サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. 青林工芸舎の通販
  5. ラスト.ワルツ Secret story tourの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.11
  • 出版社: 青林工芸舎
  • サイズ:21cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88379-121-1
コミック

紙の本

ラスト.ワルツ Secret story tour

著者 島田 虎之介 (著)

ラスト.ワルツ Secret story tour

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人生なんて夢みたいなものさ

2005/07/12 11:15

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:間抜作 - この投稿者のレビュー一覧を見る

極太の線で書かれた独特の画風、あまり耳慣れない作者と
出版社。他人の書評がなければ存在すら知らなかったよう
な作品ですが、著者のデビュー作とは思えない完成度の高
さでした。
単なる短編連作オムニバスではなく、最終話ですべてのお
話が合流する巧みな伏線になっており、すべてのお話がど
こまで本当でどこまでウソかわからない巧妙なフィクショ
ンなので読者は現実から遊離したような感覚にとらわれま
す。南米産のオートバイ、宇宙飛行士になれなかった男の
ために書かれた虚構の別史、チェルノブイリ原発事故で「
向こうの世界」に行って戻ってきた男・・・。
劇中劇的に作者が登場したり、途中でストーリーが書き換
えられたり、読者自身が他人の夢に侵入したような強烈な
違和感に陥ります。そして壮大なフィナーレで人はみな、
人生という名のお芝居をエンドレスで演じているのかもし
れないと感じるのです。
最近のワンパターンな商業主義マンガとは一線を画す骨太
の作品と言えます。作者は寡作のようですが、ほかの作品
も是非見てみたい。
(この作品中の「ガガーリン大統領」の記憶に操縦不能の
ミグ15戦闘機の映像がフラッシュバックするあたりのオ
チは理解できる方がいるのでしょうか(^^;;)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「今はどこかに行ってしまった人たち」への愛情

2008/02/24 20:12

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 島田虎之介氏のデビュー作。最初は「あ、短編集なんだ」と思い、途中で「あ、連作短編集なんだ」と思い直し、最後に「あ! ひとつの物語なんだ!」と思うという、そんなマンガ。
 とある草サッカーチームのメンバーそれぞれにまつわるエピソードが、一話ずつ紹介されていく。その中に登場する人物や出来事により、20世紀の世界の歴史において起こりえたかもしれない別の側面が描かれる。この一つ一つのエピソードももちろん面白いのだが、それが少しずつ重なっていくラストでは、更に大きな物語が描かれる。この構想力・想像力、そしてその大きなフィクションを読ませる説得力がすごい。
 そして物語からは、 「今はどこかに行ってしまった人たち」への愛情を感じる。最後のシーンに、その思いを余韻のように抱いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/03/22 03:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/22 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/28 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/02 05:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/10 03:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/30 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/22 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/22 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。