サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

被曝治療83日間の記録 東海村臨界事故
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.10
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/168,2p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-005872-8

紙の本

被曝治療83日間の記録 東海村臨界事故

著者 NHK取材班 (著)

東海村臨界事故にあった現場作業員の身に、一体どのようなことが起きていたのか。治療にあたった医師、看護婦たちの証言、カルテ、看護ノートから、その凄絶な「生」の姿が浮かび上が...

もっと見る

被曝治療83日間の記録 東海村臨界事故

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東海村臨界事故にあった現場作業員の身に、一体どのようなことが起きていたのか。治療にあたった医師、看護婦たちの証言、カルテ、看護ノートから、その凄絶な「生」の姿が浮かび上がる。NHKスペシャルの単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

東海村臨界事故犠牲者の“凄絶な「生」の姿”を描くルポルタージュ

2002/11/27 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東方綾 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1999年9月に茨城県東海村のJCO東海事業所で起きた臨界事故は、まだ記憶にも生々しいのではないだろうか。事故が起こってから、もう3年以上たったことが信じられないくらいだ。
 起きてはいけない事故だったけれど、本書は、事故の責任を追及するとか、原子力政策を考えるとか、そういうものではない。ただひたすら、被曝した作業員の治療に当たる医療チームの姿だけに、焦点を絞っている。2001年5月にNHKスペシャル『被曝治療83日間の記録〜東海村臨界事故〜』が放送されているが、本書はそのドキュメンタリーをもとに、単行本化したものだ。
 放射線をもっとも浴びた作業員は、8シーベルト以上の被曝量で死亡率が100パーセントといわれるところ、20シーベルト前後も被曝したと考えられるという。それなのに、はじめ彼は一見どこも悪くないようにさえ見えたという。さまざまな処置がとられ、回復する希望を抱かせたりしたこともあったが、それでも患者の容態は刻々と悪化していく。本書で語られているその様子は、凄絶としかいいようがない。苦闘が続くにつれ、治療を続けることは本人の苦痛を長引かせるだけではないかと、医師と看護婦たちは苦悩することになる。だが、治療をやめることは、即、患者の死につながるのだ。本書では、そんな現場の葛藤もそのまま、冷静な語り口で治療にかかわった人々の姿を描き出している。
 多くの人のインタビューをもとに時間を追って構成されているが、テレビとはちがい文章でインタビューを再現するのは難しい。そこで、言葉だけを伝えることに徹底して、その代わりにテレビでは放送されなかった資料もできるだけ取り入れるようにしたという。だが、よけいな脚色を加えなくても、なんともいえない迫力が伝わってくる。
 生きるということの意味さえ問われているように感じた。

(東方綾/東北大学 金属材料研究所 助手)

【目次】
被曝 一九九九年九月三〇日
邂逅 被曝二日目
転院 被曝三日目
被曝治療チーム結成 被曝五日目
造血幹細胞移植 被曝七日目
人工呼吸管理開始 被曝十一日目
妹の細胞は…… 被曝十八日目
次々と起きる放射線障害 被曝二七日目
小さな希望 被曝五〇日目
被曝五九日目
終わらない闘い 被曝六三日目
一九九九年十二月二一日 被曝八三日目
折り鶴 未来
あとがき
参考文献

★【科学・技術・医学・建築サイトへ】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/19 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/24 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/19 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/18 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/25 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/19 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/05 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。