サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 戦後野球マンガ史 手塚治虫のいない風景

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦後野球マンガ史 手塚治虫のいない風景(平凡社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.9
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-85154-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

戦後野球マンガ史 手塚治虫のいない風景 (平凡社新書)

著者 米沢 嘉博 (著)

戦後野球マンガ史 手塚治虫のいない風景 (平凡社新書)

799(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

マンガ学の研究報告書になるように、またこの続きが読んでみたいものです

2005/05/14 19:14

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

今でこそ手塚治虫と言えばマンガの神様であって、太平洋戦争後の日本のマンガがすべて手塚治虫から始まったような言い方をされるけれども、実は手塚もマンガについてオールマイティの神様ではなかく、すべてのジャンルのマンガを描いていたわけではないことをきちんと評価すべきだと思う。例えばこの本がとりあげている野球マンガなど、手塚が描いていないマンガはいくらもあるのだ。
だから本書の副題に「手塚治虫のいない風景」と書かれているのを見て、「そうだよね。そこをちゃんと語ってくれなくちゃ」と思ったのだけれど、ちゃんと語ってくれたのは終章の数ページだけだった。
この本は手塚治虫が野球マンガを描かなかったことについて語っているわけではなく、タイトル通りの野球マンガの歴史を語ったものだった。それはそれで悪くない。読み捨てられていくマンガをきちんと跡付けていくことも大切なことだと思うので、昔懐かしいマンガの事に触れられていると妙にうれしくなるのも確かだ。
だが、多くの野球マンガについて触れられているのだけれど、やや読みにくい内容にもなっている。それは、どうしてなのか。
部分部分を読み直してみると何となくわかってくるのだけれど、本書ではいくつかの視点が存在し、その視点が時々入れ替わるので話についていけなくなるところがあるようだ。その視点とは、1つは実際の野球と野球マンガの関係についてであり、1つは野球マンガが内包している物語の構造についてであり、また1つは野球も含めたスポーツマンガのマンガ全体に占めている位置、といったところであろうか。どれも、それ1つで十分1冊の本にできるテーマだと思うので、よく言えば贅沢な本だということになる。でも、贅沢すぎると読む方は途惑ってしまうけど。
学術専門誌を見ると、個々の研究報告・論文とは別に、資料とか総論・総説といった文章がある。本書は言ってみればマンガ学という学問の総説であり、丹念にあつめられた資料報告といった感じに思えてしまう。これだけのマンガが取り上げられるのだから、少々勿体ない。
それに、個人的には野球マンガと言いながら「あぶさん」の取り上げられ方が少ないのも残念だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/28 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/22 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む