サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 247件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2002/10/30
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/483p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-117140-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

パプリカ (新潮文庫)

著者 筒井 康隆 (著)

パプリカ (新潮文庫)

税込 825 7pt

パプリカ

税込 737 6pt

パプリカ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 688.1KB
Android XMDF 688.1KB
Win XMDF 687.8KB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー247件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

筒井氏らしい作品

2019/01/31 12:50

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

精神医学研究所の千葉敦子と時田浩作が無意識の世界である夢の世界に入り込んで、夢を見ている本人と一緒に、その夢に潜んでいる”意味”について探っていきます。こういう話は、筒井氏の真骨頂ですよね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パプリカ!

2018/10/28 22:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひいらぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これほど難しい内容?わからなくて議論される本も珍しいと思います。とにかく独特な世界感があるも、過去や未來といったことが混ざりあっているとても興味深い作品になってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢の恐怖、読むことの恐怖

2014/01/16 23:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

若くて美貌の科学者が夢探偵として、冒険に恋に大活躍する痛快ロマンだ。だが何か違う。それは筒井らしいというのか、邪悪さと悪意に満ちている。夢の内容を解析する技術とマシンの開発を進める精神医学研究所というところがそもそもマッドサイエンティスト臭い。そのノーベル賞候補だという天才研究者と、彼の作るマシンを駆使してこれも天才的なセラピストである女性研究者がいる。
天衣無縫ともいうべき能天気さで、人間の精神を破壊しかねない過激な装置を作る彼らに対し、科学倫理の立場から慎重さを主張する派閥があり、研究所組織内での二つの勢力の権力闘争となっていく。
そういう勝負になると、能天気で図太い側の人々はどこまでも図太く、神経質で生真面目な人々は自壊していく。ただしその過程で、新マシンを駆使した戦いが繰り広げられ、関係者の精神は次々と破壊されていく死闘となる。科学技術の進歩に人道的な観点で枠を嵌めるべきなのか、まったくの野放図になるがままでいいのか、現実は科学者の良心がバランスを取っているわけだが、物語ではそれぞれの哲学の妥当性とは別にそれぞれを善玉と悪玉に分別して、勧善懲悪的な展開に見せている。そこには思想の善悪にはまったく関係なく、一個の人間としての意思力や社会性によって世界の動く方向が決まっているのだという寓意を見ることも出来るが、そんな深読みを嘲笑っているような気もする。
一方、パプリカという変名で違法すれすれの治療を行っていた美人研究者には、かつての患者だった社会的地位の高いパトロン的な老人達が味方している。この人間関係も醜悪としか見えないが、様々に自己正当化を行って、一種の老人のための小ユートピア的な世界になっていて、夢と現実が混交していく展開によって、そのユートピアは実在化していく。これも老人の復権めいた意図も感じるし、その欲望の醜さを露悪的に描いているようにも見える。
パプリカの行動の動機さえコンプレックスに基づく分析が提示され、様々な視点から、正義と悪の、見かけと内実の格差は露にされていく。現実の砕け散るような鮮やかな場面の連続と、痛快な展開と同時進行で、こうした価値の相対化が進行していき、カタルシスと同時にそれに対する疑念が沸き起こっていくというのは、またある種の恐怖でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢か現か幻か

2013/01/23 20:17

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nori - この投稿者のレビュー一覧を見る

恥ずかしながら筒井康隆初体験。アニメのパプリカを観て原作を読みたくなったのだけど、原作の方が遥かに複雑で深く、そしてエロチック。第二部のハチャメチャな展開には少しばかり「う~ん!?」となるけど、それでも精神世界(夢)をテーマにしたストーリーの圧倒的な面白さがある。今更ながらだけど、これをきっかけに筒井康隆の他書も読んでみようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無意識という恐怖

2021/03/03 16:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山椒魚 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2日で読み終わりました。面白かったです。
ちょっとズレてるけど、無意識が人間の行動をほとんど制御しているというのは本当なのかと考えさせられました。もしそうだとしたら、催眠なども似たような手法を活用しているのかもしれませんね。
恐ろしいけど、興味深かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

SF感が覆される

2020/12/28 23:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きなこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段SFをあまり読まないのですが、この本を読んでSF感が覆されました。SFって面白い!そして凄い!
不思議な世界観にハマってしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢の二重構造=現実?

