サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

うさぎのマシュマロ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2002.11
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:25×27cm/28p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-06-189228-2
絵本

紙の本

うさぎのマシュマロ (講談社の翻訳絵本 クラシックセレクション)

著者 クレア・ターレー・ニューベリー (作),劉 優貴子 (訳)

お菓子のマシュマロのように、白くてふわふわの赤ちゃんうさぎがやってきました。ほかの動物を初めて見るねこのオリバーは、びっくりして目をぱちぱちさせています。1943年コルデ...

もっと見る

うさぎのマシュマロ (講談社の翻訳絵本 クラシックセレクション)

1,728(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お菓子のマシュマロのように、白くてふわふわの赤ちゃんうさぎがやってきました。ほかの動物を初めて見るねこのオリバーは、びっくりして目をぱちぱちさせています。1943年コルデコット・オナー賞受賞作品。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

クレア・ターレー・ニューベリー

略歴
〈ニューベリー〉1903〜70年。オレゴン州生まれ。「サリーとライオン」でデビュー。「こねこのミトン」は世界的ベストセラー。「こいぬのバーキス」等でコルデコット・オナー賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

うさぎとねこの仲良し

2004/07/24 22:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まざあぐうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

 翻訳者の劉優貴子さんは、ボストンのお気に入りの書店で、こねこのミトン、こいぬのバーキス、そして、うさぎのマシュマロと出会います。1930年代後半から1940年代にかけて出版されたクレア・ターレ・ニューベリーの絵本が復刻された出版フェアーでのことでした。
 ニューベリーの描く動物たちは、とにかく優しくかわいい。半世紀以上経た私たちの視覚にもニューベリーの動物に対する優しさが感じられます。
 「うさぎのマシュマロ」では、うさぎとねこの出会いから、仲良くなるまでの過程が、ニューベリーの繊細なイラストと言葉で描かれています。うさぎのマシュマロとこねこのオリバーのお話は事実に基づいて書かれていることが、翻訳者の劉氏とニューベリーの娘さんとの出会いの中で確認されています。
 家政婦のティリーさんにかわいがられていたオリバーのもとに、突然連れてこられたマシュマロは、まだ幼く母親が恋しいうさぎでした。ティリーさんはオリバーのこと、マシュマロのことを折に触れて、詩に綴ります。
 劉氏のリズミカルな詩の日本語訳が、生き生きとオリバーとマシュマロの様子を伝えているように感じます。
 二匹の動物たちがどんな風に仲良しになってゆくかは、この本を読んでのお楽しみですが、わが家でもスピッツの白ちゃんとシャムネコの赤ちゃんチイちゃんとの関わりを実際に経験しました。生まれたばかりのチイちゃんは手のひらに乗る位の大きさでした。ちょっと目を離したすきにいなくなり、必死で探しました。
 何と白ちゃんの犬小屋の中で白ちゃんにくるまれるようにお昼ねをしていました。白ちゃんにとっては侵入者であるチイちゃんをくるんでくれた白ちゃんの愛情を感じた日々を思い出した暖かい一冊です。
 ウサギ好きの方にも、猫好きの方にも、たまらないくらい可愛いニューベリーのイラストをお楽しみください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛らしい2匹のお話。

2003/01/10 14:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真愛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は1942年に出版され、今年復刻されました。この物語の主役は、ネコのオリバーとうさぎのマシュマロです。しかも、このお話は事実に基づいて描かれています。そのため、絵も文章もとてもリアルに描かれ、読む人の想像力を容易に助けてくれ、今にも絵本から飛び出して来そうです。

 オリバーはこねこの頃からティリーさんに飼われている、とても恵まれたネコです。オリバーは大きくなっても外に1度も出た事がないので、他の生き物を知りません。知っているのは、おもちゃのネズミとビロードのぬいぐるみだけ。
 そんなある日、ティリーさんはオリバーを呼びます。ごはんと思って行ったオリバーはそこに驚くべきモノがいました。それは、白いふわふわの赤ちゃんうさぎのマシュマロです。ティリーさんは「オリバー、怖がっているんじゃないでしょうね」と。しかし、まさにその通り。だってその子は鳴きもせずただ座っているだけ。一方のマシュマロは何も気にしていない様子です。マシュマロはまだ子供なのでママが恋しいです。でもごはんをもらって、ちょっと元気。その器に入って眠ってしまいます。
 次の朝、オリバーはうるさくドアを引っ掻きごはんをねだります。マシュマロはおとなしくにんじんをもらいます。そこでティリーさんは詩を書きます。「うさぎはよい子」。また、オリバーはその朝、勇気を出しマシュマロに近付き、飛びかかろうとしました。ティリーさんはその日から2匹を別の部屋に入れました。一方のマシュマロはまたまた、何が起きたかわかっていません。
 そんなマシュマロもだんだん慣れて、部屋中飛び回り、匂いをかぎ、何でもかじってしまいます。そこでティリーさんはまた詩を書きます。「うさぎに ちゅうい」。
 ティリーさんは出かけるとき必ず2匹を別部屋に入れて行きます。しかし、その日はオリバーのごはんはなく、鳴いても返事がありません。代わりに変な音が聴こえます。その音の犯人はマシュマロです。部屋を無邪気に飛び回っているのです。オリバーはドアの取っ手に背伸びをして、ドアを開け隣の部屋へと行きました。やはりマシュマロがはしゃぎまわっています。オリバーは興味津々でそれを見ています。マシュマロも「ママが新しい毛皮を着ているの?」と思っています。突然マシュマロはオリバーにキスをします。びっくりしたオリバーも匂いをかぎ、マシュマロの体をなめ始めました。
 その日以来、2匹は仲良しになりました。オリバーは自分のこねこと思って世話をやきます。マシュマロもまたオリバーの後を何処へでもついていきます。そしてティリーさんはまた詩を書きます。きっとオリバーもこんな気持ちだろうと思いつつ。

 このように2匹が仲良くなっていく過程は、ドキドキもありまた微笑ましくもあります。私もうさぎを飼っているので、ついつい買ってしまったという絵本でしたが、何度も読むうちにとてもお気に入りの1冊になっていきました。そして、私は人も同じだな、と感じました。苦手、と思っている人でも仲良くなれることもある、そんな事も思わされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/10 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/27 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/16 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/25 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/16 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/12 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/17 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/13 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。