サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. クロスファイア 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クロスファイア 上(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 185件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/395p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-73370-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

クロスファイア 上 (光文社文庫)

著者 宮部 みゆき (著)

クロスファイア 上 (光文社文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー185件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

異能の力を持った苦悩や生き方を模索する主人公と、暖かい余韻を伴った読後感が魅力の作品

2010/02/14 19:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

念力で対象物に火をつける能力を持った青木淳子を主人公とした小説。
超能力を持つ女性が主人公だが、超能力をメインにあつかったものではなく、他の宮部作品同様、生き生きと動く登場人物たちの苦悩や喜び、悲しみを描き、期待感に溢れるストーリー展開と、暖かい余韻を伴った読後感が魅力の作品である。

この作品には元となった短編小説「燔祭(鳩笛草に収録)」がある。
燔祭は、多田一樹との出会いと恋、能力での仇討ちによって、能力を持たない人間との擦れ違い、念力放火能力を持つ主人公の苦悩と生き方を描いている。その結末は、孤独で寂しい。

本作「クロスファイア」は、「燔祭」の生き方に対する一つの回答が描かれている。
迷いながらも能力を持った意味と使途に答えを出し、自分を『装填された銃』として、青木淳子は殺人し続ける若者の処刑を始めた。
悲壮の決意で闘いの道を選んだ青木淳子の姿は、使命感に燃えながらも孤独を感じさせる。
しかし同じ能力を持つ仲間との出会いは、彼女を孤独から解放し、ひとときの幸せと居場所を与えた。

その結末は、悲しく切ないものではあるが、能力に翻弄されてきたことを考えるとハッピーエンドに近いものを感じた。
宮部作品の中でも、特にしばらく余韻に浸ることができる読後感を持つ、五指に入る作品だ。


ところで主人公は、『人から必要とされる』ことに幸せを感じた能動的な性格であった。
彼女を思い心配する人がいても、壁を作り受け入れなかった。
もし彼女が『人を必要とする』受動的な性格ならば、少なくとも孤独ではなかったのではないだろうか。
この作品の暖かい余韻を残す読後感は、エピローグに登場する彼女を思う人たちによって作り出されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/25 13:03

投稿元:ブクログ

念力放火能力というありえない能力を持つ主人公の話まぁまぁ、楽しめるかな。つーか「竜は眠る」と話が微妙にかぶってる感がある。

2004/09/24 11:54

投稿元:ブクログ

宮部みゆき超能力ものとしては、映画になったこちらの方が有名か。主人公、青木淳子がどんどん歯止めがきかなくなっていく様に美しさと恐怖を覚える。

2004/09/30 16:12

投稿元:ブクログ

ごめんなさい、私は好きじゃないです。なんていうか、宮部さんの原点のような作品なんでしょうが、私的にはあまり興味がなかったです。世間に毒されている私には無理なお話です。

2004/10/07 17:04

投稿元:ブクログ

強大な力を持つが為に、今まで孤独な人生を歩んできた青木淳子。
復讐を繰り返し、自らを「装填された銃だ」と言い切る。そんな彼女による、世の中の悪の退治。また、それを追う刑事。
この刑事も幼少の頃に目の前で弟を小さな女の子に焼き尽くされた経験をもつ。
この世の悪に、刑事のように、遠回りながら、誰も傷つけないようにゴールを目指すのか、
特殊な力を用いながら、少量の犠牲なら仕方がない、と最短距離でゴールを目指すのか。

2004/10/12 01:21

投稿元:ブクログ

望まざる力を持ってしまった少女。それゆえの孤独。攻撃性の力は、人を傷つけ、その傷は自分にも刻まれてゆく。

2004/11/19 20:19

投稿元:ブクログ

超能力ものです。作者がインタビューで「私はこのような能力は信じてませんけど」と言ったのが軽くショックでした。

2004/11/20 05:10

投稿元:ブクログ

「念力放火能力」という超能力で悪を制裁する主人公…って、そんなのあり?と思ったけど、あまりの孤独さゆえに、物悲しくて切ない気持ちになる。関連ネタの「燔祭(はんさい)」を含む「鳩笛草」もご一緒に。矢田亜希子主演で映画化してるけど、先に小説を読んだ方が話はわかりやすいかな。でも映画では語りきれない。

2009/06/06 12:00

投稿元:ブクログ

とにかくはまった。結末も意外で良かった。
共感とは違うけど、ずっと見守っていきたくなるようなストーリーだった。

2006/10/15 23:43

投稿元:ブクログ

<内容>4人の若者が廃工場に瀕死の男を運び込んできた。若者達の会話は信じられない凶悪なものだった。人を殺すことを楽しんでいるような人種がいる。許せない。目撃した青木淳子は、力―念力放火能力を放ち、3人の若者を炎上させるが残る1人の若者は逃走。淳子はその1人を追う。現場を訪れた石津ちか子刑事は、不可解な焼殺の手口から、数年前に起きたある事件を思い出していた。<感想>あまりに人が死ぬので、最初の方は気分悪かった。後半からやっとストーリーを追える感じに。

2005/02/03 15:48

投稿元:ブクログ

■説明
念じることで、思う場所に発火させることができる「パイロキネシス」という能力を持つ主人公青木淳子は、今まで警察で裁けなかった犯罪者たちに人知れず制裁を加えてきていた。
 この能力の暴走をを抑えるために、時々熱量を放射させるひつようがあるのだが、放射させようとしたときに、たまたま犯罪現場に居合わせてしまう。

■感想
主人公は女性であるけれども、ハードボイルドなイメージをもつようなストーリーで、宮部みゆきの今まで読んだ本とは多少異質な感じがする。
 展開も、どちらかというと、中学生くらいから一生懸命に読みそうな雰囲気の「エスパー能力あり」「恋愛あり」というようなもの。
 どうやら、連載されていたものらしい。上下巻に分かれている長編小説だ。

  他のものに比べて、若年層向けという感と連載という感じで、内容は重苦しいが、軽い仕上がりになっているようだ。
皆が皆そうかどうかはわからないが、子供の頃に「超能力」などにはまった時期があった、その頃に読み漁りそうな本だなあ。という印象が強い。

結末はhttp://pon.sub.jp/blog/archives/000413.html

2006/08/31 21:45

投稿元:ブクログ

 再読。
 淳子の、力が主体か、淳子自身が主体か、という問いが、現代の人間疎外の問題と重なった。犯罪被害者や世の中にときとして現れる「不思議」の存在の肯定、という意味では、面白いテーマを扱っているし、考えさせられることも多い。でも、やっぱり、「パイロキネシス」を持ってそれを具現化しようとするところに、リアルさの欠如があるように思う。結局、「物語」としてしか捉えられないでいる。

2005/06/22 00:19

投稿元:ブクログ

宮部みゆきの超能力もの。
法律で裁ききれない犯罪者を、その特異な能力で裁く主人公の話。
正義の所在を考えさせられる本。

2005/04/25 15:33

投稿元:ブクログ

コレは先に映画を見てそれから原作を読みました。宮部みゆき=ミステリ作家。ミステリは結構苦手なので読めるのかしらと思いましたが全然読めます。特殊能力を持った主人公を初めありとあらゆる力を持った登場人物が出てきます。主人公の視点とそれを追うもう一人の人間の2つの視点から話が構成されています。

2005/05/07 23:30

投稿元:ブクログ

念力放火能力者の話。自らの力を使って凶悪犯を処刑するのはある種爽快感があった。苦手なSFだけど受け入れやすく読めた。