サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本
  4. 絵本
  5. 福音館書店
  6. りすのナトキンのおはなし 新装版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

りすのナトキンのおはなし 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2002.10
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:15cm/54p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-8340-1864-4
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

りすのナトキンのおはなし 新装版 (ピーターラビットの絵本)

著者 ビアトリクス・ポター (さく・え),いしい ももこ (やく)

これからするのは、しりきれしっぽのりすのお話です。名前はナトキンといいました。ナトキンは仲間といっしょに、湖のまんなかの島へ木の実をとりに行きました。1973年初版の新装...

もっと見る

りすのナトキンのおはなし 新装版 (ピーターラビットの絵本)

756(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ピーターラビットの絵本 24巻セット

  • 税込価格:18,360170pt
  • 発送可能日:購入できません

ピーターラビットの絵本 24巻セット

  • 税込価格:18,360170pt
  • 発送可能日:購入できません

ピーターラビットの絵本 24巻セット

  • 税込価格:18,360170pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

これからするのは、しりきれしっぽのりすのお話です。名前はナトキンといいました。ナトキンは仲間といっしょに、湖のまんなかの島へ木の実をとりに行きました。1973年初版の新装版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ビアトリクス・ポター

略歴
〈ポター〉1866〜1943年。多くの動物を飼い、それらを主人公にして自分が描く絵をつけて発表し人気を博した。代表作に「ピーターラビット」のシリーズがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

シュール

2017/12/31 20:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hitakeyasuko - この投稿者のレビュー一覧を見る

少しシュールなお話。リスたちの絵、特にしっぽの質感がとてもきれい。別の手紙の本を読むと少しシュールさが紛らされると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビアトリクス・ポターのユーモアのセンスが際立っている。いたずら者のりすの坊やのお話。

2001/04/15 20:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 生涯を通じて社交が苦手、自分の身の回りに広がる自然への興味が一番で、飼っていたうさぎやアヒルなどの小動物たちとの暮らしを大切にしていたというイメージのビアトリクス・ポターは、いったいどのようにして、これだけのユーモアの感覚を磨いたのだろうという気にさせられる1冊です。
 おしゃべり好きの人びととの時間を持たなくても、読書と想像という自分の世界の中で、人は十分にユーモアを体得できるのだということがわかる気がします。

 湖の真ん中に、ブラウンじいさまという、ふくろうの島があります。そこは木が多く、秋ともなればたくさんの木の実が見つけられます。
 そこで小りすたちは、じいさまにおみやげをたずさえて出かけていきます。
 その島への渡り方が楽しい!
 小枝で作ったいかだに乗って、小枝の一本をオールにしますが、帆は広げられたしっぽです。小りすたちがそのような姿で次々に島へ渡っていく様子は、実にユーモラスです。

 おみやげは、太ったねずみ3匹だったり、太ったもぐらだったり、太った小ざかな、葉にくるんだごみむし、まるはなばちのみつ、たまごなど毎日くふうされています。
 このあたりをケーキやクッキーなどにしてしまわないところが、自然をリアルに描こうとしたポターの本領で、それはもちろんのこと、描かれる動物たちのキャラクターに関しても同じです。子どもの本の世界では、とかくぬいぐるみのように表現されがちなりすやふくろう、この本以外に登場するうさぎ、かえる、きつねなどが洋服を着ていることはあっても、観察してスケッチされた姿のまま登場するのがポターの絵本の特徴と言えます。

 さて、小りすたちが冬に備えて袋いっぱいに木の実を集めている間、りすのナトキンは仕事をさぼってブラウンじいさまにまとわりつき、歌いながら愉快ななぞなぞを出しています。
 なぞなぞの答は欄外に明記されているわけではなく、本文の中に傍点入りで織り込まれています。

 ナトキンはどんどん調子に乗って無作法になり、ついにブラウンじいさまにつかまり、皮をはがれそうになります。
 命からがら逃げ出したナトキンですが、そのとき、しっぽがぷっつり切れてしまうのでした。

 ポターが愛し、英国ナショナル・トラストの元となった美しい湖水地帯、その秋の景色が渋い色調で丁寧に描かれています。
 おなじみのピーター・ラビットと同じぐらいいたずらな男の子・りすのナトキンが飛び回る様子が面白く、以前自分の家庭教師だった女性の息子さん宛の絵手紙が始まりだったという、この<ピーター・ラビットの絵本シリーズ>の原型が思い起こされます。
 子どもとみずからの子ども時代を愛したポターだから作ることのできた素敵な絵本なのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/21 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/31 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/05 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/28 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/07 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/17 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/13 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/17 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む