サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

憂国呆談リターンズ 長野が動く、日本が動く
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.9
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/372p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-93041-4

紙の本

憂国呆談リターンズ 長野が動く、日本が動く

著者 浅田 彰 (著),田中 康夫 (著)

知の仕掛人・浅田彰と、帰ってきた長野県知事・田中康夫が、テロで迷走する世界、改革行き詰まる日本、そして知事選に揺れる長野を、縦横無尽に語り尽くす。2000年秋から2002...

もっと見る

憂国呆談リターンズ 長野が動く、日本が動く

1,728(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

知の仕掛人・浅田彰と、帰ってきた長野県知事・田中康夫が、テロで迷走する世界、改革行き詰まる日本、そして知事選に揺れる長野を、縦横無尽に語り尽くす。2000年秋から2002年夏までの対談を完全収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

浅田 彰

略歴
〈浅田〉1957年生まれ。京都大学経済研究所助教授。著書に「構造と力」「逃走論」など。
〈田中〉1956年生まれ。作家。長野県知事。著書に「なんとなく、クリスタル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

【アホでマヌケなアメリカ白人】になりたくない家畜人ヤッシー

2002/10/24 15:35

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山光司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「憂国呆談」幻冬舎「新・憂国呆談ー神戸から長野へ」小学館。そして、この最新刊はダイヤモンド社である。詳細はわからないけれども、憂国シリーズの出版社が変遷した事情はこの対談そのものが最初は文芸春秋の「CREA」で始まり、二玄社の「NAVI」、嶋中書店の「CQ」そして、「週間ダイヤモンド」と複雑怪奇である。田中の言によれば、「CREA」でお払い箱になったのは湾岸戦争に反対し、村上春樹批判をしたのが嫌われてらしい。「NAVI」も春樹好きの編集長に嫌われてリストラされ、「CQ」にたどり着いたが、突如、休刊。=海の向こうのコンデナスト社の方針らしいけど、今や、戦争中の日本よりも翼賛状態なアメリカのメディアが考えることは、ようわからん。一説には「読売」やNHKと違って対米追従しない浅田・田中対談が連載されていたのが、先方の逆鱗に触れたって「真相の噂」もあるけれど、われわれの発言こそが「勘性」と「温性」に満ち溢れているってのは、歴史が証明するね(笑)。=と田中は言う。

 実を言えば、私は今、話題のマイケル・ムーア著【アホでマヌケなアメリカ白人】を読んでいるのだが、そのアメリカ人(WHITEMEN)に依存した名誉白人たる黄色人種は何と呼べば良いのだろうか。「家畜人ヤプー」か。だが、沼正三には一筋縄ではいかないディシプリン(規律)を内面化した美的空間があり、主体と客体を逆転せしめる哲学があった。この神話的空間を維持するために白人達を物化したのだが、ブッシュの恫喝に右往左往するこの国のマスコミ、為政者達は政局ではなくて、ちゃんとした政治哲学があるのであろうか。

 田中康夫は県知事として帰って来た。何故、彼は勝つことが出来たのか。良くも悪くも彼には哲学があった。政局と利権でしか動かないモラルはモラルたり得ない。弱すぎるのだ。極右の確信犯が哲学を引っ提げて登場したら、もろくも彼等に拉致される危険がある。田中は〔管亀小野〕新党のシナリオは悪くないと言えば、浅田はそれに田中康夫が噛めばと、面白い事を言う。かような勘性はマスコミから出ないであろう。要は右であれ、左であれ、自分の哲学で動く人に政治をやってもらいたいものである。ならば、こちらも自立した哲学を持たざる得なくなる。衆愚というならば、そこの反省が必要なのであろう。高橋秀美の「からくり民主主義」は非常にタメになったが、本来なら大新聞なりテレビが時間と費用をかけて現地取材を行い報道すべき内容である。それが無理なら連載紙面を提供するとか。田中に「脱記者クラブ宣言」をやられたら、まっとうな記事を書くことで勝負するしかないないはずだ。〔構造改革〕はまず自らやらなくては耳を傾けてくれない。
 しかし、この本では固有名詞が一杯出てきて私は遠慮して紹介しないが成程、一歩、間違えば危うい綱渡りをしているのだなあと判る。ガラス張りの知事室はホンマに良いアイデアである。哲学を持っていない奴は密室で話したがる。それは対話とは言わない。哲学を持っていれば、公開の場こそハレの舞台だ。キケロの昔からそうである。マスコミはかような場を提供すべきなのである。知ったかぶりの政局記事は百害あって一利あるであろうか。せめて、我々は「アホでマヌケな名誉白人」になりたくない。それが家畜人ヤプーの矜持というものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/29 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む