サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天使
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.11
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/274p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-321410-0

紙の本

天使

著者 佐藤 亜紀 (著)

【芸術選奨・文部科学大臣新人賞(平成14年度)】第一次大戦前夜、天賦の「感覚」を持つジェルジュは、オーストリアの諜報活動を指揮する顧問官に拾われ、その配下となる。混迷の欧...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【芸術選奨・文部科学大臣新人賞(平成14年度)】第一次大戦前夜、天賦の「感覚」を持つジェルジュは、オーストリアの諜報活動を指揮する顧問官に拾われ、その配下となる。混迷の欧州で繰り広げられる、選ばれし者たちの闘いの結果は!? 堕天使たちのサイキック・ウォーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 亜紀

略歴
〈佐藤亜紀〉1962年新潟県生まれ。成城大学卒業。小説家。著書に「バルタザールの遍歴」「1809」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

メジャーになーれ

2002/12/20 22:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くーたー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 久方ぶりに(5年も経つのね)新作が出たにもかかわらず、新刊の山に埋もれてやがて押し流されてゆくのは忍びないので、書かせてもらいます。
読書は非常に個人的なものなので、とやかく言いたくないのですがこんな傑作ともなれば話は別です。
佐藤亜紀の信者ともなれば新作が出たとなれば、ひれ伏して頭より上に捧げもつくらいの価値のある物なのですよ。ほんとに。
 帯には「第一次世界大戦前夜に繰り広げられるサイキック・ウォーズ」みたいなことが書かれてますが、そこから想像されるような派手派手しいものではないです(佐藤亜紀ですから)。
しかしこれで引っかかってくれればうれしいので、これはこれで認めます。
実際にはおさえた筆致で書かれるのですが、物語を読む喜びに満ちあふれています。
過去の作品を読んだことのある慧眼な方には、これも傑作、「戦争の法」(絶版)に出てきた伍長並みにイカシタ人物も出てきますのでおたのしみに。んー、かっちょえー!!
とまあ他の書評の方々と違って支離滅裂ですが、ちょっとでも興味がわいた方はぜひ読んでみて下さい。
 この出来で、おそらくこの本も彼女が本気で書きたいものではないんだろうと感じるのがおそろしいところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コクがあります(うわばみ指定)。

2002/11/27 19:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらうさぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐藤亜紀ジャンキーである。どれくらいのジャンキー度合いかというと、『バルタザールの遍歴』と『戦争の法』と『モンティニーの狼男爵』と『1809』をハードカバー・文庫セットで揃えているくらいにはジャンキーだ。それゆえにこの五年間は寂しかった。辛口の各種エッセイと、今は亡き雑誌STOREその他にたまーに掲載される短編を、まるで台所の料理用リキュールをすするアル中のようにあさった日々だった。
その佐藤亜紀の新作が連載されている!別冊文藝春秋を、私は入院中に病院の売店で買った(注 ほんとにアル中だった、わけではありません)。重かった。晦渋さを増したと思った。最後まで読みきれなかった。雑誌の細かいフォントのせいだと思いたい。…って私、幾つだ。
実際、そっけなくも美しい装丁のハードカバーを手にすると、一気に杯を空けるように(だからアル中ではありません、てば)読んでしまったのだ。びやん。
一読してもう一度、ごろごろ寝そべりながら今度はちびちび読む。どこのページから始めてもいい。語りそのものを繰り返し味わえる作家はそうはいない。

ひとつふたつの奇跡では、歴史は変わらない。ましてや人ひとりの人生は、意思なんてものをはるかに超えたところで決まる。作者一流の世界観だ。それでも相応に世界は美しくいとおしいし、伊達に生きることくらいはできる。
それにしても、妖艶な天使だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可能性の減少

2002/11/22 03:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テレマコス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かえすがえすも残念なことに、我々の住んでいる世界では、可能性というものは時間を経るにしたがって減ずる傾向にあるようだ。私は希望する。とりわけドラフトの季節、そして野球界ではストーブリーグと称されるこの時期には、ああ、野球選手になりかった、と。私が野球少年時代に達成した幾つかの栄光−−地区大会で敢闘賞を掠め取った時の勇姿を私は思い出す。尤も大した選手ではなかった。せいぜいエラーをしなかったくらいだ。そのまま続けていたとしてもプロには到底なれなかっただろう。その後、私はユニフォームを脱いだ。
 「天使」の主人公は途方もない才能に恵まれている。なにしろ人の心にある種の影響を与える能力を持っているのだから。加えて彼の能力は他の能力者と比してみてもずば抜けている。彼には選ぶ権利があった。才能ある者だけが享受できる特権だ。
 作中、主人公は「感覚」を制御するように教え込まれる。彼はじじつ、それを制御する。しかし彼が制御しているのは「感覚」だけではなく、行動と考え方さえも制御するように馴らされていることに気づく。もう少し言えば、文体もある制御下に置かれているようにも思える。自宅でコーヒーを飲みながら寛いで読む種類の読者は閉塞感を感じるだろう。私は、読書を憩いと見做して行うのも、興味深いやり方の一つであると考える。
 もちろん「天使」は非常に完成度の高い作品である。この作品が読み手に貴重な体験を与えることを、私は保証する。付言すると、デリーロの「リブラ」を読んでいた時の感覚に似ていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者コメント

2002/11/20 12:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐藤 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 〈昨日の世界〉の物語を書こうと思い立ったのは、今から四半世紀近く前のことだった。自分が生れる半世紀も前に解体され、地上から消えた帝国の何にそれほど惹かれたのかは判らないが、ツヴァイクが描き出す黄昏のウィーンは、現物の観光都市ぶりにたっぷり鼻白んだ今も、私を魅了し続けている。
 ただしその物語は、ツヴァイクともムージルともロートとも全く異るものだった。
そのままの方が、一部の素朴な読者諸氏にははるかにお気に召しただろう。それが四半世紀の間にメモさえ捨て去った理由である。今や世界は年経り、私もまた老いた。小説の大枠は、〈人間ノ努力ノ虚シサ〉に対する諦観によって大幅に変更されている。ただし、主人公の設定にはまるで手を触れていない。その矛盾がひどく気に入ったからである——あらゆる可能性を与えられながら、その全てが目の前を流れ去る時、人間には一体何が残るものだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/18 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/06 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/06 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/16 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/04 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/13 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/21 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/19 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。