンでありました。
 また史実を感じさせるエッセンスもふんだんに含まれており、稗田利八のセリフには思わずニヤリと口許を緩めてしまいます。
 貫一郎は非業の死を遂げますが、どうかラストの大野次郎右衛門の手紙まで、しっかりと目を通して下さい。家族のために、義のために、命を散らした、誠の南部武士・吉村貫一郎。表題の意味が明らかになったとき、なんともいえない感動が胸に込み上げてくるはずです。
 実は映画の方も一足先に試写会にて視聴してきたのですが、原作を知っていると、より深くお話にのめり込めること間違いないです。本を読むときも、映画を観るときも、ハンカチのご用意を忘れずに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動でした。吉村貫一郎の一代記であると同時に新選組・戊辰戦争の歴史的記録でもある。

2016/11/22 11:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

感動でした。吉村貫一郎の一代記であると同時に新選組・戊辰戦争の歴史的記録でもある。
 物語は、南部藩を脱藩し新選組隊士として死んだ吉村貫一郎の過去を掘り起こすための取材形式で語られていく。取材対象者は当然新選組の生き残りを始めとする人々であり、大物では齋藤一(映画では佐藤浩一)が取材対象として登場する。登場人物は実在の人物ばかりであり、それが生存者の聞き書きという形で語られるため、歴史的事実であるかのように思えてくる。あまりに生々しいので、因みに後に東京府知事になる紀州藩士・三浦 安(1829年9月15日(文政12年8月18日)~1910(明治43)年12月11日)なる人物を検索してみたら、何と実在の人物であった。こうなるとその他の人物像に関しても非常に緻密な取材・資料確認をおこなってまとめ上げた作品のようである。武士の時代(徳川幕府体制)が終わったことを最も強く感じていたにも拘わらず、その体制の中でしか生きられなかったがために新選組に身を投じざるを得なかった吉村貫一郎の義と忠を貫き通した生き方に圧倒される。吉村貫一郎が鳥羽伏見の戦いで傷だらけになって京都の南部藩蔵屋敷に辿り着いたところから始まり、そこから時間をさかのぼって彼の生い立ち、脱藩、そして新選組での生き方が物語の大半を占めるが、吉村貫一郎が切腹して果てたあとは親友であった家老・大野次郎右衛門がどのような気持ちで彼に切腹を強いたかという謎解きと、吉村の家族と大野の息子との話が続く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

浅田作品の中で一番好きです。

2016/09/22 13:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なまけたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

浅田さんの作品は色々読んでますがこれが一番最初に読んだもので一番好きです。
この本を読んだら次の日きっと顔が腫れるくらい泣いてしまうので注意です。
最後じゃなくてもところどころで切なくて泣いてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

何度読んでもいい

2013/04/22 22:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kinchan1012 - この投稿者のレビュー一覧を見る

単行本、文庫本、電子書籍、都合3度読みましたが、読めば読むほど感動が深まります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

特に子供を思う親の心が

2004/09/08 09:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶたころちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 生きる要領というものがあるとすれば、主人公は要領の悪い方なのかも知れない。しかし上下を通して家族を思う心は夫であり、親となった時とても共感を持つところが多い。
 読んでしばらくしてどの場面が一番心に残ったかを考えると、私の場合、詳しい内容は読む方に任せるが、家族に残っているお金を、長男にまだ戦ったことの無い名刀を残すところだった。
 父親の家族や子供のための捨石とならんとする気持ち、とても共感し感動した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

浅田ハードボイルドの頂点

2003/12/29 17:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くれい爺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

