サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エンタメ・テレビ・タレント
  4. 日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.11
  • 出版社: 学研
  • サイズ:19cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-05-401762-2
  • 国内送料無料

紙の本

日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象

TVドラマ「トリック」でおなじみ上田次郎教授が、今まで解決した事件を詳細に分析。上田教授の生い立ちや教授になるまでの道のり、「トリック劇場版」の情報も。山田奈緒子ら関係者...

もっと見る

日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象

1,337(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

TVドラマ「トリック」でおなじみ上田次郎教授が、今まで解決した事件を詳細に分析。上田教授の生い立ちや教授になるまでの道のり、「トリック劇場版」の情報も。山田奈緒子ら関係者の証言集付き。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

「トリック」ファン必見!!

2002/10/27 22:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真愛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとあのドラマで使われていた「どーんとこい」が出版されるなんて(涙、涙)。
きっと知っている人の中には、思わず「どーんとこい!」と心の中でも思った事でしょう。私もその一人です。
上田次郎の生い立ち、失恋話と上田情報満載の上、山田奈緒子のインタビュー、矢部警部補の調査日記と、上田が解決(!?)したという超常現象の解説の他にいろいろ満載の1冊。
でも実に「惜しい〜」と思うのが何点か。
まず、ドラマ同様のハードカバーで同じ装丁だったら…そして、プリントで全く構わないので、「うえだじろう」というサイン付きが良かった。と言う事で、私の評価は★4コなのですが、奥付の「著者 上田次郎」という徹底さに負けました。映画を観る前にこの本を読むと「トリック」の世界に入りやすいかも。
是非、第2弾と期待したいところです。

そして最後にもう一度言わせて下さい...「どーんとこい!」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本人の本より売れている!?上田のどんと来い…

2002/11/03 20:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴマちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

TVシリーズ放映時から、ちょくちょく姿を見せていた阿部さん演じる上田の「どんと来い、超常現象」…TRICKファンには必見の本だと思います。主に上田次郎の生い立ち〜恋愛〜現在に至るまで、随所に写真を散りばめながら綴られています。もちろん、山田や矢部・石原刑事:談等も掲載されています。ラストには劇場版への… 11/9(土)「TRICK劇場版」公開にあたり、是非とも読んでおきたい作品だと思います。先日、舞台挨拶付試写会へ行って来たんですが、阿部さん挨拶の時、「自分の本(阿部寛:著)より売れている」と言っていました。TRICKと同じぐらい、とても面白く、楽しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まず、TVドラマありき

2002/11/10 15:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラピスラズリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 TVドラマがあることを知らなかった。 真面目に「超常現象」を解明した本だと思って、購入したが、それが間違いのはじまりであった。 通信販売で書籍を購入することのメリットも多いが、最たるデメリットの1つである「内容の概要がわからない」ことにはまってしまった本であった。 自己反省しきり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

遊び心を楽しみたい一冊

2002/11/16 15:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:毛少子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 TVのヒットシリーズ「TRICK」の小道具として作られた本が、ドラマの好評に伴い、遊び心たっぷりの実物として出版されてしまった。ドラマのファンにはたまらないノベルティでもあるが、いわゆる超常現象本のパロディとしても楽しめる。
 超常現象本にありがちな、ちょっと安っぽい装幀、筆者が半生をとうとうと語る出だしには、筆者役の阿部寛の幼い頃の写真も添えられて、これまたパターンを踏襲している。こういう本を、遊びとして楽しんでいる人ならば、ニヤリとするはずだ。中で扱っている事件についても、実は筆者の側からの身勝手な自慢話になっていて、これまた超常現象本らしい。
 遊びに徹底したこの本をより楽しむには、扱われている実際の事件、つまりドラマ「TRICK」を見なければ分からないところもあるのだが、そうでなくても、架空の本を実際に出してしまう、というところで、すでに遊びは完成している。そしてその完成度はとても高い。あるいは、本気にしてしまう人もいるのではないか。
 この本そのものが、文字通りの「トリック」なのだ。ジョークの文化がない、と言われる日本では、貴重な、高度な遊びの本でもあり、ただのドラマ関連本に終わっていないところが、実に楽しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/12 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/16 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/16 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/22 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/05 02:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/15 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/08 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/27 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/19 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/28 03:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/11 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ドラマ ランキング

ドラマのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む