2020/07/12 10:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とも - この投稿者のレビュー一覧を見る

言わずと知れたことだが、今敏監督のアニメ映画の原作である。
この作品を読む前に映画を観たので、一体どんな作品なのかと興味はあった。

夢を操作する=記憶を操作するといった概念は昔からあったろう。その夢をセラピストが診ることで、対象者(患者)のトラウマ、抑うつ症、精神的な苦痛などを取り除くために活躍する「パプリカ」の話であるが、恐らく執筆時は『夢物語』として書いたに違いない。
しかし、誰もがスマホやケータイ、PC、タプレットを持ち歩き、仮想現実や拡張現実の世界に慣れつつある現代、夢物語では無い気もする。夢依存なんて言葉はないが、夢を夢として認識できている分にはまだいいのか。

先にも書いたように、アニメ「パプリカ」の原作ではあるが、その公開前、テレビアニメ(確かWOWOWだった)放送された「妄想代理人」の底本ではないだろうか。いくつかのキーワード(登場人物など)が似ている。

物語自体は夢物語としても、特に後半は「小説内の物語」なのか、「物語の中の夢」なのか、更には「物語の夢のまた夢」なのか混乱してしまう。それこせが作者の狙ったことで、読者を物語に没入させる手法なんだろう。

最終章を読み終えた時、「もしかしたら、この(小説上の)物語自体が夢だったのでは?」と思えた。すなわち、夢オチであって、全ては夢の中の物語ではなかったか。

それならばそれで、読者をいい意味で欺く壮大な物語で面白いが、一方で「今まで何していたんだろう?」と虚無感にも囚われる。いやまあ、小説だから難しく考える必要もないが・・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2019/07/23 02:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すねよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

元々アニメの方が好きで知っていたが、この度原作にも挑戦。現実と虚構(夢)との混ざり合いについていけなくなる自分もいたが、立ち止まっては進みを繰り返し読了した。
一方でもっと先に進みたくなり目を追うスピードを速める自分もいた。最後の方は一気に行けるほど面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今敏監督映画化原作

2018/05/25 04:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

心理学を活かしたストーリー展開がスリリングでした。夢の先に待ち受けている、現実世界のハッピーエンドが感動的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アニメを見て読んでみた

2017/02/11 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

隅から隅まで作者の奇想で埋め尽くされてる異色の作品です。混ざった夢の描写が圧巻でした。ぎっしりとした情報密度に驚くしかありませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

2021/09/14 23:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

寝ている夢の中に、はいっていけたら……子供の時、真剣に思いました。それが、可能ならば……。このストーリーは、単なる幻想ではなく、現代の大人が、昔、子供だった時の夢、それを表現しているような気がしました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

筒井先生の力技炸裂

2017/07/29 13:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

いや〜なんとも奇天烈な作品でした、ジャンルとしてはSFになるのでしょうか。
夢で見た世界が現実世界にまで浸潤し顕在化して様々な災厄を巻き起こす。
こんなことを筒井康隆さんが力技とも言える筆力で最後までドキドキさせる物語に仕上げていました。
精神医学や各種宗教に関する筒井さんの膨大な薀蓄も読みどころと言えそうです。

この作品は映画化もされているそうですが、筒井さんの作品はかなりの数が映像化されているのは読み手を刺激して絵を浮かばせる表現力に溢れているからでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

途中から話が…

2020/08/16 19:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:2502 - この投稿者のレビュー一覧を見る

途中から話しがだんだん無茶苦茶になってきて辟易しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

感想

2019/08/18 19:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もも - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画と原作どちらを先に見るか悩んで、原作先に読みました。
第1部の後半から第2部前半の盛り上がりがすごかった分、後半のファンタジー色が強くなったところからちょっと盛り下がってしまいました。
全体としては面白かった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/27 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。