サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

ポイント最大500倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

どんどん橋、落ちた(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 148件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/428p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273572-5
文庫

紙の本

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

著者 綾辻 行人 (著)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

税込 691 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

どんどん橋、落ちた 9-68
ぼうぼう森、燃えた 69-162
フェラーリは見ていた 163-230

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー148件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

悔しさいっぱい

2017/05/20 09:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

推理しながら読んでも分からず、解決編を読んだらとても悔しく思いました。2部は騙されないぞと思って読んでみても、わざとだろって感じで逆をつかれる感じでした。おもしろかったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高!

2015/12/10 23:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヴァン - この投稿者のレビュー一覧を見る

綾辻行人さんの短編集。
館シリーズから入った私としては
綾辻さんの好きなあのトリックをふんだんに使った
この短編はどれもこれも最高でした。

息抜き的作品という方もいますが、そこは綾辻氏。
油断をしてるとぐさっとだまされます。
悩める少年リンタロー、犬や猫のタケマルなどは
おなじみかもしれませんが、その他細かい
内輪ネタも多いので、読後それを調べるのもいいかも。
「伊園家の~」では殺人事件で初めて、不覚にも
笑ってしまいました。

丁寧な説明もあるので、ミステリ初心者の方にもおすすめの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

デンデン、デンデン♪けれん味満載の作品集

2004/09/07 16:27

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

「読者への挑戦状」が付いた犯人当ての本格ミステリ作品集。
(問題を)投げるは、「館」シリーズで大向こうを唸らせた綾辻行人。迎えるバッターは誰あろう、読み手のわたし(笑)。
まあ、大リーグのイチローのようにはいかなくても、5本のうち1本くらいはヒットを打てるんじゃないか(犯人を当てることができるんじゃないか)と高をくくっていたんですけどね。したら、かすりもしませんでした。だって、くるボールくるボール、みーんなフォークボールみたいな奴ばっかなんだもん。当たりっこないさー。

とまあ、野球になぞらえて書いてみたんだけど、はい、五つの話のひとつとして犯人を言い当てることができませんでした。でも、騙される快感と、解決編を読んだ時のげっ!という驚きは、かなり痛烈に味わうことができました。一番唖然とさせられたのは、表題作の「どんどん橋、落ちた」事件。眉にぺっぺと唾つけて構えてたら、見事にしてやられてしまった! 綾辻さーん、そりゃないっすよおと、怨みのこもった視線を投げ返したくなりました。

本書、文庫版のあとがきで綾辻さんが触れている『暗黒館の殺人』が、いよいよ発売されますね。ちょうど二年前の2002年9月の時点で、「ぜいぜいと息切れしつつも、そろそろ七合目が見えてきたかというところまで進行しています」と書いていらっしゃる。それがようやく読めるんだと思うと、わくわく、ドキドキしちゃう。「暗黒館」では、びしっ!と胸元にくる速球でのけ反らせてもらいやしょう。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編集

2018/10/31 20:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説家綾辻行人が体験する短編集。
どれも反則ギリギリのミステリーで回答篇では、やられたというよりそう来たかと苦笑する感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/25 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/05 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/21 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/12 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2002/06/25 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/25 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/08 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/07 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/14 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/19 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/11 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。