サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 宗教の通販
  5. 生長の家の通販
  6. 今こそ自然から学ぼう 人間至上主義を超えての通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

今こそ自然から学ぼう 人間至上主義を超えて
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2002/10/15
  • 出版社: 生長の家
  • サイズ:20cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-531-05901-8

紙の本

今こそ自然から学ぼう 人間至上主義を超えて

著者 谷口 雅宣 (著)

自然への拷問は人への拷問だ! 手遅れになる前に今、宗教家が言うべきことは−人間は調和した自然の一部、精子・卵子の操作をするな、子を選んで産むなかれ…。『光の泉』に掲載され...

もっと見る

今こそ自然から学ぼう 人間至上主義を超えて

税込 1,362 12pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自然への拷問は人への拷問だ! 手遅れになる前に今、宗教家が言うべきことは−人間は調和した自然の一部、精子・卵子の操作をするな、子を選んで産むなかれ…。『光の泉』に掲載されたものを中心にまとめて刊行。【「TRC MARC」の商品解説】

明確な倫理基準がないまま暴走し始め
ている生命科学技術と環境破壊。
その問題を検証し、手遅れになる前に
なすべきことを宗教者として大胆に提言。
自然と調和した新たな生き方を示す。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 生命科学技術の進歩...

ジュンク堂

 生命科学技術の進歩は人類にかつてない希望と繁栄をもたらしたかに見える一方、環境破壊、生命操作による優性社会の到来など、未来に重大な禍根を残す危機的問題も生じて来た。

 従来この分野は、そのめざましい研究成果と共に、人類に福音をもたらす側面ばかりが強調されて来た観がある。そこで、本書の著者は問いかけ、提案する。「人間は自然の一部であり、自然に生かされているのだから、自然の法則に逆らい、自然を捻じ曲げることで幸福が実現するはずがない。それよりは、むしろ自然の法則に随順し、自らの内部にある“自然”を活性化することで道は開けるのである」と。

 もちろん、その最先端の研究成果と意義を丹念に検証する中で、人間至上主義によってこのまま暴走したら、「人間はもちろん地上生命はどうなるのか」「その未来はあるのか」「今、私たち人間はいかなる価値観を持ってこの問題に臨むべきか」等々、宗教家として切実且つ大胆に踏み込む。

 地球環境を調え、地上生命存続のための指針がここにはある。

出版ダイジェスト:2004年11月
テーマ『地球は警鐘を鳴らしている/環境の過去・現在・未来を考える』より

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

その他の宗教 ランキング

その他の宗教のランキングをご紹介しますその他の宗教 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。