神学者バロンは「キリスト教における神と個人の関係は、
神が垂直に個人を串刺しにしているのだ」といい、司馬
遼太郎はこの言葉を引いて「誰も見ていなくても神は見
ている。つねに神が個人を串刺しする。こういう厳しさ
が『愛』を生み、『倫理』を育てます。」と言っている。
この神と個人の関係が個人の倫理の物語であるハードボ
イルドの一つの原点という気がする。
翻って日本の場合を考えると、このキリスト教における
神と個人の関係に最も似た精神風土は「武士道と武士」
の関係だと思う。
歴史・時代小説がハードボイルド的な雰囲気を持ってい
るのはそのためではなかろうか。
人によっては「ハードボイルドの極北は、山本周五郎の
『樅の木は残った』だ」という人もあるらしい。
浅田次郎の「壬生義士伝」は正真正銘のハードボイルド
と私は読んだ。
浅田次郎はこの作品では、「義」こそが大事であって、
武士の考えた武士道はその「義」を「忠義」にすり替え
てしまっている、本当の「義」はそんなものではない、
と言っている。
「義」の本来は「人道正義」、「人の踏むべき正しい道」
だと言う。
では「人の踏むべき正しい道」とは?
それは読者それぞれがこの作品から読み取り、感じ取る
しかないだろう。
佐助の章に出てくる佐助の言葉にそれを感じたのだが。
浅田次郎はこの壮大なドラマで「義」を書ききったと思
う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

辛夷の花

2003/01/20 11:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てぬぐい - この投稿者のレビュー一覧を見る

一つ一つ、吉村貫一郎という侍の像に肉付けがされていく。
そして、その独白が淡々と、訥々と紡ぎ出される。
物語の中盤も過ぎ、その像がだいぶくっきりとした輪郭を結ぶころ、吉村が辛夷の花が好きだとつぶやく。
「ほかの花は温かくなってから咲くのに、辛夷の花だけは北風に向かって咲く」と。
なぜか突然、涙が止まらなくなった。
僕の中に形作られた、吉村貫一郎の像と、北風に向かって咲く辛夷の花が、あまりにもぴたりと重なり過ぎた。

新撰組は不思議だ。
百人いれば百通りの「カタチ」がある。
僕の中で土方は、この土方でしかありえないし、近藤にしろ沖田にしろ、それぞれに明確な「カタチ」を持っている。
そして、このカタチからはずれて描かれるとき、憤りすら覚えたりする。

これから先、吉村貫一郎がこの「カタチ」以外で描かれると、きっと怒ってしまうのだろうなぁ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それぞれの義を貫いた男たちの物語

2003/01/16 19:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T40 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともと新撰組に対してはあまり良い印象がありませんでした。多感な青春時代を司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」を読んで、彼を崇拝していたからだと思います。だから、新撰組を扱った本すら読んだことがありませんでした。お陰で変な先入観も無く、素直に本書に登場する彼らを受け入れることができたと思います。
読み終わってから気がついたのですが、ほとんど女性の発言が無かったと思います。会話の中にも、口述の中にも、回想の中にも。しかし、だからといって女性が不在だと言うわけではなく、貫一郎の妻しづや娘のみつは主人公に次ぐ、圧倒的な存在感を示していました。貫一郎は結局、いづやみつの事ばかり話していたということでしょうか。
いずれにしても、ここに登場する男たちは、それぞれに信じる己の義のために生き、そして死んでいきます。一見自分勝手のようにも見えますが、とてもそれを責めることはできません。家族を養うには、銭しかなかった。銭をもらうためには己の才能、特技である剣を使うしかなかった。彼の気持ちが痛いほどわかります。斉藤一を恐喝するあたりは、ちょっとやりすぎのような気もしますが…
貫一郎と同じく、妻と子供を持つ身としては、今の自分を見直さなければと、深く反省した次第です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死にざまの美学=生きざまの美学

