サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.10
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747505-0
文庫

紙の本

無境界家族 (集英社文庫)

著者 森巣 博 (著)

無境界家族 (集英社文庫)

税込 586 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

家族の物語

2005/11/14 21:52

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:喜八 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『無境界家族』は家族の物語である。
 英国籍の母テッサはオーストラリア国立大学教授。英語圏ではその名を知られた日本研究者である。
二重国籍の子パトリックは数学の天才。大学教員を経て現在はヘッジファンドにて巨万の富を積む。
日本国籍の父ヒロシは博奕打ち兼「主夫」。この物語の語り手。
 英国の大学にテッサが在学中、パトリックが生まれる。幸福な幼年期。ところが小学校に入ると白人の子供たちからのイジメが待っていた。おりしもサッチャー政権の時代。人種差別的政策と軍拡路線のイギリスに嫌気がさす。
 「個人に対する国家の重みとか管理とかでは、オーストラリアが一番軽そうね」というテッサの言葉が決め手になり、一家はオーストラリアに移住する。
 オーストラリアでも猛烈に学問の道を突き進むテッサ。アカデミズムの世界でも女性は「同じ条件下にいる男性研究者の三倍分の業績をあげて、はじめてその人と同等に評価される」という差別構造は存在する。
 テッサは毎日のように深夜遅くまで働いた。家事をするのは物理的に不可能である。代わりにヒロシが家事全般すべてを行なった。当然、子育てもヒロシの担当だった。
 パトリックは不登校児であったが、抜群の学習能力をもっていた。
ヒロシは8歳の息子に本格的なパーソナル・コンピュータを買い与え、つぎのように宣言する。
「したいことだけをしなさい。やりたくないことはやらなくてもよろしい」(『無境界家族』より引用)
 この教育方針のもと、パトリックは15歳で大学に入学し主席総代で卒業。
19歳でケンブリッジ大学大学院に入学。
20歳でカリフォルニア大学バークレー校純粋数学科教員となるが、18ヵ月で退職。
ヘッジファンドに高給をもってスカウトされたのだ。
 冒頭にも書いたように家族の物語である。無頼の父による「天才」の息子と「碩学」の妻自慢の書ともいえるだろう。
 と同時にこれは恐るべき批判の書でもある。家族の物語の合間に間欠泉のように「日本原理主義者」たちへの鋭い批判が噴出し、高名な学者・文化人がつぎつぎとなで斬りにされてゆくのだ。
 実名を挙げられて批判された人たち。梅棹忠夫(以下敬称略)、梅原猛、江藤淳、河合隼雄、川勝平太、小林秀雄、小林よしのり、佐伯啓思、榊原英資、西尾幹二、西部邁、渡部昇一・・・。誰からの反論も届いていないそうである。
 ヒロシは「他の人にどう思われても構わないし、またどうしようもない思われ方をする生き方を選んできた」人間である。しかし息子パトリックに ”混血” のレッテルを貼り付け差別の対象とする者たちと戦うことを一瞬もためらわない。
 「日本原理主義者」たちへの鋭い批判は我が子への愛が生み出したものだった。したがって家族の物語と批判の書であることは矛盾しない。両者は「地下茎で、深く太く断ちがたく連座している」のだから。
 読者の人生を変えるだけの力と毒を持った一冊だと思う。うかつにシビレルとまずいかもしれない。しかし若い人にもすでに「大人」になった人にも、「わたし」が「わたし」らしく生きたいと思っているすべての人に勧めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぜひ電子化してください。

2017/12/20 23:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラジオで紹介されていたので手にとってみましたが、これがとてもおもしろかった!
あのテッサ・モーリス・スズキさんのだんなさま!?がまさか日本人ギャンブラーだったとは。しかも、その夫婦関係がすごく素敵で、息子さんとの関係もまたいい感じ。
読んでいると、オーストラリアに住んでみたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/28 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/29 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/05 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/14 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。