サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

理科系の作文技術(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.7
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-100624-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

理科系の作文技術 (中公新書)

著者 木下 是雄 (著)

理科系の作文技術 (中公新書)

756(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

論理的文書力が向上する本

2004/05/29 20:15

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さにお - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私は自分のホームページを通して、年に数回取材を受けます。簡単な取材の場合は、メールで私が書いた原稿を送ります。その原稿はライターがきちんと読ませる文書にまとめ、雑誌に掲載されます。ライターが書いた原稿と私が最初に書いた原稿を見比べると、自分の文章力の低さを思い知ります。素人とプロの差は歴然でした。

 社会人になって中堅にもなると、多数の第三者に向けた文書を書く機会が増えてきます。また、自分のホームページでも、たくさんの人が私の文書を読んでいます。自分の文書力を向上させる必要性を感じる機会が増えるようになりました。そんな時、続「超」整理法・時間編(野口悠紀雄著)を読んでいて、本書を知りました。野口氏はかなり強く本書の一読をすすめていました。

 本書の目標は理科系の若い研究者・技術者、学生に表現技術(作文技術)のテキストを提供することです。視点として、「さきに結論を出してから本文をかく、トピックセンテンスはパラグラフの最初に書く、事実と意見との区別する」の3つが特に感じ入りました。内容の的確さに、版を重ね20年以上も読まれている理由がわかります。

 理科系でなくても、論理的な文書を書く能力は必要です。仕事でもプライベートでもその場面はあります。本書を読んで、作文技術を理解し実践すれば、文書力がもう一段アップすると思いました。

 こちらに要旨をまとめてあるので購入する前にぜひ読んでみて下さい。他にもビジネス関係の本の要旨がありますので、参考にして下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

研究者としてやっていくノウハウの全て

2003/05/12 23:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KAZU - この投稿者のレビュー一覧を見る

作文が苦手な理科系の方は意外に多いように思う。それは、普段の実験で実践している思考方法、ロジスティックな頭の中身を文章にするときに、ついつい見せかけを良くしようという下心が芽生え、文学的表現を試みるために起こる悲劇だと思う。何の事はない、普段の思考をそのまま簡単に、わかりやすく、着飾らない言葉で短く表現すれば、それが最上の作文になるのである。

研究者の文章作成のノウハウ本としてはバイブルと言われている本書を、私自身は職業研究者になってのちに読んだ。大学卒業後2年してからのことである。その後、本書は文字通り私にとっての文書作成のバイブルとなった。大学時代に読んでおけばよかった、願わくば授業で本書を使った「理科系の作文技術」なる講義があればよかったのに、とずっと感じている。

本書に足りないもの。それはインターネットに関連した事項、たとえば、e-mailやPowerPointを利用したプレゼンの仕方の類である。しかし、その基礎となる事項はすでに本書の中に、手紙の書き方や学会講演の要領として詳しく書かれており、それを現代風に応用すれば済むことである。

まさにこの一冊で、職業研究者としてやっていくノウハウの全て −研究立案から論文発表まで− を得ることが出来る。1981年に出版された噂のバイブルはその版を重ねて現在も出版されている。その事実が本書が「本物」であることの証明となると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ブロガーのための作文技術

2004/07/29 12:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:死せる詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ビジネスに必要な簡にして要を得た文章を書くためのHow to本の走りです。こと理系に属し、論文を書く人にとってはバイブルと言われる有名な本です。
 新書としては異例の改訂も行ないながら、既に20年以上に渡り50万部以上も売れています。

 理系の文書と一口に言ってもいろいろあるわけですが、本書では特に論文に力点を置いています。曰く、美文は不要であり、文からは極力装飾を除け。複文、重文を使わず短かい単文を使え。結論・トピックを先に出すように心掛けよ、等々。読みやすい論文を書くに当って心に留めるべき技術がたくさん紹介されています。

 改訂されたと言っても原著が20年以上も前なので、手書が前提です。従ってパソコンを使ったプレゼンテーション等の技術については触れられていません。それが多少残念に思ったのですが、この本を読んで内容を理解した人ならば、パソコンを使った文書の作成に、紹介されたテクニックを応用するのは簡単でしょう。

 自分も卒論を書く前にこの本を読んでいれば、と思わずにはいられません

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こういうのこそ,国語の授業で教えて欲しいんだが

2004/06/12 16:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 手を添えて箸の持ち方を教えるかのように,理系作文の一から十までを詳述.

