サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

BASARA 16(小学館文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.10
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/355p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-191446-2
文庫

紙の本

BASARA 16 (小学館文庫)

著者 田村 由美 (著)

BASARA 16 (小学館文庫)

税込 639 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

BASARA(小学館文庫) 16巻セット

  • 税込価格:9,99190pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

戦い成長する人間の愛憎ドラマを食事も取らずに全16巻一気読みの贅沢な時間、、、目眩く展開に興奮!

2006/01/10 19:20

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひまわりまるこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前3巻までしか読めなかったこのスペクタクル作品をお正月休みに完食! これは大人買いして自分の手元に置いておくべきか、、。 ジャンヌ・ダルク的少女の恋と冒険、それに伴う心の変化と成長を、戦いの連続でありながら全編に流れる圧倒的な美しさで描いている。 血の海の戦闘シーン、晒し首に磔、拷問にレイプとハードで容赦なし、残酷残虐だらけの戦国物語に目を背けることなく最後まで読ませるのだからスゴイ。 しかも、魅力的なキャラのオンパレードの中、一つ一つの人と生をタペストリーに織り込んでゆく作者の手腕には脱帽。 また、それら個性派揃いのキャラの掛け合わせ、鯨やイルカや象等の動物の登場にも無駄がなく、遥か未来に日本の歴史文化を上手く混合する抜群の構成。 BASARA、更紗、タタラ、、、ア音三連続の美しい日本語を巧みに入れつつ、古きと新しきとを共存させる和のセンスも良し。
勧善懲悪の時代ではないとはいえ、ミクロ的にもマクロ的にも被害者と加害者に分けて考えがちな世の中でバランス感覚を保つのは時によって難しい。 作者は常に勇気と誇りを力強い筆で描き、受け入れる為の葛藤や許しの祈りを伏線として入れることで被害者であり加害者である人のサガを浮き彫りにする。 虐げられた庶民を大衆としてはただ従うだけの生としても、それが個となると、梟の子・新橋に至るまで前向きで諦めない生として描かれる。 だから多分、どのキャラも熱烈なファンがいるのだろうな。 私は普通っぽくて一生懸命な菊音ちゃんとか、どこか外れてそうな多聞が好み。
敵同士恋に落ちる更紗(タタラ)と朱里(赤の王)は怒涛の運命に翻弄されながら、それぞれ二つの名前の間で苦悩する。 更紗として生きたい気持ちを抑え、「運命の子タタラ」を名乗り生きることを誓う更紗だが、情が厚く涙もろい少女の影を消せないが為に白虎に変身する時は意識なき物となる。 その呪縛を解くことになる母、その息子を殺し母を匿うカザン将軍の葛藤、逆らえぬ運命に生きる白の王・銀子と刺客の柊、廉子と長老の息子の悲恋等、もうそれだけで物語と成り得るエピソードが満載の中、更紗と朱里の恋物語は幼い頃から始まり、その成長ぶりが濃いものだから、やはり一等目立つ。 ただ、もしタタラが最終的に更紗であることを選んだのは女として生きることを選んだことだと勘違いするヤカラがいたら、それは作者が言いたかったことじゃないと思うよ。 四道の忘れ形見を守る為に強くなる千手姫とは違い、一緒に戦うことで一つになれることを望む、やはり更紗は最後まで人生の戦士であって、その為に朱里を求めてやまなかったと解釈するのが正解ではないのか? その意味において、千手姫の強さも更紗の強さも肯定する現代であれという作者の願いがあったのではないかと思う。
この物語には愛する女を守ることにかけては理想の男が多い。 茶々を側近として守り抜く座木も、更紗を追う朱里も命がけ。 だが、何と言ってもすごいのが揚羽で、更紗を自虐的献身的に守り抜く牢獄の場面や落城の最期は圧巻。 こんな人いるのかなんて考えちゃいけない。 ここはお話にどっぷり漬かって、その愛を感じて下さい。 平和な御時世に現実的じゃないという男性がいたら、まず揚羽ファン女性の研究でもするべきでしょう。
陰で活動する揚羽とジャーナリストの太郎の友情、太郎の壮絶な死にも凄みあり。 太郎の晒し首と向かい合う揚羽のシーンなんて、次の瞬間「サロメ」になっちゃいそうだもの。 氷に閉じ込められた父、幼児の操る大人、、古い映画や手塚治作品を思い出すが、違和感なく読めるのは、その組み入れ方が巧みなせいだろうな。
お婆ちゃんになっても目をショボショボさせながら本を読み、ドキドキワクワクして、ため息をつけなければ私なんて終わり。 でも、こういう作品があれば大丈夫かもと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/06 04:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/18 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/14 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/30 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/08 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/23 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/20 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/23 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/10 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/25 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/04 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/20 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/22 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/06 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小学館文庫コミック版 ランキング

小学館文庫コミック版のランキングをご紹介します小学館文庫コミック版 ランキング一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。