サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死都日本
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.9
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/520p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-211366-X

紙の本

死都日本

著者 石黒 耀 (著)

【メフィスト賞(第26回)】火山国日本は、幾度となく繰り返されてきた破局的大噴火によって形作られてきた。それがもし再び、明日起きるとしたら? 日本は第2のポンペイとなるの...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【メフィスト賞(第26回)】火山国日本は、幾度となく繰り返されてきた破局的大噴火によって形作られてきた。それがもし再び、明日起きるとしたら? 日本は第2のポンペイとなるのか? メフィスト賞受賞作家によるクライシスノベル。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石黒 耀

略歴
〈石黒耀〉1954年広島県生まれ。勤務医。第26回メフィスト賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

近く東海大地震も来るぞ…なんて妄想も止めどなく

2003/03/26 02:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キムチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『日本沈没』以来の超弩級スケールのクライシスノベルと言っていいでしょう。火山マニアの医師でもある作者のオタクっぽさが良い意味で炸裂してる科学的根拠の説得力。荒唐無稽に近いけれど、『絶対に来る東海大地震』的な潜在意識は誰でも持ってるわけで、どこか絶対大丈夫と信じ切れない火山大国日本列島の現状を認知している国民感情を不気味な大地の脈動を感じる日本人だからこそ描けた破局的いや破局噴火の列島破壊シュミレーションなのだ。火山噴火予知連あたりから国家的規模の裏作業として現実に起こりうる仮定としての富士山大噴火あたりのシュミレーションも実はすでに出来ていて、蠢く地底活動の予兆が静岡近辺でそこかしこに…なんて妄想を止めどなく想起してしまう超問題作。

 サイトで検索した講談社のメフィスト賞選考経過を読んでみると、なにやら火山オタクっぽいところを敬遠して「これじゃ売れない」とかご託を並べる部分に呆れましたが、無事出版されて何よりである(^_^;)。ポロッと出てくる作品の質に侮れない『メフィスト賞』。過去受賞作品もチェック致しましたが、そこはそれ…玉石混淆であるなあ、と。処女作品でここまで完成度高いと…おっと、完成度高いと誉めるのは火山噴火&パニック小説部分に限定しておきましょうか。留保付き★4つ。

 『神の手作戦』の経済ラハールからの起死回生策が、そんなに上手く行くんかいと経済オンチの小生にはチト引っ掛かるのだけれど、そこはそれご愛敬ということで(^_^;)。地球規模のスパンで人間圏を俯瞰出来る作家的スケールは素晴らしい。SFマインドを前面に押し出さずにクライシスノベルに徹したのも成功してるかな。ハラハラドキドキ黒木&岩切の決死行とキャラの立ち方が日本映画的で黒木夫人には沢口靖子あたりがピッタリに思えちゃったりして。リーダビリティも二重丸。九州地方。特に霧島火山帯にお住まいの方には、あまりのリアルさにゾッとする喪失感を身近で感じられるかもしれませんねえ。ぜひとも東宝での映画化希望します(^_^;)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ありうる危機を分かり易く描写

2003/09/07 19:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:良書普及人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一度読みたいと思っていた「死都日本」を一気に読みました。読むまでは、本の厚さに圧倒されましたが、読み始めると一気加勢でした。まるで火砕流のように。
昨年のお正月明けに、霧島連山を訪ねたこともあり、あのあたりの地理を思い浮かべながら読み進めることが出来ました。その後、東大の荒牧名誉教授とともに鹿児島を訪れる機会があり、先生から、入戸火砕流、姶良カルデラ、阿多カルデラ、鬼界カルデラなどのお話を現地の地形に即して伺う機会に恵まれました。その折の教授のお話と、石黒氏のこの小説が、面白いように重なり合いました。その折のわずかな経験からしても、この小説は決して荒唐無稽なものではなく、理論的に一定の確率でありうるものであると、確信しました。霧島火山は実は加久藤カルデラの一つの火山に過ぎない、ということも、現地の地理をよく見ると納得してしまいます。
小説では、火山の噴火に連動して、東海地震、東南海地震、南海地震、富士山噴火の連動にも触れていますが、これは決してありえない事ではないのです。現に1707年の宝永地震の際には、これらが連動しています。それに加え、元禄地震(関東大震災に相当する地震)も起きているのです。
地震考古学の東大の寒川教授は、以下のような所論を述べておられます。
・地震には100点満点の地震がある。
・1707年の宝永地震がそれで、この時には、南海トラフが全て割れて、南海、東南海、東海地震が同時におきた。そしてその4年前、1703年には相模トラフが割れ、江戸が元禄大地震に見舞われました。元禄地震は関東大震災の3−4倍の大きさで、マグニチュード8.3の巨大地震。
・そして、1707年暮れには富士山まで噴火し、この宝永噴火で江戸が真っ暗になっている。
・これが日本においては「100点満点の地震」である。

この小説では、関東地震を除外し、霧島火山を取り上げていますが、日本列島が、火山と地震によって成り立っている国土であること、それを国民が十分に意識していかなければならないこと、ショッキングな形で啓発してくれる良書だと思います。

一言内容に関し要望があるとすると、国と自治体を結ぶ情報ネットワークは地上系、衛星系を含め、それなりの体制があり、こうしたものも小説の中で材料としていただきたいと思った次第です。これは職業柄の故の希望です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/15 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/15 04:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/22 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/30 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/07 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/07 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/29 03:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/16 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/18 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/17 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/28 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/12 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/26 11:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。