サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「学力低下」の実態 調査報告(岩波ブックレット)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.10
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波ブックレット
  • サイズ:21cm/71p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-009278-2

紙の本

「学力低下」の実態 調査報告 (岩波ブックレット)

著者 苅谷 剛彦 (ほか著)

「学力低下」の実態 調査報告 (岩波ブックレット)

518(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

競争社会へ変わる社会への準備課程としての公教育の問題

2005/10/23 15:54

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BCKT - この投稿者のレビュー一覧を見る

データのネタは,阪大『学力・生活総合実態調査』(01年,小学5年生2100余人と中学2年生2700余人)。政策変更の直前直後での変化を見るのに好都合という理由で選ばれたらしい(11頁)。
「実態」というほど統計データがあるわけではないが,「50円切手4まいと70円切手3まいをかいました。いくらはらえばいいですか。式を書いてときなさい」という算数の問題に,89年時点で81.2%が正答したのに,02年時点では62.7%しか正答できなかったということはわかる(21頁)。確かに,これでは御使いもできず,生活に支障が出るだろう。通塾の有無での格差は大きいが,それでも学力は落ちている。
“通塾すれば問題なし”という視角ではなく,旧来型日本社会から変化しつつある社会(競争社会)への準備課程としての公教育の問題として捉えるべきと著者は力説している。(627字)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「学力低下」は未来の日本の問題!!

2002/11/06 20:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かったん - この投稿者のレビュー一覧を見る

小中学生の基礎学力は低下しているのか? 著者は、1989年と2001年に実施された学力テストを下にその実態を提示している。著者は、子供の学力が、「できる子とできない子の格差が拡大」さらに地域や父母の「文化的階層化が進行」しているとし、義務教育である、小中学校においてナショナルミニマムを保障することすら出来ていない状況を警鐘している。知識の獲得か、生きる力の獲得か? 生きる力や総合性を身に付けるには、基礎学力無くしては獲得出来ないのである。教育の問題は子供を抱える父母のみの問題ではなく、未来を作る子供達の問題として我々大人が共に考えて行かねばならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

義務教育の呪縛

2002/11/08 13:30

7人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は「義務教育」という言葉の乱用が教育の質的低下を
招いている原因の中心ではないかと思っている。義務だから
退学、停学にしにくい。義務だから他人の「教育を受ける権利」
を奪っても、授業妨害しても、直ちにそいつの教育を受ける義務
を剥奪することは出来ない、とまあ、こういう具体に世の中
展開してきたのではないのか。戦後の日本人は権利ばかり主張して
きた。それなら義務教育を廃止して、権利教育にしてはどうか。
権利教育だから義務ではない。やりたくなければ受けなくても良い。
その代わり、やる気になったら何歳でも小学校に再入学できるし
中学だってやりなおせる。こうして勉強する気も無いし、その
能力も無い連中をまとめて学校から追放し、カンボジアやアフガン
で地雷の処理でもやらせれば一挙両得。国内の学力水準は上がるは
海外からは感謝されるはと、良いことずくめですなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/04 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/07 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/12 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る