2002/12/19 10:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「戦にて死ぬことこそがあっぱれ武士の誉れじゃなどと、いってえどこの誰がそんたな馬鹿なことを言い始めたのでござんすか。わしはわしなりに、四書五経ば修めてしみじみ思うた。孔子様はそんたなこと、ひとっこともおっしゃられてはおられね。君に忠、親に孝とは申されても、忠孝のために死せよとは申されてね」。
本を読んで涙を流すことはよくあるんです。通勤途上、喫茶店の中、我が家の居間、ところ構わずの体でお恥ずかしい次第です。浅田次郎の短編集『鉄道員』にもいくつか涙腺を刺激する作品がありましたが、『壬生義士伝』この長編はまた別格ですね。
涙で心が洗われるというのはこんな感情の昂ぶりを覚えたときにあるのでしょう。
文武ともに優れながら、裏切り者の汚名と家族を残し、南部藩を脱藩、新撰組隊士となった最下層武士、そして守銭奴のごとくカネに執着し剣を振るう。鳥羽伏見の戦から満身創痍で敗走、かつて仕えた藩の蔵屋敷で、文字通り地べたにはいつくばって命乞いに及ぶ。しかし、南部藩はいまだ朝廷か幕府かの旗幟を明らかにしていない。無二の親友であった差配役は冷酷に切腹を命じる。物語はここから始まる。
一言で言えば、死に際、大往生のための男の美学を徹底的に追及した物語。死にざまの美学は詰まるところ生きざまの美学と同義語であろう。人は何のために生きるか、死ぬかと(これから読まれる方のためにこの肝心なところは割愛します)。
「義、信義、忠義、武士道、男の道、任侠道、忠孝、至誠、情愛、」……これらの概念に何となく郷愁を覚える感性がまだ残っていますか。アメリカ流の文化・価値観が蔓延する今日的状況への焦燥感、ありますよね。八方ふさがり、生きることに疲れ、自殺でもしようかと考える自己喪失。他人を殺めたいという危険な自己主張。思い切って転職を考えている働き盛り。夫婦の絆が細ってきた中高年の貴方。明日は今日の延長上にないと実感し、ならばどうするか立ちすくむ時。お薦めします。
この正月には映画化されて公開されます。そういえば大島渚が不思議な新撰組映画を作ったがあれは新撰組を誤解させるし、面白いとは思わなかった。
「わしが立ち向かったのは、人のふむべき道を不実となす、大いなる不実に対してでござんした。わしらを賊と決めたすべての方々に物申す。勤王も佐幕も、士道も忠君も、そんたなつまらぬことはどうでもよい。石を割って咲さかんとする花を、なにゆえ仇となさるのか。北風に向かって咲かんとする花を、なにゆえ不実ともうさるるのか。それとも己らは、貧と賤とを悪と呼ばわるか。富と貴とを、善なりと唱えなさるか。ならば、わしは矜り高き貧と賤とのために戦い申す」。
「考えてもみろよ、旦那。西洋の文明に魂まで奪われたんじゃ、御一新どころか日本ってえ国が消えてなくなるじゃねえか」。
この語り口のカッコよさにオヤジ族はしびれるのだけれど、映画は小説をこえられるかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰も彼も早熟だったのか

2015/03/26 09:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

新撰組と吉村貫一郎の絡みに異常なまでの食いつきを露呈している。息子の嘉一郎の姿が涙ぐましくて何とも言えない。昔の時代は誰も彼も早熟だったのか。現代とは危機感のレベルが段違いだから当然なのかもしれないが、見習うべき点は少なくはないはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/21 10:52

投稿元:ブクログ

さすが浅田次郎!やっぱり浅田次郎!
これを読む前に「燃えよ剣」など新撰組について書いてある本を読むとよりいっそう楽しめます。
もっと言うと、下巻も準備して読んだほうがよいです。

2004/10/16 01:35

投稿元:ブクログ

DVDを見てから読んでよかったです。若い人は、DVDを一度見てから読むことをお勧め☆そうすることで、聞きなれない方言や喋りを違和感なくサクサクいけるようになります。

2004/09/29 02:15

投稿元:ブクログ

浅田次郎さんという作家を完全に見直した作品。時代背景の理解をここまでできる作家が今どれだけいるだろうか。新撰組というセンセーショナルな集団の中で吉村貫一郎にスポットを当てるという視点も驚愕の一言。でもとりあえず上巻はまだ「準備」です

2005/11/26 19:56

投稿元:ブクログ

確か正月に12時間ドラマでやってたのをとぎれとぎれで視た気がする。もう少し真面目に見ておけばよかった。映画もやってたしね。
新選組監察、吉村貫一郎を主役に据えた長篇。実在の人物ではあるが、これまでこの人の名を新選組物で見たことはない位地味な人なので、よく主役に据えたと正直思う。
新聞記者が関係者から聞き書きをしている体裁の章の合間に吉村の独白が入るスタイル。
近藤や土方も結構出演。でも存在感があるのは斎藤かな、やはり…。