「大づかみに言えば,理科系の仕事の文書では,主張が先にあって,それを裏付けるために材料を探すなどということはありえない」
「書くことに慣れていない人は,誰が読むのかを考えずに書き始めるきらいがある」
「記述の順序は重点先行主義で」
「各パラグラフにトピック・センテンスを置け」
「文章が脇道にそれるときは,そのことを明示」
「脇道が長くなるときは,別に分けて脚注で」
「私見と,一般的に思われる,の区別を」
 「意見,事実,推論」などの定義付け.
 意見記述のルール.
 事実の価値の高低.「意見には事実の裏打ちが必要」
 さらに,講演に際してのスライド,メモの作り方,マイクの使い方まであるとは.

 ただし,構成表を作れという部分は,川喜田二郎「発想法」のほうが優れている.

 理系なら必須.文系でも,目は通しておくべき.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

平成版「理科系の作文技術」が刊行されるべき

2011/05/30 02:11

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BCKT - この投稿者のレビュー一覧を見る


1 序章
2 準備作成(立案)
3 メモ術
4 文章の組み立て
5 パラグラフ
6 はっきり言い切る姿勢
7 事実と意見
8 わかりやすく簡潔な表現
9 執筆メモ
10 手紙・説明書・原著論文
11 学会講演の要領

きのしたこれおは1917年(東京都)生まれ。東大物理学科を卒業(41年,24歳)。「薄膜や固体表面に関する研究」に従事(wiki)。学習院大学学長(81-85年,64-68歳)を歴任して退職。同大名誉教授。


本書は名著だ。それは,私より読解力のある多くの人々が口を揃えてそう言うから。これに同意しない強い根拠を私が持ちあわせているわけでもない。例えば,「事実と意見の区別」(7)などは,当時雲霞のごとく叢生した馬鹿マルキスト大学経済学者たちが心得なければならかったことだ。ということは,本書は文系大学院生には影響力を行使し得なかったと言ってよい。また,本書は英語での学会発表の手順の一端を公開しているが,これは本書刊行後30年が閲しようとしていても,有効な試みだろう。しかし,本書について誰もが同じことを言うことは,表面的には付和雷同と選ぶところはない。独自性と特異性を持って独立していたいというもう一つの価値観と相反する傾向でもある。とすれば,本書の限界を語ることは,私以外の人が本書を読むうえで有効であろう。


その限界とは,時代的制約である。本書の初版は1981年。ということは,この時代は, 高度経済成長期が瓦解して低成長期を経て,二度の石油危機を経験した70年代を背景として,ぼちぼち大卒研究者層が出揃い始めたころだろう。当時の学界(学会)は巨大な研究会だったはずだ。それが,学会も参加者が増えて脱ムラ化=都市化し,論文公表も学会発表もその件数が増えていたのだろう。素人が増えれば,手法が混在する。その一本化には標準が必要だ。その標準として,本書は有用であったに違いない。時勢に適合したわけだ。あれから30年。理系における技術革新の激しさは,文系の比ではない。Macの爆発的浸透とWindows95の発売以降のこの15年で,個人的PC所有比率は激変した。インターネット環境も充実してきた。とすれば,当然,本書著者が勧めるやり方では間尺に合わない箇所が出てきているはずだ。現在,我々にはパワーポイントがある。誰かが本書の技術的側面における「バージョンアップ」を試みなければならないだろう。そろそろ誰かが本書をout-of-dateにする期は熟しているとみるべきだ。本書に次ぐ平成版「理科系の作文技術」が刊行されるべきだろう。

(1005字)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

理科系の作文技術(中古書)

2016/03/08 02:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ああ - この投稿者のレビュー一覧を見る

既知のこと以外にもいろいろの決まりがありそうだが、何処までの事を言っているか難しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/12 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/19 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/18 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/28 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/19 01:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/14 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/19 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/02 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/04 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む