サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

沙羅は和子の名を呼ぶ(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.9
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/304p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747488-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

沙羅は和子の名を呼ぶ (集英社文庫)

著者 加納 朋子 (著)

沙羅は和子の名を呼ぶ (集英社文庫)

596(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

黒いベールの貴婦人 9-46
エンジェル・ムーン 47-82
フリージング・サマー 83-116

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

呼ばれた和子は沙羅の名を噛みしめる。

2004/10/28 10:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:purple28 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 加納さんは、どうしても思い入れの強い作家さんになってしまうのですが、そういうイメージを持ったままっていうのは、もしかしたらすごい不幸なことなのかもしれません。というのも、「ななつのこ」「魔法飛行」の衝撃が強すぎて、読むたびに、またあの“魔法”を期待してしまいます。なので、どれも「うん。よかった」程度の感想…。魔法じゃないけど、おまじないみたいな「ささらさや」、「掌の中の小鳥」はエッグ・スタンドで呪文をかけられたし、キレイでイタイ「ガラスの麒麟」も、全部好きなんですけど。ま、でも、どれにも裏切られていない、というのは逆にもしかしたらすごく幸福なことなのかもしれませんね。

 さて、本題です。本書は表題作を含む10編を収録した短編集。ミステリーっちゃあミステリーですが、どれも幻想的で、キレイだけどちょっと心がイタイお話。

 いちばんのお気に入りは表題作「沙羅は和子の名を呼ぶ」。基本的に私の人生、行き当たりばったりだけど、それを楽しみながら生きているので、主人公のように、“あのとき、こっちを選んでおけば…”なんてことはないんですが。でも、そう思うときって、誰にでもあると思うんです(私の場合は、単純にメニューなんかに多いんですけど(笑))。でも。それはあまり喜ばしいことではないはず。だから、沙羅が和子の名を呼ぶんです。迷っているから。ずっとずっと迷い続けているから。今も迷っているから。そんな心の隙に突き入られ主人公は、最終的に、その責任を負ったんだと解釈しました。それは沙羅と和子から負わされた“罰”なんだと思います。

 ほかにも、「フリージング・サマー」とか「オレンジの半分」なんかは、女のイヤな面を見せつけられた気がして、ちょっとブルーになりますね。好きですけど。連作ではない短編集って珍しいですよね。加納さんのいろんな世界をたくさん楽しめて、よかったです。


紫微の乱読部屋

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

10編のやさしいおとぎ話

2004/07/05 14:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ももんちゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

少し不思議な題名のこの本は、10の短編からなっている。
どの作品も気持ちよく読めるのだが、中でも「天使の都」がいい。

単身赴任した夫に会うため、バンコクに降り立った妻。
一人娘の死を契機に、二人の関係は冷え切っている。
夫に別れを告げるためにやってきたこの国で、
妻は一人の少女と出会う。少女は一体何者なのか…。

最近読んだ小説には、本を閉じた後、多少なりとも辛い気持ちに
なるものが多かった。その点、この短編集の読後感は貴重だ。
登場人物達に向けられた、著者の暖かい眼差しが感じられる
少し疲れていた心がやわらかくほぐれていくような気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

扉を開くとそこは…

2004/07/10 22:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

 加納朋子「沙羅は和子の名を呼ぶ」です。表題を含めて10篇が収録。(1)黒いベールの貴婦人(2)エンジェル・ムーン(3)フリージング・サマー(4)天使の都(5)海を見に行く日(6)橘の宿(7)花盗人(8)商店街の夜(9)オレンジの半分(10)沙羅は和子の名を呼ぶ。

 今まで読んできた加納朋子作品とは少し趣が違うようです。日常生活の中でのミステリーから非日常と云うか超常的と云うか…。話の発端とかベースはいつもと同じようなのですが、解かれていく謎は元の日常に戻らず非日常の世界へ迷い込んで行くのです。でも決して不条理に感じることなく、「そんな事もあるのだろうな」みたいに感じてしまうのは何故でしょうね。底流に見え隠れしている愛が非日常の世界への扉のように思えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/04 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/06 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/06 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/06 03:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/26 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/09 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/01 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/11 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/31 18:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/25 03:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/04 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/27 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る