サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

陰陽師 鳳凰ノ巻(文春文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2002/10/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-752807-X
文庫

紙の本

陰陽師 鳳凰ノ巻 (文春文庫 「陰陽師」シリーズ)

著者 夢枕 獏 (著)

陰陽師 鳳凰ノ巻 (文春文庫 「陰陽師」シリーズ)

税込 648 6pt

陰陽師 鳳凰ノ巻

税込 540 5pt

陰陽師 鳳凰ノ巻

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.4MB 無制限
Android EPUB 3.4MB 無制限
Win EPUB 3.4MB 無制限
Mac EPUB 3.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

名敵役登場でますます物語は盛り上がる

2002/11/11 19:32

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒルドン - この投稿者のレビュー一覧を見る

夢枕獏の「陰陽師 鳳凰ノ巻」読みました。短編シリーズ(文庫化)4冊目となるこの話。まいど楽しませてもらっています。
この「鳳凰ノ巻」では名敵役の蘆屋道満が初登場。ホームズとモリアーティ、ドラキュラとヘルシングみたいな不倶戴天の敵同士という印象がある道満と晴明だが、夢枕版のは解釈はちょっと違っていておもしろい。
道満との方術比べが描かれる「泰山府君祭」と「晴明、道満と覆物の中身を占うこと」の二篇のおもしろさもさることながら、今回わたしの一押しは「青鬼の背に乗りたる男のはなし」である。
しばしば生きている人間よりも物の怪の方をいたわっているのではと感じられる、安倍晴明と源博雅のコンビ。常々、ゴーストバスターならぬゴースト・カウンセラーだなと思っているのだが、「青鬼」では裏切った先妻に取り殺されそうになった不実な男の命を助けることになる。
読んで最初は、なんでこんな男を助けなきゃならないのと思うのだが、鬼と化した元妻の最後の言葉ですべての事柄の意味が逆転する。“いやされたのは誰の心”か。
たまには家族サービスしなくちゃいけないなと反省させられたりもしたのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

間隔が空きすぎている

2002/10/25 08:49

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文庫版ではシリーズ第4作であるが、間隔が空き過ぎてせっかく盛り上がってきた読者の興を削いでしまった。もっとも3作までが順調に出版されたかと言えば、そんなこともなく、結構ブランクが長いことを考えれば、このシリーズは陰陽師のブームとは所詮無縁なのかもしれない。
 人々の関心が時代劇から遠ざかっていると言われる現代にあって、平安時代の陰陽師が主人公で、かつ百鬼夜行や呪など、大人の童話ともいえる題材を揃え、読者を楽しませてくれるこのシリーズは砂漠のオアシスといえよう。
 前3巻同様、不思議な話がこのコンビに持ち込まれ、探偵よろしく現場に「いこう、いこう」で駆けつける短編集である。あっという間に読んでしまって、もう5巻目の出版が待ち遠しくなってしまった。
 安倍清明と源博雅とは絶妙のキャラクターだけに、この名コンビのストーリーは超ロング・セラーを目指してほしいものだ。盛り上げ方にもう一工夫が欲しいところだが、歴史上の有名人を登場させる手もあるのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

安倍晴明対蘆屋道満

2018/12/06 06:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第4弾「鳳凰ノ巻」には、「泰山府君祭」、「青鬼の背に乗りたる男の譚」、「月見草」、「漢神(からかみ)道士」、「手をひく人」、「髑髏譚」、「清明、堂満と覆物の中身を占うこと」の7編が収録されています。安倍晴明のライバルと言われる蘆屋道満(または道摩法師)が最初と最後のエピソードに登場します。この巻で初登場というわけではないのですが、二つのエピソードに登場する重要キャラとして以前よりも親しみが湧くような気がしました。変わり者で、「退屈しのぎ」にちょっと人としてどうよ、と思うこともしてしまう、人を喰ったところがある人物ですが、清明には何やら同類の親しみのようなものを感じているようで、彼との付き合いを楽しんでいる風があります。

「清明、堂満と覆物の中身を占うこと」では方術対決という朝廷の見世物という舞台設定のため、珍しく比較的派手な術が披露されていて、なかなか面白い展開になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

丁々発止。

2017/08/27 17:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「泰山府君祭」「青鬼の背に乗りたる男の譚」「月見草」など、うまく今昔物語集のエピソードを取り入れているのがいい。
なかでも、「青鬼~」のラストシーン、「月見草」の後半の謎解きに、そうつなげたかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

清明哲学、冴えわたる。

2015/08/28 02:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

呪もそうですが、
白比丘尼のように若さはとどめても、人はいずれ死ぬ など等。

平安の闇は、物理的なものですが、人が灯した明かりが消えるから闇は一層深くなる。
現代の闇は、人の心に落ちた影の集合体だろうか。

そんな事を思いました。 サラッと読めてしまうのに、ずぶりと深いことに気付く一冊。
でも、それが重くないからこそ、毎回読めるのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/30 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/27 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/02 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/01 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/13 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/24 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/26 11:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/18 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/26 07:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/17 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。