サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

灼眼のシャナ 1(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 65件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2002.11
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/293p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-2218-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

灼眼のシャナ 1 (電撃文庫)

著者 高橋 弥七郎 (著)

灼眼のシャナ 1 (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

灼眼のシャナ

637 (税込)

灼眼のシャナ

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

灼眼のシャナ (電撃文庫) 全22巻完結セット

  • 税込価格:12,830118pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー65件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

あらすじ

2003/11/20 17:52

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハマー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新学期が始まったばかりの高校生・坂井悠二はいつものように“日常”を生活していた。だが、彼はある日突然、“非日常”に襲われる。人の存在を灯に変え、その灯を吸い取る謎の男、フリアグネに襲われたのだ。
 悠二の“日常”生活は壊れた。しかし同時に、彼の前に一人の少女が現れた。少女はフリアグネから悠二を護るため、悠二のそばで生活を始める。悠二は感謝を込めて礼を言うが、少女はこう言う。「おまえは、もう:存在していない:のよ」
 自分はすでに死んでいる!? 存在亡き者、悠二が考え、思うことは……!?
 奇才・高橋弥七郎が贈る、奇妙な学園ストーリー!
 この本は、僕は個人的にとても好きです。みなさんも買ってはどうでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヲタクちっくに

2008/02/01 03:11

5人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:redhelink - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ファンタジー属性の付いていることに長年気づかなかった痛い当人ですどうもこんにちは。この作品も某人から教えてもらったうちの1つです。表紙裏を見て、すぐに幻滅したけど読みましたよ。なんでかって?私には超身長低い属性がないのです。四肢が短すぎるのはいかがなものでしょう?と言いたいけど、シャナは・・・髪長いし(関係ねぇとかいうツッコミ禁止!)四肢も長いしね・・・。はい戯言終了。
 さて、真面目に書きますか。突然、目の前での異世界の住人たちの戦い。そして自分はその内存在が消えていくと告げられる。色んなフラグを立てることに成功した序盤。シャナと悠二が異性なので、学校内での恋愛にも手が伸ばせるぞというアピールの中盤(笑)。そして敵と戦う終盤。読んでいて、ずっと引っかかっていたこと。それは・・・。いやぁ、ファンタジー好きですけど、異世界の設定がイメージしにくかったことはショックだったんですよ。別に文章が伝わりにくいわけではないんです。単に情報が少なすぎて物足りないから拗ねているわけではないですよ?
 キャラ設定も、「何でもできるシャナ」、「頼りないけど優しい悠二」は、まぁいいんじゃないですかね。それよりも、そんなことよりも、私は「自分の存在意義」をテーマとした世界観(私の見解)を、このように表現されていることに注目したい。これは私の映画を見るときに大切にしているポイントである、「作品を通して監督が訴えたいこと」につながると(勝手に)感じました。要はメッセージ性ですね。どんなにストーリーが魅力的でも、その作品を通して訴えたいことが感じられないと、私の中では「イチオシ」ではなくなるのです。シャナに関しては、トーチではあるが、一個人として存在し続けたい云々ではないということです。

<p59>
・・・『特に目立たない人』が、いつしか、ふと目に触れなくなり、忘れさられ・・・いなくなるのだ。
<p63>
悠二は自分のいる場所を思い出して愕然となり、そして立ちすくんだ。
「・・・どうすれば、この僕は、どうすればいいんだ・・・?」

 その存在し続けたいと思った先にある言動を通して著者が「存在」を定義しようとしている所に注目したいのです。たとえ近い未来、自分が消えようとも、今自分にとれる最善の行動は何なのかを追及していると言ってもいいのではないでしょうか?あんまり後半部分の引用をするとネタバレになるのでアレですが・・・。
 文章書いていて支離滅裂だと思いながら、書き直すのめんどう・・・とか思ってます。なので最後に言いたいことを注射器に入れた液体(カナカナカナ・・・)のように圧縮すると、

・ 「存在」というアイデンティティについて書かれた(個人的に)良い作品
・ 異世界についての描写が少なすぎるので、違う世界が混在する世界観ならば、もっと書いて欲しかった(個人的に)
 というふうにまとまります。
え?個人的すぎる?でもそんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!はい、おっぱっぴー
(執筆時は小島くんはフィーバーしてました)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/28 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/23 07:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/01 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/06 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/14 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/05 07:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/03 02:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/05 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/25 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/03 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/16 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/26 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/02 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む