サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ST警視庁科学特捜班 毒物殺人

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ST警視庁科学特捜班 毒物殺人(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/353p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273539-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ST警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)

著者 今野 敏 (著)

〔「ST警視庁科学特捜班毒物殺人」(1999年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

ST警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)

669(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価3.5

評価内訳

2006/05/01 02:11

投稿元:ブクログ

この今野敏氏の小説は本作がたぶん初読。一応シリーズモノのノ第二作目らしいけど、コレ単体でも読めますよ。
なんか科特チームの面々、ゴレンジャー張りのカラフルなキャラ立ちまくり人間勢ぞろいって感じだが、あんまし本作だけだとそれほど目立った判り易い活躍はないな。まぁ普通に楽しめる作品ではあるけど、あくまでも暇つぶしってトコか。

2011/10/07 18:25

投稿元:ブクログ

東京・新宿の公園で若い男の変死体が発見された。そしてまた不可解な変死事件が…。個性派揃いの警視庁科学特捜班の面々が動き出した。事件の背後には、宗教にも似た自己啓発セミナーの存在が浮かんできた。テレビ局の有名女子アナの身に危険が迫る―。土壇場に意外な展開をみせる究極のサスペンス。 (「BOOK」データベースより)

前作では応援してあげたいと思っていた百合根警部、本作ではちょっとヘタレすぎて、腹立たしい思いもしたり。
STのメンバーは相変わらずステキです。
怪しいセミナーには近づくべからず。

2009/05/03 06:56

投稿元:ブクログ

2009年4月期のTBSドラマ「ハンチョウ〜神南署安積班〜」関連で借りてみました。同じ今野敏作品です。STシリーズは警視庁科学特捜班の活躍を描いています。サイキックな感じの登場人物にちょっとついていけませんでした。図書館予約数は0(09/05/02現在)です。

2013/11/28 18:04

投稿元:ブクログ

STシリーズの2作目。

2作目にして、いきなりST解散なんて話が出てきますが、その話が出てきたことがよかったのか、メンバーがそれぞれの役割を果たして、事件解決へと向かっていくカンジが出てきたかなぁ。
バラバラのように見えるメンバーも実は仲間意識持ってまとまりつつあるし、菊川もSTを認めてきたし。
百合根は相変わらず頼りない感じだけど、それでもちょっとずつキャップらしくなってきたような。

犯人は何となくわかってるんだけど、その犯人をどう追い詰めていくのか…っていう過程が楽しめるからいいかなぁ。
百合根が言ってたんだけど、ジグソーパズルのピースが1つずつ埋まっていくカンジ。

回が進むほどどんどん面白くなってるなぁ。

2008/01/25 10:40

投稿元:ブクログ

殺人の動機がちょっと弱いけど、読みやすいし前作よりSTと刑事たちのチームワークがでてきたところが読みどころ。

2009/11/16 20:13

投稿元:ブクログ

STシリーズ2作目にして、ST解散の危機!回避するために頑張る百合根だが、STの面々は相変わらずマイペース。空回りするわ頼りないわキレるわで、今回百合根が散々です(笑)

2009/01/17 13:55

投稿元:ブクログ

公園に死体が発見され、それがフグ毒による殺人だとわかる。また同様に二人目の犠牲者が。SMだったり、ゾンビだったり、最初は?という感じでしたが、そういう風に繋がるのですね!

2007/07/30 23:22

投稿元:ブクログ

警察キャラ小説。1stと同じでがっくり。とりあえず百合根くんがキャリアなのにおバカすぎて泣けてくる。純然たる警察小説だと思わずに読めば面白い。警察のライバル視とか紋切り型なのだ。7人ぞろぞろ事情聴取に行くのはなんか可愛い。戦隊ものみたい。いつもは個性強くてまとまらない仲間だけど、戦う時は7人勢ぞろい。やっぱ翠ちゃんピンクで。

2010/01/31 14:50

投稿元:ブクログ

STシリーズ第2作目。
百合根キャップ、もうちょっとSTメンバーを信じ、ガンバレ!
と言う感じでした。
菊川さん良い!!

2009/01/02 21:28

投稿元:ブクログ

2008/11/10 ジュンク堂シーア住吉店にて購入
2008/12/29~2009/1/2

本作はSTシリーズの2作目。
ホームレスのテント村で発見される外傷の無い死体。借り出されたSTメンバー達は相変わらず邪魔者扱いを受ける。その後、別の公園で同様の死体が発見される。一方、ストーカー被害に悩む美人アナが恋人のレストラン経営者に自己開発セミナーの主宰者を紹介され、のめり込んでいく。STメンバー達は解散に追い込もうとする川那部検視官の鼻を明かすことができるのだろうか。

 本作もSTシリーズ一作目と同様、メンバーの特異才能がいかんなく発揮されている。まあ、エンターテインメントとしては楽しめる。(実際こんなのがいたらえらいことだろう)
 展開は急で面白いのだが、ちょっと1作目よりは薄っぺらい感じがした。が、十分楽しめる作品であった。三作目にも期待。

2008/04/29 10:01

投稿元:ブクログ

新興宗教がらみの殺人事件を追うSTの活躍を描く。
5人のキャラクターの面白さや警察機構の話などこのシリーズの魅力はたくさんあるが、主人公の百合根警部の普通さが光る。

2008/01/18 03:38

投稿元:ブクログ

「ST 警視庁科学特捜班」シリーズ第二弾であります。
代々木公園で若い男の変死体が発見された。その現場に特捜班のメンバーもいた。毒物で死んだと判明してすぐに、同じ毒物で世田谷の公園で変死体が・・。
同じ頃テレビ局の有名女子アナが彼氏に紹介され、自己啓発セミナーに参加。理由は、ストーカーの存在仕事での悩みだった。彼女は、セミナーの主催者と出会い色々と話を聞いてもらい、信用するように・・・。
事件の方は、変死者の身元が判明。合同捜査になり、その一角に特捜班のメンバーがいた。捜査陣は、暴力団の線を追っていたが、特捜班は有名女子アナの線を追い始めた・・・。

かなり、癖のあるけど有能のメンバー達とそれをまとめる?警部の話です。今回も面白く読めました。美青年青山の発言が実に良い味を出しています。今回は、僧侶山吹(第二科学担当)が活躍します。このシリーズの続きが楽しみです

2008/05/25 11:23

投稿元:ブクログ

東京・新宿の公園で若い男の変死体が発見された。そしてまた不可解な変死事件が…。個性派揃いの警視庁科学特捜班の面々が動き出した。事件の背後には、宗教にも似た自己啓発セミナーの存在が浮かんできた。テレビ局の有名女子アナの身に危険が迫る―。土壇場に意外な展開をせる究極のサスペンス。

2011/06/26 19:17

投稿元:ブクログ

借りて読んだSTシリーズにはまった。
すぐさま第二弾と第三弾を買いました。
次の次くらいに読もう。

2008/09/23 15:09

投稿元:ブクログ

前作を読んだのでメンバーに入りやすくて楽しみやすかった。
ミステリー小説で犯人の心理に立っての推理する作品は意外と少ないんじゃないかと思った。
青山君がお気に入り。