サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

チョムスキー、世界を語る
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.9
  • 出版社: トランスビュー
  • サイズ:20cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-901510-09-6

紙の本

チョムスキー、世界を語る

著者 ノーム・チョムスキー (著),ドゥニ・ロベール (インタビュア),ヴェロニカ・ザラコヴィッツ (インタビュア),田桐 正彦 (訳)

20世紀を代表する言語学者にして最もラディカルな思想家チョムスキーが、メディア、権力、経済、外交、言論の自由、グローバリゼーションなど現代世界の主要な問題を語り尽くす。比...

もっと見る

チョムスキー、世界を語る

2,376(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

20世紀を代表する言語学者にして最もラディカルな思想家チョムスキーが、メディア、権力、経済、外交、言論の自由、グローバリゼーションなど現代世界の主要な問題を語り尽くす。比類なき知性が照らし出す衝撃的な世界像。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ノーム・チョムスキー

略歴
〈チョムスキー〉1928年米国生まれ。マサチューセッツ工科大学教授。生成変形文法理論で20世紀言語学に「チョムスキー革命」をもたらす。
〈ロベール〉フリーのジャーナリスト・小説家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

反体制だけに見える真実

2002/09/30 18:15

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:守屋淳 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いま、反体制的なスタンスってあまり人気がない。
 国家の横暴さや、権力の酷さ、今ならグローバルスタンダード反対などと語っても、「あんたの言っていることには代案がないんだよ、代案が!」(田原総一郎調)とかいじめられ、能なし評論家とか罵られつつシュワシュワと小さくなるのが関の山だったりする。
 しかし、そんな没落しつつある反体制に、いまだ輝き続けるスターがいる。
 ノーム・チョムスキー——「生成文法」によって、言語学に革命を起こしたといわれる知識人だが、世界や社会問題を語らせると、その舌鋒の鋭く強いこと。もちろん、アメリカ同時多発テロ後に出版されベストセラーになった『9・11 アメリカに報復する資格はない』(文藝春秋)などを読んだ方なら、書かずもがなのことだろう。
 本書は1999年の暮れにチョムスキーに対して行なわれたインタビューの翻訳であり、同時多発テロが起こる以前の状況を元に、世界を語っている。しかし、これがまさに今の世界状況を予見したような言葉だらけなのだ。
《米国・英国はかんたんに実力行使に出る国だと思われたいと望んでいるのです》
《今後の米国の立場は次のようなものになります。われわれの外交政策の要(ルビ:かなめ)は、核兵器である。われわれは核拡散防止条約(NPT)を破棄する。われわれは、たとえこの条約に加盟した国を相手にする場合でも、先手を打ってこちらから叩く権利を放棄するような約束をするつもりはない。われわれは、どの国に対しても、こちらから攻撃をしかけられる体制になければならない。つまり、受けた攻撃に対する報復としてだけでなく、予防的な意味合いでの先制攻撃である》
 イラクを攻撃しようとするアメリカの姿を、三年以上前にずばり指摘しているのだ。
 他にも、アメリカや西欧諸国のエゴの犠牲となり続けている世界の紛争地での悲劇や、国のプロパガンダに積極的に協力するマスコミの姿、大企業のやりたい放題の姿勢などを抉り、読んでいて鳥肌がたつような迫力、反体制だからこそ見える真実を提示する。
 印象的なのは、エチル社が開発・販売した有鉛ガソリンという商品の話。これは車のアンチノック剤として盛んに使われ、アメリカ経営学のカリスマであるドラッカーも『マネジメント』(ダイヤモンド社)の中でこの商品の成功プロセスを絶賛していたのだが……
《一九七二年、政府はついにこのガソリンを禁止しました。ちなみにこれが、環境保護への配慮から厳しくなった新法への第一号です。その結果、すぐに子供たちの体内の鉛の蓄積量の低下が認められました。このときエチル社は有鉛ガソリンをヨーロッパにもっていって売り、ヨーロッパでも禁止されると、こんどは第三世界諸国で売っているのです》
 輸入血液製剤による薬害事件などと同じ構図は、どこでも繰り返されているらしい。
 TVや新聞などの報道とは違う視点で、世界を眺めたい方に、ぜひ。 (守屋淳/著述・翻訳業)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/28 03:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/20 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/05 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/19 03:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。