サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. ダイヤモンド社の通販
  6. チェンジ・ザ・ルール! なぜ、出せるはずの利益が出ないのかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

チェンジ・ザ・ルール! なぜ、出せるはずの利益が出ないのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 79件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.10
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/328p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-42044-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

チェンジ・ザ・ルール! なぜ、出せるはずの利益が出ないのか

著者 エリヤフ・ゴールドラット (著),三本木 亮 (訳)

在庫削減を目標にERP(統合基幹業務システム)を導入。だがむしろ在庫は増え、利益を圧迫している。なぜ? コンピュータソフトウェア企業を舞台に、様々な障壁を乗り越えて競争優...

もっと見る

チェンジ・ザ・ルール! なぜ、出せるはずの利益が出ないのか

1,728(税込)

チェンジ・ザ・ルール!

1,382 (税込)

チェンジ・ザ・ルール!

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.6MB 無制限
Android EPUB 6.6MB 無制限
Win EPUB 6.6MB 無制限
Mac EPUB 6.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

在庫削減を目標にERP(統合基幹業務システム)を導入。だがむしろ在庫は増え、利益を圧迫している。なぜ? コンピュータソフトウェア企業を舞台に、様々な障壁を乗り越えて競争優位を確立するまでを小説仕立てで描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エリヤフ・ゴールドラット

略歴
〈ゴールドラット〉1948年生まれ。イスラエルの物理学者。著書「ザ・ゴール」で説明した生産管理の手法をTOC(制約条件の理論)と名づけ、その研究や教育を推進する研究所を設立した。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー79件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

SEとは何か。SIとは何かを考えさせられました。

2003/01/07 16:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山田太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

SIベンダにお勤めの方なら誰もが疑問に思っていることに対するゴールシリーズならではの1つの回答を見せてもらった気がします。
世の中にはSEと「自称」される方がたくさんいますが、どれだけのSEが本当にシステムエンジニアリングをし、システムをインテグレーションできているのか、またSIを進める先にある利益を出すということを今までのゴールシリーズ以上に具体的に考えさせられました。
SEと呼ばれている方に読んでほしい1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゴールシリーズは3冊まとめてお薦め

2002/12/06 01:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴールシリーズの第3弾となる本書もおすすめです。
前作、前々作に比べやや小説性が落ちたような気もしますが、すんなり読めて本質を分かりやすく理解できるあたりは本書でも健在です。
今回はコンピュータソフトベンダでの立場から、クライアントの生産性向上、製品在庫をテーマとして扱っています。後半部分はゴール1のTOCを再度復習するような感じではありますが、SE・SIベンダの方には現実味のある背景で語られ、クライアントの視点で考えるというのはどう言ったことなのか理解が深まるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

間違えだらけのシステム導入

2003/03/02 14:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さにお - この投稿者のレビュー一覧を見る

こちらに要旨をまとめてあるので購入する前に読んでみて下さい。他にもビジネス関係の本の要旨がありますので、参考にして下さい。
システムを導入することでどれだけ利益が増えるか?と聞かれたら、大体の人は利益の算出は難しいと答えるだろう。システム導入は企業活動が一元化できるとかシステムはインフラだから必要というのが理由としてあがる。本書はシステム導入で利益を増やすためにはどのようにすればよいか書いてある。結論は「部分最適化をベースにしたルール」を変えること。表題の通りチェンジ・ザ・ルールである。これからのビジネスにITは切っても切れない。IT化の根底を考えるにも良い本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小説としてはどうも…

2003/01/19 12:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひーちゃんのパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は物語仕立に書いてあるため、本が好きな人は、「小説」として読んでしまうかも知れません。
そうすると、ストーリー性や話の展開に、稚拙さを感じてしまうと思います(私も思いました)。
マネージメントとシステムが今後どういうふうに和解していくかということについて、
一つの回答を提案していると思います。日本企業では、システム部門が「収益部門の下請け」として、非常に軽視されているように感じます。
そういった風潮を少しでも変えるのに、この本が役立ったらいいな、と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/29 08:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/30 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/23 08:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/12 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/02 08:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/10 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/10 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/26 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/29 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/06 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/31 09:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

企業・経済小説 ランキング

企業・経済小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む